Logo家電BOAT
賃貸のエアコンのクリーニングについて徹底解説!自分でする?業者に頼む?費用は大家負担?

目次

 

賃貸でのエアコンのクリーニングについて

賃貸となるとエアコンのクリーニングはどうすればいい?と思っている人も多いとおもいます。部屋を選ぶときは内覧や部屋が決まれば契約となるので、その際にエアコンは完備されているのか、エアコンはどれくらい古いのか、ちゃんとクリーニングはされているのか、賃貸ですのでエアコンのクリーニングの際はどっち負担になるのか、等を確認することをおススメします。

この記事では、賃貸においてのエアコンのクリーニングは業者に頼んだ方がいいのか?自分でクリーニングした方がいいのか?、また、賃貸でのエアコンのクリーニングは大家さん負担か自己負担か、について書いていきたいと思います。

賃貸のエアコンのクリーニングは自分でできる?業者に頼んだ方が良い?

エアコン クリーニング 賃貸

自分でやるメリット① 安くクリーニングできる

今はさまざまな掃除用品が多く売られていてなんでも自分で出来そうに思えるのですが、エアコンのクリーニングも例外ではありません。エアコンのクリーニングの際に使う洗剤や用具もたくさん売られています。ですので、はじめは費用がかかるものの次からはあまり費用が要らないため、自分でエアコンのクリーニングをやった方が費用を安くすませる事ができます。

自分でやるメリット② 気になった時にクリーニングできる

エアコンのクリーニングとなると、年末の大掃除に、年に2回のクリーニング、という人が多いと思いますが、一度、エアコンのクリーニング用品を買い揃えたらいつでもできるので、気になった時にエアコンのクリーニングをする事ができます。また、年に2回や年末の大掃除、と長くエアコンのクリーニングを放置する事によって汚れが増えたりこびりついたりと、ただでさえ面倒なエアコンのクリーニングが余計に面倒になります。ですので、業者に頼むよりも安くできるので気になった時や時間ができた時にエアコンのクリーニングをするといいでしょう。

自分でやるデメリット① エアコンの奥までクリーニング出来ない

エアコンのクリーニングを自分でするといっても、カビや臭いの発生源はエアコンの奥にある事が多いので、エアコンについて知識がある、もしくは以前にエアコンのクリーニング業者に勤めていた、という人以外はエアコンの奥は自分でクリーニングする事は難しいので業者に頼んだ方がいいでしょう。

自分でやるデメリット② エアコンの故障や火災になる可能性大

エアコンの前面パネルをあけ外装パネルやフィルターを外すことで冷却フィンなどがみえる状態になります。また、外装パネルやフィルターなどは簡単に外す事ができ、ホームセンターにはいくつものエアコンのクリーニング用品が売られていますので、自分でエアコンのクリーニングをやってしまう人も多いと思います。ですが、いくら自分でエアコンのクリーニングができそうな汚れでも、エアコンは家電製品ですのでもちろん電気配線があります。もし、洗剤などが電気配線にかかってしまえばエアコンの故障や火災の原因になりかねないので、業者に頼んだ方がいいでしょう。ましてや賃貸なら、他の入居者の方にも迷惑がかかります。

業者に頼むメリット① 細部まで綺麗にクリーニングしてくれる

自分でもエアコンのクリーニングはできるのですが、表面上しかクリーニングできません。ですが、カビや臭いの発生源はエアコンの奥にあります。なので、エアコンのクリーニングのプロに任せるのが一番です。

業者に頼むメリット② 節電や健康状態を良くする

自分でもエアコンのクリーニングは出来るのですが、細部までのクリーニングはプロに任せた方が綺麗にしてくれます。それに、エアコンの細部まで綺麗にすることで、エアコン使用時の風量や臭いやカビの発生を無くす事で環境も綺麗になり健康状態を良くしてくれ、消費電力を節電し、エアコンの長持ち、といったメリットがたくさんあります。

エアコン クリーニング 賃貸

業者に頼むデメリット① 料金が高い

エアコンのクリーニングの相場はだいたい1万円前後となっています。それに、エアコンは季節によっては必需品ですので綺麗にしときたい所。なるべく安くすませたいと思う人がほとんどだと思いますので、少し高く感じますね。

業者に頼むデメリット② クリーニング時間

エアコンのクリーニングのプロに任せる事でメリットが多い反面、デメリットとして、料金が高いのともう一つあるのが『クリーニング時間』です。だいたいクリーニングにかかる時間が1時間~3時間ほどになります。なので、いくら休日にエアコンのクリーニングを頼んだとして1時間くらいならまだしも、2時間や3時間となると長いですよね。ましてや、クリーニング時間が長いからといって家を空けるわけにもいきません。

賃貸のエアコンのクリーニングは大家さん負担?自己負担?

エアコン クリーニング 賃貸

ケース① 大家さん負担

エアコンが壊れている時は、賃貸であれば大家さんが修理や新品交換としてくれます。ですが、エアコンのクリーニングとなるとどちら負担なのかが曖昧になっています。

なので、エアコンのクリーニングの際に大家さん負担になる場合は、『入居後まもないのになんらかの異臭や故障』です。賃貸で入居する前にエアコン内部までクリーニングされていない事になりますし、自分では汚していないので大家さん負担でクリーニングしてもらいましょう。ただ、賃貸での入居期間に限らず大家さんが負担をしてくれない場合も多くあるので、エアコンのクリーニングについて話をする時は相談するのではなく交渉する事で『全額負担』や『一部負担』をしてくれる場合もあります。

中には、エアコンのクリーニングに関する業者手配や費用負担、と全てしてくれる大家さんもいます。

ケース② 自己負担

賃貸とはいっても実際に部屋に住んでいるのは自分ですので、エアコンのクリーニングをする際は、自己負担になります。

賃貸での入居直後などは大家さん負担が多いのですが、入居期間が長くなると自己負担の場合がほとんどです。また、普通の生活での汚れならまだしも、ペットを飼っている・タバコを吸う、という人は、ペットの抜け毛によってエアコン内部が汚れる、タバコのヤニでエアコン本体内が汚くなる、という普通に生活している人よりも違った汚れがありますので自己負担になることがほとんどです。

次のページ : 賃貸においてのエアコンのクリーニング まとめ
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー