Logo家電BOAT
エアコンをDIYで(自分で)取り付けよう!真空引きしない・する場合で解説!

目次

エアコン 略

エアコンをDIYで取り付ける

 エアコンをDIYで取り付けてみたいといった方に順を追って説明いたします。

そもそもエアコンはDIYといってもかなり難しい分野のものというハードルの高い製品です。取り付けに必要な工具も専門性の高いものも多いようですが実際は少し慣れると使えるようになる工具も有ります。

 また取り付けの工程に少し経験値が必要なポイントが多少出てきます。特に最終段階で真空引きをするのか真空引きをしないのかといった専門性の高いことについては色々なサイトや経験者からの助言をもらいながら進めていくことで何とかクリアできそうです。

エアコンをDIYで(自分で)取り付けるのはできるの?

 エアコンをDIYで取り付けるためには専門的な工具が必要になります。しかもこの工具の使い方も少し慣れが必要になると思います。

 また取り付けの順序についてはある程度マニュアルに沿って進めればよいのですが室内機の水平度合いとか配管の曲げ方,銅管の切り方,配管同志の接続の仕方などポイントごとに熟練した技が必要になりますので詳しく書かれたマニュアルを読み理解してから取り付けを始める方が良いと思います。

 最終段階での真空ポンプの扱い方などはかなり慣れが必要になり完了しても本当にガス漏れがないか確認をしないとなりません。こういった部分を丁寧にクリアしていけるのであれば取り付けは可能です。

エアコンをDIYで取り付ける時によく聞く『真空引き』ってどういう意味?

 エアコンの配管内には冷媒ガスのみが流れるようになっているのです。

 取り付けの時に空気中の温度差による湿気が配管内に付着してしまい配管内で氷の粒となりエアコンの配管内を傷つけたりする事もありエアコンの正常な動作を妨げてしまいます。

 この「真空引き」をすることは配管内を真空状態にして配管内の湿気や多少のゴミのようなものを取り除くようにするための非常に大事な作業なのです。

 真空引きについては取り付け業者さんもほとんどの方がする作業ですのでDIYでされる方は特に大切な部分だと思ってください。もしもこの真空引きをしないで取り付ける場合は室外機側にあるバルブを少しの間押して配管内の空気をガスと一緒に抜くといった作業が必要になります。

 この場合取り付け作業は簡単ですが配管内の水分や空気が完全に抜け切っているかどうかは疑問が残ります。

 もし配管内に残っている状態で取り付け作業を終了させてしまうとエアコンの正常な運転ができなくなるのと故障の原因にもなってきますのでDIYでされる場合は確実な取り付け方法である真空引きをおすすめします。

次のページ : エアコンをDIYで取り付ける方法 -真空引きをする場合-
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
岡本

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー