Logo家電BOAT

洗濯機から異音がする原因と対策方法を徹底解説!修理した方が良い?

公開日時: 2018/01/30
洗濯機から異音がする原因と対策方法を徹底解説!修理した方が良い?

目次

洗濯機の異音について

家電製品の中でも洗濯機は毎日のように使う必需品でもある為,異音に早く気が付き手直しできることをしていれば大きな故障には至らないで長く使用していくことができる製品です。

しかしその異音が異常のサインであることに気が付かないで使用してしまっているケースが多いようです。ここではそういったサインをだしている異音の種類とその原因と対策としてまた修理も早い目にできる様にご紹介させて頂きます。

洗濯機から『キュルキュル』と異音がする原因

異音の原因①ベルトの緩み

最近の洗濯機には駆動方式が2種類あります。一つがDD(ダイレクトドライブ)インバーター方式でこのタイプはモーターの軸で直接パルセーターを回します。

もう一つがベルト式でこのタイプはモーターのプーリーが洗濯槽プーリにベルトで接続されていて洗濯槽プーリーを回しています。洗濯機からキュルキュルといった異音がするのはベルト式の方です。

この異音がし始めるとベルトの摩耗が考えられます。ベルトが緩み始め脱水などの重量でしかも高速回転に耐えきれなくなりモーターと洗濯プーリーを接続しているベルトが滑り始め次第に緩み始めてきます。

ベルトが緩んでくると洗濯槽を回している洗濯プーリーに洗濯物の重量が重いほど負荷がかかる為ベルトが滑ります。つまりそのベルトの滑る異音が「キュルキュル」と鳴っているのです。

異音の原因②ベルトの交換時期

ベルトの緩みを修正する程度ではなくベルトの弛みが予想以上にひどいとモーターの回転する力がほとんど洗濯プーリーへ伝わらなくなりベルトを交換しなければならない時期が来ていると言えるでしょう。

そしてベルトが弛んで鳴っている異音よりも症状が悪化,例えばベルトに亀裂とかがあるとすればベルトの交換が必要になっていると思われます。

洗濯機から『キュルキュル 』と異音がする対策

異音の対策①ベルトの締め直し

ベルトが摩耗し始めると緩んできますので少しの弛みぐらいの場合,ベルトの締め直しで解消する場合がありますのでその方法を紹介させて頂きます。

ベルトの締め直しですが,まず洗濯機の電源コンセントプラグを抜きます,これは必ず行ってください。

次に洗濯槽内の水を抜きます。この作業はまず水道の蛇口を締め洗濯槽内がに何も入っていない状態でスタートボタンを押し,次に給水用のホースを蛇口から外し脱水コースを選びスタートさせれば残っている水は抜けます。

もちろん多少の水の残りはあるかも知れませんので注意してください。その次は洗濯機本体を横に倒しベルトの緩みを確かめモーターを止めているボルト2本か4本を緩めモーターの位置をずらし緩んでいるベルトを締め直せる位置に戻して後はモーターのネジを締め,洗濯機本体を起こせば一応終了です。

異音の対策②ベルトの交換

ベルトが摩耗し始めると更に弛みや亀裂が入ってくるといよいよ緩んできますので交換が必要です。

ベルト交換の方法ですが,まず洗濯機の電源コンセントプラグを抜き次に排水を確認してから洗濯機本体を横に倒しベルトの緩みを確かめモーターを止めているボルト2本か4本を緩めモーターの位置をずらし緩んでるベルトを締め直すか,ベルトを外してから新しいベルトを付けモーターのボルトを締めなおしベルトに張りがあれば完成です.

洗濯機から『キーキー 』と異音がする原因

洗濯機 異音

異音の原因①洗濯槽の軸受けの故障

洗濯槽の軸受けの消耗か故障が考えられます。

軸受け部品は洗濯槽のパルセーターの下にあるような部品で軸受けの消耗は洗濯槽への負担のかけすぎ,つまり洗濯物の入れ過ぎとか経年劣化とか,設置の前後左右のバランスがずれて洗濯機本体がぐらついているとか駆動系の部分の摩耗による事が多いようです。

異音の原因②パルセーター内に異物

パルセーター内のチェックをしてみる事が必要です。パルセーターの内部に異物が入ってしまってパルセーターが回るときにそれが引っ掛かりキーキーといった異音を出していることが有ります。ここで異物とは小石,ヘアピン,クリップ,衣服類のフックやボタン等いろいろな物です。

こういった異物が混入してしまわないように洗濯物のポケットの中をよく調べてから入れるように,またフックなどが付いている下着類の場合は洗濯ネットなどを使用して十分な注意をしてから洗濯を始めてください。

異音の原因③ベルトの消耗

異音のキュルキュル音と同じでベルト式の洗濯機では毎日の洗濯物の入れ過ぎによるモーターへの過大な負担や経年劣化によるベルトの消耗が考えられます。

その進み具合によってパルセーターにかかっているベルトを交換またはベルトの締め直しが必要になってきます。

洗濯機から『キーキー 』と異音がする対策

異音の対策①洗濯機の設置の見直しと修理依頼

洗濯槽の軸受けの消耗または故障の場合は,最初に洗濯機が水平に設置されているかを確認する必要があります。

よく排水口が近いため洗濯機自体を底からかさ上げした際,左右前後のバランスが崩れてしまっているケースが見受けられますので洗濯機が水平になるように設置し直してください。

洗濯機にも水準器が標準で付いているものもありますのであればそれを使ってください。

それでも異音が改善しない場合は出張修理依頼し,自分で修理することは避けた方が無難です。

また修理費用ですがメーカーによっても幾分か差が有りますが約2万円前後はかかると思います。もちろんそれ以外の修理箇所が見つかると追加の代金は必要になります。

異音の対策②パルセーターの取り外しと異物の除去

パルセーターへ異物が入ってしまっている場合,特に下着類や上着類のフックやボタンまたは子供ズボンのポケットの中の小石やおもちゃなどの異物などが混入しているかもしれませんのでパルセーターを外し中に詰まっているものを取り除くことが必要です。

パルセーターの外し方ですが中央部にあるネジを外しパルセーター自体を真上に持ち上げる感じで上げてください。メーカーによってはネジの上にキャップを付けているものも有りますがそれを外せばネジが有りますので同様にしてください。

異音の対策③ベルトの交換

洗濯槽ベルトが緩んでいる場合,キュルキュルの異音の対策と同様にベルトを締め直すか交換をします。

洗濯機から『ガラガラ・ガリガリ』と異音がする原因

異音の原因①パルセーター内に異物

洗濯槽内にコイン等の小銭,石,砂利,衣類等のフックやボタン類が混ざり洗濯物と一緒に回るために異音が起きてしまう。

そして他の洗濯物を傷つけてしまう事もあり早く取り除くようにして下さい。また洗濯槽内に異物が見られない時にはパルセーター内に異物が入ってしまっている事が多いのでパルセーターを外し中に入っている異物を取り除いてください。

異音の原因②モーターの消耗

モーターの消耗または経年劣化に関しては使用年数や使用回数によって起こり始めるのがほとんどです。

使用年数についてはおおよそ7年前後が目安となり使用回数についても約一日一回ぐらい使用すると約7年ぐらいで消耗や経年劣化が起こってもおかしくない時期です。

異音の原因③洗濯槽の防振吊り棒の故障

ガタガタという異音が非常に大きく場合,洗濯槽の防振吊り棒が消耗しているのかもしれません。

洗濯槽の防振吊り棒というのは洗濯槽を四か所で吊ってバランスを取っているものですが,この部品が外れたり故障したりすると特に脱水の時にガタガタと揺れ,そのうちとんでもない位の大きさの異音,ガタガタからガタンガタンという異音になってきます。

こういった部品の消耗も同様に使用頻度と洗濯槽への過度の負担が原因の1つに挙げられます。

洗濯機から『ガラガラ・ガリガリ』と異音がする対策

洗濯機 異音

異音の対策①パルセーターを外し異物の除去

パルセーターを外し中に詰まっているものを取り除くことが必要です。パルセーターの外し方ですが中央部にあるネジを外しパルセーター自体を真上に持ち上げる感じで上げてください。

メーカーによってはネジの上にキャップを付けているものも有り,少し固いと感じられるかもしれませんがそれを外せばネジが有りますので同様にしてください

異音の対策②メーカーサービスセンターへ出張修理依頼

モーターに異常が発生しているかどうかを確認するために洗濯槽内やパルセーターを外して異物がないかどうか,また底から内部を確認して何か引っかかる物や詰まっている物がないかを見てみます。

何もない時は実際に洗濯槽を手で動かしてみて通常通り回らない,しかも洗濯槽の動きがぎこちない場合は何かの部品が劣化もしくは故障していると考えられます。モーターの消耗または経年劣化のためメーカーサービスセンターへ出張修理依頼をした方が良いです。

異音の対策③洗濯槽の防振吊り棒の交換

洗濯槽の防振吊り棒の消耗・経年劣化のため交換が必要です。交換のメーカーによって若干の差はあるのですが,まず洗濯機の上部パネルを取り外すところから始めるのですがもちろん電源コンセントは初めに抜いておいてください。

そして外し終わると洗濯槽の四か所にある防振吊り棒を一本ずつ交換するのですが修理作業に余り自信のない方はメーカーサービスセンターへ出張修理依頼をしたほうが無難です。

洗濯機から『カラカラ・カリカリ』と異音がする原因

洗濯機 異音

異音の原因①洗濯槽内やパルセーター内の異物の確認

洗濯槽内やパルセーターの内部に異物,例えば小石,ヘアピン,クリップその他金属のカケラ等が入っている事が多々あります.そういった異物を取り除けばカリカリといった異音はなくなります。

やはり日頃から洗濯前に洗濯物のポケットとか衣類等についているフックやボタンに注意しながら入れていくことが大切になってきます。

異音の原因②洗濯物の入れ過ぎ

パルセーター内に異物などが見当たらない場合は洗濯物の入れ過ぎもチェックしてみたらよいと思います。

毎日の洗濯量はほぼ感で入れられていると思いますが洗濯容量としてはオーバーしている事もありますのでいつも一回で回している洗濯物を少し減らし気味で洗濯をしてみることも試してください。

そうすることで洗濯機に過剰な負担をかけないで済み洗濯機を長く使える方法でもあります。

異音の原因③排水弁内に異物確認

排水弁内に何か異物が無いかを確認して異物が詰まっていれば取り除くのですが洗濯機の底面ですから誰かに洗濯機を斜めに倒してもらい底をのぞき込み確認して詰まっているものを取り除いてください。

洗濯機から『カラカラ・カリカリ』と異音がする対策

異音の対策①パルセーター内の異物除去

カラカラ・カリカリといった異音の場合,やはり他の症状と同様にパルセーターを外し洗濯槽内とパルセーターの下に異物があるかどうかの確認をします。

特に最近の洗濯槽はステンレス製が多くなっているため異物でも金属ものの場合カラカラカリカリといった音が大きく聞こえます。

異音の対策②入れ過ぎた洗濯物の分散

洗濯物の入れ過ぎを確認した方が良いでしょう。洗濯物を入れ過ぎると洗濯やすすぎの時モーターへの負荷が大きく,更に脱水の時には高速回転になる為負荷が非常に大きくモーター等駆動系は悲鳴を上げてしまうのです。

そういった事から時間はかかりますが洗濯の量が多い時,数回に分けて洗濯をするようにして下さい。そのまま洗濯を続けると洗濯物が洗濯槽の中で片寄り,バランスが悪くなり更に入れ過ぎは脱水時にエラーを起こす原因にもなります。

脱水時エラーを起こしてしまうと、洗濯物の片寄りを直すためにもう一度すすぎからやり直しをするため、すすぎの時の水のムダにもつながることになります。しかもやり直すので時間もかかります。入れ過ぎは本当にデメリットばかりなのです。

異音の対策③排水弁内の異物の除去

洗濯機の底面の排水弁を確認し異物の有無有れば除去,排水弁の損傷を発見したらメーカーサービスセンターへ出張修理依頼をするのが無難です。

洗濯機から異音がする時は修理した法が良い?買い替えた方が良い?

洗濯機 異音

異音がして修理した方が良い時

まずは購入してから1年以内で故障個所も操作ミスでないところだとすればとにかく自分で交換のできる部品であってもメーカーの修理センターに依頼した方が良いです。

使用年数が約5年未満の場合,もちろん洗濯機の使用回数によってその年数は違いますが一日一回の使用で換算するとまだ修理を考えた方が良いでしょう。

但し最近,家電量販店の場合5年長期保証が付いているものも結構多くなっていますのでそれに加入しているかを確認して,加入していれば家電量販店の長期保証内容にもよりますがメーカー保証に準じた不良個所は無料で修理してもらえるはずです。

異音がして買い替えた方が良い時

購入してからの年数が標準使用年数の約7年を超えている場合,もちろん洗濯機の使用回数によってその年数は違いますが一日一回の使用で換算すると約7年ぐらいで色々な部品が消耗してきて,またメーカーの部品の保有年数も限界が近づいていますので買い替えを考えた方が良いでしょう。

また経年劣化より現在の故障部分を修理したとしても別箇所が起こる確率が高く次々と故障すると結果的に買い替えの方が安くなってしまう事もあります。

  

  

また、下記の記事では洗濯機の平均的な寿命や耐用年数について解説しておりますので、合わせてご覧ください。

記事:『洗濯機の平均的な寿命は?寿命のタイミングや処分方法を解説!

まとめ 洗濯機の異音を聞き逃さないで

洗濯機はほとんど毎日使う電化製品ですので何か不具合が起きると困ったことになる製品です。

日頃とは違った異音を聞き逃さずある一定の対策をする事で洗濯機をより長く使用することができます。

そして最近の洗濯機の液晶パネルにはメーカー独自のエラーコードが表示されますのでその時は付属の取扱説明書で何の故障なのかを確認して操作上の誤りで直るのかメーカーサービスセンターへ修理依頼をしなければならない部分なのかを見極めてください。

また日ごろの洗濯時にはズボンやシャツ等のポケットの中をよく見て洗濯槽内に異物が入らないように注意する事も重要です。

そして故障になった場合,自分で修理のできる箇所で自信のある人を除いてそれ以外の方はメーカーサービスセンターへ修理依頼をしたほうが結果的に短時間に一般的な費用で完成することになります。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
岡本

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー