Logo家電BOAT
エアコンのドライ(除湿)とは?電気代や温度や仕組み!冷房と違いは?

目次

エアコンのドライ(除湿)について

エアコンのドライ(除湿)機能…みなさんは使っていますか?

関東にお住まいなら夏は温度も湿度も高くなりがちで冷房も除湿も欠かせないでしょうから、エアコンの【ドライ】とは除湿運転を意味し、温度よりも湿度を下げるのが主目的の機能だというのは多くの方がご存じでしょう。

ちなみに筆者は日本海側に住んでいるので夏場は湿度が低く、エアコンを【ドライ】で運転することはそれほど多くありません。

そういえば海外メーカーのエアコンには【DRY】とそのまま書かれていますが、日本メーカーのリモコンに【ドライ】と書かれているのは少し前の東芝機(RAS-C285D-W他)ぐらいで、現在は東芝も含めほとんどのメーカーのリモコンには【除湿】と書かれています。筆者自宅のエアコンは全てPanasonic製なので余計に【ドライ】を使うことがないとも言えます…まぁ言葉遊びの冗談はこれくらいにして。

梅雨時期は洗濯物の部屋干し目的で筆者もドライを使うことがありましたが、この記事を書くにあたって、ドライと冷房の詳細な違いを調べなおしていたら、大きな勘違いをしていることに気づいてしまったのです。筆者だけでなく意外と多くの人が勘違いをしているらしいとの東京電力による調査結果もあり、正しいドライ(除湿)の意味、冷房との違い、エアコンごとに異なる形式のドライ運転時にかかる電気代の大小を周知する目的でも、これを機会に書き残しておこうと思いたったのです。

エアコンのドライとは?意味は?

エアコンの『ドライ(あるいは除湿)』とは、エアコンで冷房をかけたときに必ず生じる湿度低下を利用した簡易除湿機能です。
現在は『弱冷房除湿』『再熱除湿』、2種類の除湿方式が存在します。
どちらも空気中の湿度を下げる基本的な仕組み自体は同じなのですが、効果と電気代が全く異なります。

エアコンを解説する個人サイトはもちろん、各メーカーも『【冷房】は温度を下げることに重点をおいた機能』『【ドライ(除湿)】は温度を下げることよりも湿度を下げることに重点を置いた機能』と解説されていますが、この日本語表現はかなり誤解を生みやすいのですよね。

筆者もこの記事を書くまで【冷房】よりも【ドライ】モードの方が『除湿能力が高い』と勘違いをしていました
実際は『弱冷房除湿』『再熱除湿』などの【ドライ】モードよりも【冷房】モードの方が時間当たりにおける除湿量は一番大きいのです。

ざっくり表にまとめるとこんな感じです。

エアコン ドライ 電気代

詳細な違いは少し後の項目で説明しますね。

引用元:東京電力【調査結果ならびに「冷房」と「除湿」の違いと、上手な使い方】

エアコンのドライ機能はどういう仕組みで除湿をしている?

空気というのは温度が高いほど保持できる水分量が多く、温度が低くなるにつれて保持できる水分量が少なくなります。例えば氷水の入ったコップを室内に置いておくとコップ周りの空気が冷え、保持できなくなった空気中の水分は水滴としてコップの周りに移動し、その結果コップ周りの空気の湿度が下がります。

これがエアコンによる冷房とそれにともなって発生する湿度低下の原理です。

そしてここからが重要なのですが、上の説明でも分かるとおり空気の温度が下がるのに比例して湿度が下がる仕組みなので、エアコンも設定温度を低くして冷房をギンギンに効かせるほど室内の湿度が下がります。

エアコンで冷房を長時間掛け続けた室内は湿度が大きく下がります。そういった極度の乾燥状態は喉の不調に繋がりやすく、それが不快でエアコンの冷房を嫌う人も少なからずいるでしょう。エアコンの冷房による湿度低下は仕組み上避けられないものでもあるからです。

参考元:冷房と除湿はどう違う? | ダイキン工業株式会社

次のページ : エアコンのドライ(除湿)と冷房の違いは?
前へ
1 / 4次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7cd9a8d2 4e76 42aa 9071 65a0696b6a53
Written By
HN: トゥルーデは俺の嫁
製品紹介はなるべく間違った情報を伝えないよう製品の説明書などで下調べをし、レビューはキッチリ使い込んだり比較してから書き始める派なので基本遅筆です。疲れたときの癒やしは飼い猫達をなでることです。
家電やガジェット好きの趣味が高じて、文章書き(パソコン関連ソフト&ハード、白黒家電、ガジェットなどの紹介記事、購入製品のレビュー etc...)をやっています。 広く浅くがモットーなので、それほど深い知識はありません。 なるべく正しい日本語で書けるようにIMEにATOKを使い、長い文章は少しでも誤字脱字が減るようにVOICEROIDに音読させて確認してから公開するようにしています。 違う目的の為に買ったVOICEROIDが思わぬ役に立っているので、もう一人買い足そうかと目論んでいます。 やっぱり弦巻マキの相棒といったら結月ゆかりですよね?

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー