Logo家電BOAT
エアコンの室外機のホースは何故劣化?交換方法や化粧カバー/テープも紹介!

目次

エアコンの室外機のホースについて

エアコンは室内機と室外機からなります。室内機と室外機は冷媒であるフロンが通る冷媒管と呼ばれるパイプでつながれています。

室内機と室外機はともに熱交換器を有します。冷房では、室内の熱い空気が室内機の熱交換器に触れて熱さを冷媒管に移し、熱を失った冷たい空気が室内に放出されます。

熱さを乗せた冷媒は室外機の熱交換器に運ばれて冷たくなり、室内機に向かいます。冷媒を循環させるのは、室外機にあるコンプレッサーです。

冷媒管は2本あります。エアコンの配管は保護テープの中に3本が見えますが、その3本目をドレンホースと呼びます。
冷房時に水が流れてくるホースです。ここではドレンホースを単にホースといいます。ホースは、経年によりボロボロになり、割れてしまうことがあります。

何故ホースが劣化するのでしょうか?ホースを交換できないでしょうか?化粧カバーや化粧テープを使った方がよいのでしょうか?

考えてみましょう。

エアコンの室外機のホースとは

ホースの目的

冷房時に室内の熱い空気は熱交換器に触れて冷媒で冷たい空気に変換しますが、その際に結露の水が発生します。その水を排水するのが、ホースの役割です。

ホースを室内機から冷媒管といっしょに外に出し、そこで適当な長さのホースをつなぎ、室外機にはつながないで、室外機の近くで地面に排水させます。

エアコン室外の排水ホース

ホースの特徴

冷媒管は銅製ですが、ホースはプラスチック製です。硬い管にするより柔らかいプラスチックのホースにして、下に垂らして排水しやすいようにしています。

ホースは、洗濯機の排水ホースと同様に蛇腹です。蛇腹は折れにくいのとフレキシブルに動かせる利点があります。ホースが詰まったりすると、室内機の水漏れの因になりますから、内部に虫が入ったりごみが溜まったりしないように気を付ける必要があります。

エアコンの室外機のホースはなぜ劣化するの?

エアコンの室外機のホースは年を経ると劣化して折れやすくなります。なぜ劣化が起こるのでしょうか?

理由①ホースの材質

ホースの材質がプラスチックであることで劣化につながります。金属であれば、劣化には長い時間がかかります。

理由②ホースの置かれる環境

ホースが置かれる場所が外で、日光や雨風に晒されることが劣化の原因になります。プラスチックは耐候性に乏しく、日光、特に紫外線により劣化が進みます。紫外線が劣化の元凶です。

また、外気の温度変化が劣化に影響します。日光に当てられると40℃を越えますし、夜は冬には0℃以下になることもあり、ホースは熱衝撃を受けることになり、損傷の遠因になります。

理由③機械的な力

ホースの材料による耐候性の影響よりずっと小さいですが、ホースが置かれる場所が外であるために機械的な振動を受けやすいことが劣化につながります。

理由④保護不足

ホースの材料の耐候性に関連しますが、ホースの外側を保護しておかなければ、外的環境に対して無防備あることが劣化を早めます。

次のページ : エアコンの室外機のホースの交換方法
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small bb9b808f 3b7d 4352 af44 f93aa66e5927
Written By
花透 PEACE43
家電情報を提供するライターです
家電の選択・購入あるいは使用のための情報を整理して、皆様がご覧のなれるように提供します。よろしくお願いいたします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー