Logo家電BOAT
炊飯器の寿命は平均何年?症状や買い替えサインをご紹介!

目次

炊飯器の寿命について

炊飯器は家の中で欠かせない家電のひとつと言っても過言ではありません。いまは外来文化から入ってきた洋食生活が増えたとは言え、「お米」はやはりわたしたちのメインの食事だと思います。

おいしいご飯を炊く重要な役割を果たす炊飯器も、近年機能がどんどん増えてきて、一旦良い炊飯器を購入したらなるべく長く使い続けていきたいと思うことでしょう。

しかし、炊飯器も家電製品で、いつかは寿命を迎えるときがやってきます。

「そのときの症状をどうやって判断する?」か「炊飯器の平均寿命は一体何年?」、「買い替えタイミングはいつ?」と思ってる人のために、この記事を書いていきたいと思うので是非参考にしてみてください。

炊飯器の寿命は平均何年?

炊飯器の寿命

実は炊飯器の寿命は使い方次第で、長くも短くもなるのですが、目安の平均寿命は6年から10年です

炊飯器を毎日使うご家庭であったり、数日に一度ご飯を炊いてあまったご飯を冷凍に入れて保存するご家庭もあったり、炊飯器は家庭によって使う頻度がそもそも違います。

寿命よりも、求める美味しさや予算に合わせて買い替え時期の判断するの方もいると思います。

ですが、内釜の状態が悪くなったり、温度センサーの誤動作などの問題は平均買って6年経ってからだんだん劣化が目立つようになるので、 平均寿命として6年から10年と認識して買い替えや購入を判断してみてください。

炊飯器の寿命の症状や買い替えサインは?

症状①変な臭い

一番炊飯器の寿命の症状に気づくのは、炊き上がったご飯からの変な臭いがする時です。

炊き上がったご飯から明らかにいつもと違う臭いがして、微妙な酸っぱい臭いも混ざったり。これは寿命の症状を疑ったほうがいいと思います。

いつもと同じ洗米し、いつもと同じ水加減で、いつもと同じコースで、炊き上がったごはんからおかしい臭いがしたら、それは内釜が壊れたからかもしれません。一度メーカーに問い合わせたほうがいいと思います。

症状②ご飯が炊けなくなる

今まで通り炊飯スイッチを押し、炊き上がりの音が流れてきて、蓋を開けて、毎日と同じ美味しいご飯が食べられると思ったとき……、炊飯完了したはずなお米はまだ生のまま。こういう状況は忙しい時間帯にとって、本当に大変なことです。

炊き方がおかしくなったり、炊けなくなったり。これは炊飯器の寿命に達しているサインです。

毎日と同じ炊飯コースにしているのに、炊き上がったご飯が硬くなったり、バラバラになったり。これはもう炊飯器の正常機能が回っていませんから、買い替えを検討したほうが勧めです。

症状③ご飯が焦げ付く

内部の温度を感知するセンサーが壊れている可能性がある場合、炊き上がったご飯が真っ黒に焦げてしまいます。

温度センサーが故障してしまうと温度の管理がうまくいかなくなって、ご飯が炊けなくなるかご飯が焦げたりする問題が起こります。それも買い替えサインと判断したほうがいいと思います。

症状④変な音が発生する

お米を炊いているときに炊飯器から異常な音が出た場合。たとえば、破裂するような音や、大きく沸騰するようなピーという音など、こういう場合は買い替えのサインのひとつかもしれません。

以前は異音がしなく、現在音がするようになったら、パッキンが磨耗している可能性があります。一度点検のご依頼やサービスセンターへ商品のお持込をしたほうがいいと思います。

次のページ : 炊飯器に寿命が来た時の処分方法は?
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20171227033221
Written By
KOU
台湾出身の24歳です。日本語はまだまだ勉強中です。よろしくお願いいたします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー