Logo家電BOAT
加湿器と除湿機、空気清浄機の特徴を徹底比較!違いって?

目次

はじめに

今回は加湿器と除湿機および空気洗浄機の特徴を比較して、どのように使い分けをするかを紹介します。

この記事を通して、加湿器、除湿機、空気清浄機それぞれの違いについて理解いただければ幸いです。

加湿器、除湿機、空気清浄機の違いとは?

加湿器、除湿機、空気清浄機の特徴をそれぞれ解説する前に端的に加湿器、除湿機、空気清浄機の違いとは何かを説明したいと思います。

加湿器は空気中に湿度を増やすためのもので、除湿機は湿度を減らすためのものです。

なので夏ジメジメした時期には除湿機を使って湿度を減らし、冬乾燥した時期に加湿器を使うのが一般的です。

また空気清浄機とはその名前の通り空気を綺麗にするためのものなので、湿度を変化させるためのものではありません。

もちろん除湿機や加湿機の中に空気清浄機能が一体化しているものもあるので、1つの製品で複数の機能を持っていることも少なくありません。

つまり加湿器、除湿機、空気清浄機の違いを短くまとめると、湿気を増やすためのものが加湿器、湿気を減らすためのものが除湿機、空気を綺麗にするためのものが空気清浄機です。

それでは加湿器、除湿機、空気清浄機それぞれの特徴を1つずつみてみましょう!

加湿器

加湿器を使うときはどんなとき?

人間が快適な生活を営める環境は、通常温度が18~26℃、湿度が40~60%RHといわれます。湿度が40%RHを切ると低湿の世界で、20%RH以下になると、金属のドアノブで静電気が起こってピリッとくるときがあります。低湿になると、人体では喉が痛くなったり、肌が荒れたりします。産業面では野菜などの青果物の品質低下や絵画などの美術品の劣化、静電気による事故発生が懸念されます。日本では冬場でおおむね40%RHを切ったら、加湿器の使用を検討するのがよいでしょう。 

加湿器の方式にはどんなものがる?

湿度を高くするための加湿器には、大きく4つの方式があります。気化式、スチーム式、超音波式、および前記3者を組み合わせるハイブリッド式です。以下の4項目では、これらの方式の原理と長所、短所をまとめます。

気化式加湿器とは?

気化式の仕組みは、水気を含んだフィルターに風を当てて湿気を発生させることです。蒸気が出るというわけではなく、水分を空気中に飛ばすだけの仕組みです。電力は少なくてすみますが、加湿力は弱いです。水の入った容器を室内に放置させたり、風呂のふたを開けておいたりするだけでも気化式の代わりになります。代表的なメーカーは、パナソニックです。

スチーム式加湿器とは?

スチーム式はヒーターで水を蒸発させて蒸気を発生させ、その蒸気で加湿します。湯気の活用です。ストーブにやかんをかけると加湿器代わりになります。効果が速い利点があります。蒸気が熱いので注意が必要であることと、ヒーター加熱のための電力がかかるのがデメリットといえます。東芝や三菱重工などが製品にしています。

超音波式加湿器とは?

水を貼った容器に超音波の振動を加えて、それにより水を霧状にして加湿することを利用します。霧吹きの原理です。熱を使いませんから消費電力は少なくてすみます。小型で効果が出ます。霧状であるため結露しやすい欠点があります。中小メーカーの製品が多くあります。

超音波式加湿器

ハイブリッド式加湿器とは?

ハイブリッド式には2種類あります。一つは加熱式と気化式を組み合わせたもので、水気を含んだフィルターに加熱によって暖められた空気を送り、水分を空気中に飛ばす仕組みです。気化式よりも効果が速く出ますが、加熱分の電力がかかります。シャープやダイニチ工業が主たるメーカーです。ハイブリッド式の二つ目は、加熱式と超音波式に組み合わせで、水を加熱により蒸気にして、それを超音波で霧状にして加湿するしくみです。加熱の分、加湿が速くなります。この原理を応用した製品はあまり多くありません。

どの加湿器を選ぶ?

使用目的と部屋の広さおよび使用者の状況によって選びます。狭い部屋なら、超音波式で十分機能を発揮します。速効性ではスチーム式です。省電力なら気化式です。

加湿器を使う場所はどこにしたらよい?

湿気が出ますので、物がある場所に置くことは避ける注意が必要です。カーテンの近くもよくなく、部屋の中央で周りに物がない場所を選ぶのがよいです。 

加湿器を使うときの注意は?

加湿器を長時間使いすぎると、部屋中に湿気が多くなってしまったり、カビの発生を早めたりすることになりますから、却ってよくないことになります。湿度計を使うとか、肌で湿気を感じるように注意することが必要です。

加湿器の手入れはクリーニング!

定期的な手入れを必要です。水を入れる容器は常に清浄にして、カビが発生しないようにします。気化式ではフィルターをこまめに手入れすることが求められます。機器のクリーニングで、清浄な水の管理ができます。

次のページ : 除湿機
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small bb9b808f 3b7d 4352 af44 f93aa66e5927
Written By
花透 PEACE43
家電情報を提供するライターです
家電の選択・購入あるいは使用のための情報を整理して、皆様がご覧のなれるように提供します。よろしくお願いいたします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー