Logo家電BOAT
エアコンの除湿(ドライ)で部屋干し!最適な温度や風量も解説

目次

1年を通じて、雨の多い時期が6月・9月とある日本。雨の多い季節は、洗濯物を外に干すことができません。

昼間誰もいない家で、洗濯物を外に干したままにしておくことに、抵抗のある人も多いでしょう。

乾燥機では、電気代も気になるし、部屋干しをしているご家庭は多いと思います。

部屋の湿気や生乾き、部屋干しすると誰もが気になるところです。

そこで、効率よく乾く部屋干しの方法をお教えします。

部屋干しをエアコンで効率よく乾かす方法は?

雨の多い季節や、外出しようとして雨が降りそうなとき、部屋干しをされた方は多いと思います。

多くの方が、部屋干ししたまま放置されているのでは・・・

部屋干しを放置しておくと、乾ききれずに生乾きやにおいが気になることも少なくないでしょう。

実は、エアコンを上手に使うことで、効率よく部屋干しができるのです
エアコンには、冷房・暖房・除湿(ドライ)とあります。

この機能のどれを使えば、効率よく部屋干しできるかその方法お伝えします。

部屋干しの時、湿度が気になる

エアコン 除湿 部屋 干し

梅雨時期や、夏場の雨の日に部屋干しすると部屋の湿度が上がり、カビやパソコンなどの電気機器への影響が気になります。

部屋干しの湿気対策には、みなさん工夫されていることでしょう。

多くの場合、扇風機を弱風か中風であて、早く乾かそうと工夫されていると思います。

確かに、扇風機を充てることで、乾きは早くなりますが、湿気の対策にはなりません。

そこで、エアコンを除湿(ドライ)運転することで、湿度も下がり乾きも早くなります。

湿気の多い時期は、どうしても部屋の湿度が上がりがちです。

エアコンの除湿(ドライ)運転をするのとしないのでは、除湿効果が10倍近く違うそうです。

エアコンの除湿(ドライ)機能を上手に使って、部屋干しを快適に行いましょう。

エアコンの風量と温度はどのくらいが最適?

エアコン 除湿 部屋 干し

エアコンを使って部屋干しする際に、梅雨時や秋口では、風量自動にするとほぼ停止状態なります。外出する前に、除湿(ドライ)運転で部屋干ししたはずなのに、家に帰ると洗濯物は生乾き、おまけに部屋は湿気だらけ・・・ということにも。

連続運転で風量は、強風、温度は20度、洗濯物に直接風が当たるようにして、タイマーを3時間から4時間くらいがBESTです。

エアコンの除湿(ドライ)運転で部屋干しすると、3時間~4時間くらいで、だいたいのものは乾きます。厚手のものやバスタオルがあるときは、タイマーを長めにセットしましょう。

次のページ : エアコンの連続運転で電気代が掛かるのでは?
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー