Logo家電BOAT
加湿器がカビ臭い!カビの除去方法とカビない防止対策を紹介!

この記事を執筆するにあたって

様々な種類の加湿器が雑貨店に並ぶようになり、加湿器が生活の中で大変身近なものになりました。一方で加湿器による健康被害も…。この記事にて健やかな加湿器との付き合い方を伝えます。

Written By そのかわ ゆうじ

目次

加湿器とカビについて

 「乾燥は風邪やインフルエンザの大敵」として、健康管理の一つに、部屋に加湿器を置く家庭は珍しくありません。
雑貨店に行けば多種多様な加湿器が取り揃えてあります。
一方、加湿器の手入れを怠ってカビが発生して、健康被害を生じるケースもあります。
本記事では、カビないようにしたり、臭いを除去したり、加湿器を安全に使う方法をお伝えします。

カビが発生しやすい加湿器の種類は?

気化式

 水を含んだフィルターに送風機等で風を送り、綺麗な空気を外に排出する形で加湿をするのが気化式加湿器です。
電気代が大変抑えられることや、オシャレなフィルターの形等デザイン性が人気です。
カビ対策としての手入れに関しては、フィルターをこまめに清掃する必要があります。
1カ月~3カ月の間隔でフィルターを交換しますが、交換前にも、フィルターの隅等にぬめりがあったら洗い落とさないとカビ、菌の繁殖を招きます。

スチーム式

 加湿器に内蔵されているヒーターを使って、水を加熱、沸騰させて加湿するのがスチーム式加湿器です。
外気温に左右されにくく、加湿効果が高いですが、電気代や音が気になるところです。
一方、衛生面に関しては 大変優れています。 加熱することで殺菌・カビの繁殖を防ぐことができます。
以前大分県の老人ホームで発見されて話題となったレジオネラ菌も60℃で死滅します。
電気ポッドのような形状のものも多く、清掃がしやすいのもあり、カビを寄せ付けず清潔な状態を保ちやすいタイプともいえます。

ハイブリッド式

 気化式加湿器のように、水に含んだフィルターに風を送り込むのですが、ヒーターが内蔵されていることで、温風になって、綺麗な空気が外へ出ていきます。
これがハイブリッド式加湿器です(温風気化式ともいいます)。
気化式よりはヒーターがある分、電気代は上がりますが、スチーム式加湿器のように素早い加湿ができます。
衛生面に関しては気化式とほぼ同じでスチーム式ほどカビへの抵抗力はありません。
水を沸騰させるわけではなく、ドライヤーの温風が出ているイメージです。

超音波式

 水に細かい振動を与えて、霧状にして空気中に散布するのが超音波式加湿器です。消費電力が低く、オシャレなデザインやコンパクトさもあって、雑貨店等では大変人気なタイプです。
一方、カビ対策など、衛生面に関しては入念な手入れが必要です。
スチーム式加湿器のように加熱して除菌をしてるわけではない点と、コンパクトなものは細かいところの掃除が大変という点があります。
超音波式加湿器を使う場合は、毎日カビ清掃をして、除菌に気をつかう必要があります。

カビが発生しやすい加湿器まとめ

 どのタイプの加湿器も抗菌仕様等を基本性能としてはいるものの、使用する頻度や環境によっては、完全に細菌やカビを防ぐことは不可能です。
よって、こまめな手入れが必須になります。カビやすいタイプは、超音波式加湿器です。
特にコンパクトさをウリにしているものは、細かいところの清掃が大変です。
逆にカビにくいタイプはスチーム式加湿器です。手入れの際に加湿器にお湯を入れる清掃方法もありますが、お湯による除菌を加湿のたびにしていると考えると大変衛生的です。

加湿のカビを除去する掃除方法

掃除方法① クエン酸水を使う

 カビが発生しないように、水を毎回取り換えて、掃除も頻繁に…といきたいところですが、それでもカビが発生してしまったら…。
その場合のカビの除去の方法をお伝えします。加湿器を分解する前にしてほしいことは、「クエン酸水」を作ることです。
 作り方は、ぬるま湯2リットルに対し、クエン酸を大さじ一杯入れるだけです。これをバケツ等に入れて準備完了です!
(加湿器の種類によってはクエン酸が使えないものもあるので、必ずチェックしてください)

掃除方法② フィルター・トレイの掃除方法

 それでは実際に掃除していきます。まずはフィルターやトレーの掃除方法です。準備したクエン酸水が入っているバケツに、それらを入れて、漬け置きにします。目安としては2時間くらい置きたいところです。その後、流水にてパーツを洗浄します。その際、クエン酸が残っていると機械の動作不良につながるのでしっかり落としましょう。落ちにくい箇所には歯ブラシをつかってカビなどをこすり落とすのが効果的です。

掃除方法③ 加湿器本体の掃除方法

 次に加湿器本体、タンク内です。こちらの清掃にもクエン酸水を使います。
本体の中の水がたまっている部分をまず拭き取ります。その後は、クエン酸水を染み込ませたタオルで全体を拭きます。
 しつこい汚れには、塩素系漂白剤を薄めたものを使ってもよいですが、クエン酸とまざると有毒ガスが発生します。
必ずクエン酸を完全に除去してから使用してください。

掃除方法④ 掃除したその後に

 上記の方法で、もし1回で綺麗にならなかったら、その工程を数回繰り返してください。
 一通りカビ掃除をして綺麗になったら、最後の仕上げをしましょう。*消毒用のエタノールをタオルに含ませて、本体を拭きましょう。
*
細かい隙間や角の部分には、スプレーをして、歯ブラシでこするのが効果的です。
 これでカビの除去の方法は以上です。クエン酸やエタノールを活用して、隅々まで綺麗に磨くことが重要です。

次のページ : 加湿器のカビの臭いを落とす方法
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20171126073337
Written By
そのかわ ゆうじ
家電購入時の力になります!
長く学習塾の講師をしていますが、学生の頃から何かをレビューすることが好きでした。世の中にたくさんある家電から、貴方のストーリーにぴったしの家電が見つかるような記事を書いていきたいです!

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー