観音開きの冷蔵庫は使いにくい?使い勝手やメリット/デメリットを解説

目次

冷蔵庫の観音開きについて

最近では、観音開きタイプの冷蔵庫を購入する人も多いと思いますが、観音開きタイプは名前の通りの両手で開ける2枚扉の冷蔵庫です。観音開きと呼ばれていますがフレンチドアとも呼ばれています。

片開きタイプの冷蔵庫から観音開きタイプの冷蔵庫に買い替えようとしている人や冷蔵庫を買い替えたいけど冷蔵庫についてあまり知らない人・観音開きタイプの冷蔵庫について詳しく知りたい人、とたくさん居るかと思いますので、観音開き冷蔵庫の使いにくさや使い勝手・メリットとデメリットをご紹介させて頂きます。

また、おすすめの観音開き冷蔵庫もご紹介させて頂きますので、購入の際のご参考にしていただけたらと思います。

観音開きの冷蔵庫は使いにくい?使い勝手は?

今まで片開きの冷蔵庫を使っていたけど観音開きの冷蔵庫にした人や観音開きの冷蔵庫をずっと使っている人でも使いにくいと感じる時はあります。

中には、観音開きじゃないとダメ!という人もいると思いますが、やはり良し悪しがあります。片開きの冷蔵庫と比べればメリットの方が多くありますが、デメリットも片開きの冷蔵庫より多くあります。

最近は、観音開きの冷蔵庫で大容量タイプが多く発売されていますし、左右のドアの大きさが同じ冷蔵庫や左右のドアの大きさが2/3や1/3、と左右のドアにサイズ差がある冷蔵庫もあるので、家庭で条件の合う冷蔵庫をちゃんと選べば使い勝手は良くなり、デメリットの解消もできます。

観音開きの冷蔵庫のメリット

メリット① ドアの開閉や設置場所も心配なし

引っ越しや転勤などで冷蔵庫を置いてみたらドアが壁に当たって開けずらい、といった事があると思いますが、こういった事は片開きタイプの冷蔵庫によくあります。

片開き冷蔵庫は1枚扉で片方からしか開けられないので設置場所の心配が要りますが、観音開きタイプの冷蔵庫は2枚扉で冷蔵庫の真ん中に立って両手で開けるため、冷蔵庫の配置場所を心配する必要はありません。

また、片開きや両開きの冷蔵庫と違い、ドアの大きさが小さいため、開閉しても冷蔵庫前のスペースは少なくてすみます。

メリット② 節電

片開き冷蔵庫と両開き冷蔵庫は一枚扉なので、ドアの開閉の際に冷気が逃げやすくなってしまうため電力を消費してしまいます。

ですが、観音開きの冷蔵庫だとドアの開閉が少しですむため、冷気が逃げにくくなっており電力の消費を抑えることができます。

また、冷蔵庫内での食品の配置を工夫することにより、片方のドアだけを開ける事で節電にもつながります。

メリット③ デザイン豊富

いろんな冷蔵庫が発売されていますが、片開き冷蔵庫や両開き冷蔵庫に比べて、観音開きの冷蔵庫が一番種類が多いのではないかと思うぐらいにたくさん見かけますよね。

片開き冷蔵庫も両開き冷蔵庫もいろんなデザインがありますが、観音開き冷蔵庫はデザインやカラーバリエーションも豊富で手が塞がっていても冷蔵庫を開けれるセンサー搭載の冷蔵庫もあります。

ですので、キッチンの色合いに合わせてお好みの冷蔵庫を選ぶことができます。

観音開きの冷蔵庫のデメリット

デメリット① 配置場所により不便

配置場所については、観音開きの冷蔵庫は真ん中に立って開けるため、横に壁があっても開けられるのでメリットとしても書きましたが、人によっては使いにくいと感じる場合があります。

冷蔵庫の横が壁だと、扉を開けても壁に当たってしまい90度しか開けない、といったことがあり圧迫感を感じる、という人もいます。片方のドアはちゃんと開けられても、もう片方のドアがちゃんと開けられない、となると利き手や癖の関係で不便に感じる事も多くあります。

また、ドアポケットが両方のドアにあるためドアを開閉した時に狭く感じることがあります。ですので、冷蔵庫の横が壁で90度しか開けられない場合は余計に狭くなり使いにくくなりますので、購入の際にはしっかりと配置場所の確認をしてからご家庭に合う冷蔵庫をお買いになってください。

デメリット② ドアポケットの収納が少なく取り出しにくい

お茶やドレッシングなど、大きいものや横にして入れられない物などはドアポケットに入れると思いますが、観音開き冷蔵庫は片開き冷蔵庫と両開き冷蔵庫に比べて、ドアポケットの収納量は少なくなっています。

それに、大きい物を冷蔵庫から取り出す場合は、扉を全開にしなければいけない、といったことがあります。

デメリット③ 開閉時間が長くなる

観音開き冷蔵庫は、2枚扉で1度にドアを開けるには両手が必要なため、持っている物を置いてから開けないといけません。また、片方のドアだけで物を入れられたとしても、冷蔵庫内の置く場所によって結局は両方のドアを開けなければいけない、といったことがあります。

ですので、片開き冷蔵庫や両開き冷蔵庫よりも、冷蔵庫のドアを開けている時間が少し長くなってしまいます。

おすすめの観音開きの冷蔵庫

大体の家庭の冷蔵庫の幅は65~68.5㎝ぐらいが多いと思いますので、幅を基準に大容量や時短ができる冷蔵庫をご紹介したいと思います。

おすすめ観音開きの冷蔵庫① シャープ メガフリーザー 冷蔵庫 SJ-GX50D

幅68.5㎝で502L。プラズマクラスターうるおいチルドで除菌・消臭ができ、チルド内の雑菌を抑えて清潔に保ってくれます。また、におい移りを防いでくれるため、ラップはしなくても心配はありません。

卵の収納場所も2段あるので、安い時に買っていてもきちんと収納する事ができます。

チルド室の高さは約17cmあるので、高さのある食品も入れる事ができます。野菜室は真ん中に配置されており、2段収納になっています。ですが、他の冷蔵庫に比べて、野菜室は小さめになっています。冷凍室は冷蔵庫の名前の通り『メガフリーザー』となっており大容量で3段収納になっています。ですので、野菜は少しで冷凍保存する事が多い家庭向きの観音開きの冷蔵庫となっています。

参考元:公式サイト

シャープ メガフリーザー 冷蔵庫 502L グラデーションレッド SJ-GX50D-R

画像をクリックするとAmazonに移動します

おすすめ観音開きの冷蔵庫② 日立 真空チルド R-WX5600G

幅68.5㎝で555Lの大容量冷蔵庫となっています。真空チルド室があり、冷蔵庫内はラップは必要ですが、真空チルド室内はプラチナ触媒によりにおい成分を分解してくれるため、ラップなしの保存ができるようになっています。冷凍室は急速冷凍が可能なため、冷めるのを待たなくてもよくなっています。

また、3段収納になっているので、探す手間もなくなります。野菜室もプラチナ触媒により鮮度を保ち、においの心配もありませんので、忙しい人や子どもがいる家庭におススメの観音開きの冷蔵庫です。

参考元:公式サイト

日立 真空チルド 冷蔵庫 ラグジュアリーWXシリーズ 555L クリスタルミラー R-WX5600G X
画像をクリックするとAmazonに移動します

おすすめ観音開きの冷蔵庫③ 三菱 「置けるスマート大容量」MR-WX52C

名前の通り、幅65㎝で517Lと大容量となっています。
氷点下ストッカーDでお肉や魚の鮮度を長持ちさせて冷凍してくれます。凍らせずに冷凍してくれるので、解凍をしなくてもすぐに使うことができるので新鮮なまま料理ができます。

冷凍室は真ん中で2段収納になっているので、大きいものと小さいものと分けて綺麗に収納できますし、たくさん入るので冷凍保存や冷凍食品をまとめて買う場合にとても使いやすい大きい容量となっています。野菜室も2段収納になっており、朝どれ野菜室という名の通り、設置されているLEDの光によりビタミンCをアップさせて鮮度を保ってくれるます。

幅が65㎝で大容量かつ新鮮さを損なわない冷蔵庫で野菜も冷凍食品もたくさん入るため、子どもがいる家庭におススメの観音開きの冷蔵庫です。

参考元:公式サイト

三菱 517L 6ドア冷蔵庫(クリスタルブラウン)MITSUBISHI 置けるスマート大容量 WXシリーズ MR-WX52C-BR
画像をクリックするとAmazonに移動します

観音開き以外の冷蔵庫の紹介記事

下記の記事では主に一人暮らしの方におすすめの冷蔵庫を数多く紹介しております。観音開きではない冷蔵庫についても解説や紹介を見てみたい方はぜひご覧ください。

記事:『一人暮らしにおすすめの冷蔵庫6選!小型のおしゃれな冷蔵庫7つ 安い冷蔵庫も5つ紹介!』

まとめ

観音開きの冷蔵庫の使い勝手やメリット・デメリット、おすすめの観音開き冷蔵庫を書いていきましたが、メーカーや冷蔵庫の機種、冷蔵庫のサイズ、各家庭の冷蔵庫の配置場所や環境によってもメリットがデメリットに、デメリットがメリットになったりします。

また、最近の冷蔵庫は幅はあまり取らずに大容量の冷蔵庫もたくさん発売されています。ですので、今お使いの冷蔵庫と同じ幅で容量が増える事もあるため、購入前には必ず家電量販店で冷蔵庫を見るのが良いですね。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー