Logo家電BOAT
洗濯機の寿命を蝕むカビの発生原因や対策を紹介!お手入れ方法は?

目次

洗濯機の寿命を蝕むカビについて

洗濯を終えて洗濯ものを取り出したら、何か黒いものが付いている。
そんな経験をした人は少なくないと思います。

この黒いものこそカビであり、そのまま放置すると、
洗濯機の寿命を縮める原因になります。
一度でもカビが発生すると、それは除去しない限り増殖します。

洗濯機を長く使いたいのなら、カビを発生しない工夫が必要です。
そこで今回はカビが発生するメカニズム、カビの発生の防止、
発生してしまったカビの除去の方法について紹介します。

洗濯機の寿命を蝕むカビが発生する原因は?

原因① 湿気

カビの発生と湿気は深い関係があります。
梅雨時になるとカビが発生してきたり、風呂場のタイルの目地に発生するのも、
どちらも湿度が高いことが原因です。
カビは湿度が70%以上になると増殖しやすくなります。

それからすると、洗濯機はまさにカビにとっての天国になります。
あれだけ大量の水を使うのですから、湿気が発生しないわけがありません。

特に洗濯槽の裏側は周囲を囲まれて水分が蒸発しにくい構造となっているので、
どうしてもカビが発生する温床となってしまいます。

原因② 温度

湿度の次にカビの発生に大きな要因となるのは温度です。
カビの一番発生しやすい温度は20〜40度です。

ここで「あっ!」と思った人もいるでしょう。

洗濯には水道代の節約から、風呂の残り湯を使う場合があります。
その温度がまさにカビが好む温度なのです。
お湯の方が汚れが落ちやすいのは間違いありませんが、
それがカビを増やす原因にもなっているのです。

冬場にはほとんど発生しないカビが梅雨時に発生しやすいのも、
この温度が関係しています。

原因③栄養源

カビは微生物が集まったものです。
生物である以上は栄養となるものを必要とします。

洗濯槽に発生するカビが栄養としているのは人間の皮脂や汗です。
洗濯するための衣類にはそれが当然に付着していますが、
これが風呂の残り湯となると、その量はけた違いに多くなります。

風呂の残り湯ばかり使って洗濯する場合と普通の水道水だけとでは、
カビの発生に大きな違いが出てきます。
洗濯機の寿命を延ばすためにも、残り湯の使用は避けた方がいいでしょう。

洗濯機の寿命を蝕むカビが発生しない工夫

洗濯機 寿命 カビ

工夫① 風呂の残り湯は使わない

もったいないと言う方もいるでしょうが、
風呂の残り湯はカビにとっての楽園でしかありません。

発生しやすい湿度・温度・栄養源が全て揃ってしまっているからです。

では時間をかけてお湯を冷めさせて使えばいいのでは考えるかもしれませんが、
そうすると今度は雑菌が繁殖してきて、それが洗濯物に付着することになります。

自分が着る衣類にそんなカビや雑菌がついてもいいという人はいません。
できるなら洗濯には水道水を使うのが賢明です。

工夫② 洗濯槽は常に乾燥させておく

よく洗濯物をそのまま洗濯槽に放り込んで長時間放置していたり、
洗濯が終了したのになかなか洗濯物を取り出さない人がいます。

カビが最も嫌うのは乾燥です。

洗濯したい衣類には当然に水分が含まれていますし、
洗濯が終了したのに取り出さなければ湿気が循環するだけです。

洗濯槽を常に乾燥状態にするのはカビの発生防止に効果的です。

洗濯物は使用するまでは洗濯かごに入れて置き、
終わったら直ぐに取り出しておいて、蓋はそのまま開けて置いてください。

工夫③ 使用後の洗濯槽の清掃

これがカビを発生させないために一番効果がある手法です。

使う度に洗濯槽とその裏側を拭き掃除してあげるのです。

使うのは乾拭き用の雑巾などがいいのですが、この作業は大変面倒な上に、
内側はいいですが裏側の場合は清掃しにくいため、
素人が下手に洗濯槽をいじると壊れてしまうかもしれません。

もし自信がないのでしたら専門業者に頼めば安心です。

ただし一回あたり一万円程度の費用が必要になります。

次のページ : 洗濯機の寿命を蝕むカビのお手入れ方法
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー