Logo家電BOAT
フードプロセッサーとミキサーの違いを解説!どっちが代用や兼用?

目次

フードプロセッサーとミキサーの違いについて

調理用家電は様々な物がありますが、煮る焼くなどといった本調理の前には食材を適切な形に切ったり混ぜ合わせたりする下準備が必要です。それら下準備を行う代表的な家電として『フードプロセッサー』と『ミキサー』があります。

どちらも古くからある家電ですが、活用している場面を日常で見ることが少ないためご存じない方もおられるでしょう。

今回はそんなフードプロセッサーとミキサーを、それぞれの違いや得意な加工方法などの説明を交えながら紹介してみたいと思います。


備考

『ミキサー』という名前は和製英語で、海外だと『ブレンダー』と呼ばれています。

ですので海外メーカーの製品などで『ブレンダー』と表記されているものは、日本のミキサーと同じ物だと思ってもらってかまいませんが、例外として『ハンドブレンダー』と『ハンドミキサー』はまったく別のものになりますのでご注意ください。

フードプロセッサー ミキサー 違い
左:ハンドミキサー(泡立て器) 右:ハンドブレンダー(手持ち型ミキサー)

フードプロセッサーとは?

包丁や専用器具などを使っておこなう『みじんぎり、すりおろし、混ぜ合わせ』などの下準備(加工)が短時間で行える調理用家電です。

フードプロセッサーならタマネギのみじん切りなど食材の加工が数秒~10秒程度で終わるため、大量に食材を扱う食堂など業務用として利用されることが多かったのですが、その便利さから一般家庭でも使われるようになりました。

特徴① きざむ・する・混ぜるが楽にできる

手作業だと面倒な『きざむ』『する』『混ぜる』の作業を素早くかつ楽に行うことができます。

例えば【タマネギを刻み】【挽肉と混ぜ合わせ】【和風ソース用の大根おろしを作る】といった『きざむ、混ぜる、すりおろす』3種の工程があるハンバーグを作るときなどは重宝します。

特徴② 肉挽きも可能

肉や魚を挽いて『ミンチ』を作ることもできます。「挽肉が少し欲しいけれど、ストックが無い!わざわざ買いに行くのも…」といったときに豚肉、鳥肉、牛肉などを適切な大きさにカットしてフードプロセッサーに入れればお好みの分だけ挽肉を作ることができます。同じように魚のつみれなどを作る際にも使うことができます。

特徴③ 機種によってはスライスや千切りも

別売のカッターを購入したり機能の豊富な上位機種のフードプロセッサーであれば、スライサーとしても使うことができ、さらにはうどんやパスタ生地などをこねることができる機種もあります。

特徴④ ただし処理可能量は少なめ

冒頭にハンバーグを作る際に重宝すると書きましたが、一般的な家庭用フードプロセッサーはケース容量が小さい物が主流なので、タマネギのみじん切り、肉挽きなど個々の作業は問題なくとも、双方を混ぜあわせた場合は処理可能量を超えてしまうこともありえます。

大量のハンバーグを作る場合などは挽肉は作らず購入し、フードプロセッサーで行うのはタマネギのみじん切りだけにして、その後は大きなボウルに移して手ごねで作業するなど、フードプロセッサーは補助的な扱いに限定した方が効率よく調理をすることができるでしょう。

ミキサーとは?

ミキサー(mixer)やブレンダー(blender)の名前から分かるとおり『混ぜ合わせる』事に特化した調理用家電です。
フードプロセッサーでの加工は手作業でもできますが、ミキサーでの加工は家庭にある調理器具での代用が難しいため一般家庭でも購入されることが多く、一度は見たことがある人もいるでしょう。

かつては『ジューサーミキサー』とも呼ばれており、スロージューサーが生まれるまでは果物や野菜からジュースを作るといえばもっぱらミキサーの役目でした。

特徴① 果物や野菜を砕いてスムージーやスープなどを手軽に作れる

果汁のみを搾り出す『ジューサー』とは異なり、素材を砕いてそのまま混ぜ合わせることができるミキサーは食物繊維たっぷりなジュース、いわゆる『スムージー』を作るのには最適です。

茹でてある程度柔らかくした野菜をさらに砕いてスープなども作ることができますので、ミキサーを使ってスムージーや野菜スープを作れば手軽に食物繊維を摂ることができるでしょう。

特徴② 離乳食を作る手助けにもなる

食べにくいものを砕いてペースト状に加工できるミキサーは離乳食を作るのにも向いています。

食材を煮込んで柔らかくするのには時間がかかりますが、ミキサーでゆるめのペースト状にしてから火を通せば食材への火の通りも早く、より短時間で離乳食を作ることができるでしょう。

ただしミキサーによってはモーターに負荷が掛かるので粘度の高い離乳食や介護食用ペーストの投入や作成を禁じていたりする物もあるので、作成可能かどうかしっかり説明書で確認する必要があるでしょう。

特徴③ 氷を砕くことができるミキサーならシェイクも作れる

氷を砕くことに対応したミキサーなら果物と氷、あるいは凍らせた牛乳と混ぜ合わせオリジナルのシェイクを作ることもできます。

ただ氷を砕くことに対応しているものでも、コンビニで売っているウイスキー用などのロックアイス(大きな氷)は対応していないことが多いので、氷を砕く際は必ず説明書に従った大きさのものを使用しましょう。

特徴④ ミル機能を持つものもあり

基本的にミキサーは乾燥した食材を処理することができませんが、『ミル機能(ミルカップ)』を備えたミキサーであれば大豆からきな粉を作ったり、煮干しからだし粉を作ったり、魚介類などの乾物からオリジナルのふりかけなどを作ることができます。

ただし大豆は炒って完全に水分を飛ばしてから、煮干しは頭と大きな骨は取り除いてから、乾物は固すぎるのはダメなどの細かな指定があったり、ミキサーの仕様によっても禁止食材が異なるので注意が必要です。

水分を含んだ物に対応したミルならマヨネーズなども作ることができるので、加工できる食材をしっかりと把握し、上手く使いこなせれば調理の幅も広がることでしょう。

ミルと言えばコーヒー豆ですが、ミキサーによって扱いが全く異なります。容器が傷つくので禁止されているものもあればメニューに載せて推奨するものもあれば、できるけれど粗く風味も飛んでしまうのでおすすめできないと書かれているものもあります。もしコーヒー豆のミル機能を求めるのであれば必ず対応しているかどうか購入前に確認する必要があるでしょう。

次のページ : フードプロセッサーとミキサーの違い
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7cd9a8d2 4e76 42aa 9071 65a0696b6a53
Written By
HN: トゥルーデは俺の嫁
製品紹介はなるべく間違った情報を伝えないよう製品の説明書などで下調べをし、レビューはキッチリ使い込んだり比較してから書き始める派なので基本遅筆です。疲れたときの癒やしは飼い猫達をなでることです。
家電やガジェット好きの趣味が高じて、文章書き(パソコン関連ソフト&ハード、白黒家電、ガジェットなどの紹介記事、購入製品のレビュー etc...)をやっています。 広く浅くがモットーなので、それほど深い知識はありません。 なるべく正しい日本語で書けるようにIMEにATOKを使い、長い文章は少しでも誤字脱字が減るようにVOICEROIDに音読させて確認してから公開するようにしています。 違う目的の為に買ったVOICEROIDが思わぬ役に立っているので、もう一人買い足そうかと目論んでいます。 やっぱり弦巻マキの相棒といったら結月ゆかりですよね?

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー