Logo家電BOAT
エアコンの室外機が動かない原因は?修理や故障の予防方法も解説!

目次

エアコンの室外機が動かない

エアコンの室外機が動かなくなることには冬場も夏場も色々な原因が考えられます。エアコンの場合,初めて据え付けてからコンセントを差したままの状態が続いていて基板にもある程度の負荷がかかっていますのでエアコンから暖かい風や冷たい風が出なくなるのにはいくつかの原因が考えられ,それに対して対処方法もいくつかあります。

しかしそういった対処方法でも改善しない場合はメーカーサービスへ連絡をして修理を依頼する必要があります。ここでは故障と判断するまでの作業をいくつかピックアップして,また予防できる事もいくつか挙げてみます。

エアコンの室外機が動かない原因は?

エアコン 室外機 動かない

原因①ファンモーターの不良

ファンが原因の場合,まず室外機周辺に物などを置いているため空気の流れが悪くなってしまっている事が考えられます。またファン自体を回しているモーター本体の不良が考えられ,そこからくるモーターの回転不足による事も考えられます。

原因② コンプレッサーの不良

コンプレッサーが不良の場合,圧縮機のメカ部分の故障が考えられ,ここは室外機の心臓部でもありますのでかなり重症と考えられます。また配管内もしくは接合部付近のガス漏れのためガス圧が不足して室外機は動作こそしますが室内での温度調節ができないようなことになります。

原因③基板の不良

基板には制御基板と電源基板があります。室内機に異常が発生した場合,信号線を通じて室外機の動作が止まってしまいます。またメーカーの故障表示の1つである電源ランプの数回にわたる点滅も同様に基板の異常から発生していることが多いです。

原因④操作の誤り

まず最初に疑いたいのはリモコンの操作誤りが考えられます。暖房から冷房に切り替わった時の運転モードの誤りですが単独で暖房ボタンと冷房ボタンが付いているリモコンタイプの場合,運転切り替えをしないで運転ボタンを押してしまい誤動作により室外機が回らないといった事が発生します。

また「自動運転モード」で操作している場合,エアコンの方で室温が適温と判断したすると運転を止めてしまう事がありますのでこういった事も勘違いをしない事です。

エアコンの室外機が動かない時の修理方法

方法① 空気の流通を良くする

エアコンの室外機から吹き出される風は高温になった冷媒を冷やすために外に放出しているので室外機の前面は少なくとも20cm以上,両サイド10cm(配管接続側は35cm)以上背面3cm~5cm以上の空間が必要になりますので必ず空けなければなりません。またその周辺には物を置かないようにしたほうが良いです。

方法② 室外機の背面の清掃

エアコンの室外機の背面にはいろいろなゴミのような物が風などで飛んできたりしますので日ごろから注意が必要です。そういった事から背面の空気の流れを遮っているものが見つかったら取り除かなければならないのです。

方法③基板のリセット

制御基板は室内機での設定温度に対し室内温度の変化を調整しているものです。また電源基板は室外機のコンプレッサーやファン,そして室内機に電流を流す役目を果たしています。これが一旦エラーを起こしてしまうとエアコンは全く機能しなくなります。

特にエアコンの室内機のコンセントは設置してからほとんど差し込んだままになっていますのである程度基板に負荷がかかったままになっているためメーカーの故障表示である電源ランプの点滅が起こった時は室内機のコンセントプラグを約5分間以上抜き再度差し込んでみるのも基板をリセットするためには良いことです。

エアコン 室外機 動かない

次のページ : エアコンの室外機が動かない時はどこに修理を頼む?
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
岡本

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー