Logo家電BOAT
電気シェーバーのオイルの使い方や頻度、必要性を解説!オイルの代用は?

目次

電気シェーバーのオイルについて

男なら避けては通れない毎朝のヒゲ剃り - 文明の利器の力を借りて、電気シェーバーを使う方も多いと思います。スイッチひとつで泡も立てずに即、ヒゲを剃れるのが電気シェーバーの強みですが、毎日、快適に使うとなると、少々のメンテナンスが大事になります。

電気シェーバーのお手入れで、見落とされがちで、かつ重要な作業がオイル差しです。
本記事では、電気シェーバーのメンテナンスに欠かせないシェーバーオイルについて、「その必要性」、「何でできていて、別のオイルで代用できるのか?」、「電気シェーバー用オイルの使い方」、「メンテナンスの頻度」、等について説明したいと思います。

電気シェーバーのオイルとは?

あなたの電気シェーバーをサビや摩耗から守り、使用時の刃の動きをなめらかにするのが電気シェーバー用オイルの役割です。過酷な状況で熱や摩擦と戦う機器には欠かせないオイル - 刃を保護することに加え、あなたの肌の健康を守るという重要な働きをしてくれます。純正のオイルボトルが付属してきて、キチンと使い方を指示・説明してくれる製品もありますが、電気シェーバーのメンテナンスにオイルなど一切用いない方もいるのではないでしょうか。

「電気シェーバーの替刃なんて、大して値段もしないのだから、剃れなくなったら新しいの買えばいいじゃないか」。実はその誤った判断が、替刃どころか電気シェーバー自体の寿命を縮め、あなたの肌の健康をそこなう危険な間違いだったのです。

電気シェーバーのオイルはなぜ必要?

理由① 刃の寿命を延ばす

刃の寿命を延ばして、なめらかな剃り心地をキープするためには、オイル差しは欠かせません。電気シェーバーの内刃は超高速で稼働し、外刃と内刃、互いの摩擦によって刃の摩耗が進みます。この摩擦自体の低減、摩擦によって発生する熱の除去をオイルが担当してくれるのです。摩擦の低減は使用時に不快な稼働音を減らす効果も期待できます。

理由② 電気シェーバー全体の寿命も延ばす

電気シェーバーの刃が劣化してくると、ヒゲを剃る性能自体が下がり、それまでは一度で剃り上げられた所を、二度三度とヘッドを往復させることになります。摩耗した刃のコンディションが更に下がるのは当然のこと、さらにはそれを動かすモーター、電力を供給するバッテリーまでもが劣化へのサイクルを速める結果になるのです。それらを防いで、電気シェーバー全体の劣化・消耗を抑えることに繋がるのが、オイルを用いたメンテナンスです。

理由③ 劣化した刃が引き起こす肌荒れを防ぐ

劣化した刃でヒゲを剃ることで、あなたのお肌はいわゆるカミソリ負けの状態に陥りやすくなります。切れ味が落ちた刃は、ヒゲを剃るというよりも、巻きこんで引きちぎる状態になり、そこから毛穴の状態が悪化して、肌荒れへと繋がります。

理由④ 剃り味自体が改善される

電気シェーバーへのオイル差しが刃の劣化を防ぐことは説明しましたが、このオイル、実は刃の劣化を防ぐことに加えて、剃り味自体を改善する効果があるのです。つまり、今、手元にある電気シェーバーも、オイルを差すだけで剃り味が向上するのです。オイルを差すだけで振動や騒音が抑えられるケースも多いです。これまでシェーバーオイルなど使ってこなかったという方は、手元の製品で試してみてはどうでしょう。

次のページ : 電気シェーバーのオイルの成分は?
前へ
1 / 4次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
Ujike Keisuke

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー