シャープ AQUOS『LC-40W35』をレビュー!おすすめAQUOSのテレビも紹介!

目次

 

シャープ AQUOS『LC-40W35』について

シャープの液晶テレビ、AQUOS LC-40W35についてレビューします。

今回のレビューでは、シャープ AQUOS LC-40W35の特徴、私がシャープ AQUOS LC-40W35を購入した理由、おすすめのシャープ AQUOSのテレビ!の3つに分けてレビューを実施してゆきます。

AQUOS LC-40W35の特徴、私がシャープ AQUOS LC-40W35を購入した理由、おすすめのシャープ AQUOSのテレビ!については3つの項目に分けてレビューします。
最近、何かとお騒がせなシャープですが、商品自体はすばらしいものを作ってくれているので、商品のすばらしさについてお知らせできれば幸いです。

シャープ AQUOS『LC-40W35』の特徴

特徴① 40インチの液晶大画面液晶であること

40インチ帯の液晶テレビは以前と比較して、少し高値になってきました。

国産の液晶テレビは店頭参考価格帯で¥54,500 ~ ¥60,800となっています。

以前はインチあたり10000円だったので、以前の価格帯でいくと、4万円が相場だったのですが、最近の価格設定はインチあたり15000円が主流になってきています。

最近の液晶テレビのサイズの売れ筋は50インチ前後が主流になっていますが、10畳以上のリビングでは50インチがオススメですが、6畳の個室で鑑賞するには40インチがオススメのサイズとなっています。 LC-40W35は個室向けのサイズと言えるでしょう。

特徴②  エッジ型LEDバックライトであること

バックライトも最近はLED型になってきて、輝度のメリハリがよくなってきています。  
以前の非LED型は明るさがそれほどよくなく、白味が飛んだ画質であったので、最近主流になってきているのLEDバックライト型は明るさをたもちつつ、色味がハッキリとした見ごたえがある画質をLC-40W35は提供してくれています。

特徴③  1920x1080のフルHDであること

LC-40W35

画素数は40インチ以上は1920x1080のフルHDが主流です。40インチ以下については特に32インチが良く売れていますが、画面の画素数は1366x768と通常のHDであり、画面のしまりが良くありません。

一度、フルHDを味わってしまうと通常のHDには戻れなくなってしまいます。地上デジタル放送はフルHDではないため、通常のHDで特に問題ないのですが、映画などでブルーレイを視聴する場合はフルHDサイズが主流になっていますので、お金に余裕があるのであれば、フルHDのLC-40W35を購入することをオススメします。

ちょっとした差なのですが、全然見ごたえが違いますので、ぜひフルHDのLC-40W35をチョイスしてみてください。

私がシャープ AQUOS『LC-40W35』を購入した理由

理由① フルHDの画素数であること

地上デジタル放送が始まった当初は1366x768と通常のHDサイズのテレビ販売が主流でしたが、技術開発の革新により、1920x1080のフルHDが主流が主流になってきました。最近は画面サイズで画素数の住み分けが実施されており、40インチ以下では通常のHD、40インチ以上ではフルHDとなっています。
私はこれまでソニーの32インチのフルHDを利用してきました。

5年ほど利用した段階で故障してしまったため、国外メーカーの32インチのHD液晶テレビを3万円ほどで購入しましたが、フルHDに目が慣れてしまっているため、HD画質ではフルHDと比較して、ぼやけた感じになってしまいます。そこで、国産のフルHDテレビを検索してみたのですが、40インチ以下ではフルHDの液晶テレビは存在していませんでした。そこで、フルHDの液晶テレビを購入するには40インチ以上のサイズが必要ということで、価格帯がこなれているシャープ AQUOS『LC-40W35』を選択しました。

理由② コンパクトであること

LC-40W35

これまで32インチの液晶テレビで視聴していたので、テレビ台がそれほど大きくありませんでした。そこで、40インチでありながらも、ベゼル部分が狭くコンパクトである機種を探していたところ、シャープ AQUOS『LC-40W35』にたどり着きました、私が利用しているテレビ台からはみ出すことなく、これまでの32インチ液晶テレビと同等のサイズであったため、うまく収まることができました。

理由③  価格が安価であること

次に価格です。購入時、40インチクラスでは6~7万円以上のものが大半だったのですが、AQUOS『LC-40W35』の販売価格帯は、¥54,500 ~ ¥60,800 となっており、非常に安価でありました。ここが購入する決まり手となりました。

おすすめのシャープ AQUOSのテレビ!

① シャープ AQUOS LC-50U45[50インチ]

シャープ AQUOS LC-50U45の価格帯は9万円から13万円が相場となっています。HDRに対応しており、非常に色彩が豊かな表現をすることが出来ます。4Kに対応した液晶テレビです。

画像をクリックするとAmazonに移動します

②シャープ AQUOS LC-60US45 [60インチ]

シャープ AQUOS LC-60US45の販売価格帯は18万円から35万円が相場となっていて、販売店によって価格に差がついています。高音質設計に重きをおいた4Kに対応した液晶テレビとなっています。倍速液晶機能が付加されています。

画像をクリックするとAmazonに移動します

③シャープ AQUOS LC-32H40 [32インチ]

シャープ AQUOS LC-32H40の販売価格帯は3万円から5万円が相場となっており、非常にリーズナブルな価格設定になっています。ただし液晶画素数は通常のHDとなっており、比較的安価に液晶テレビを購入したい人向けとなっています。

画像をクリックするとAmazonに移動します

④シャープ AQUOS LC-40W35[40インチ]

シャープ AQUOS LC-40W35の販売価格帯は5万円から6万円が相場となっており、非常にリーズブルか価格設定となっています。地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2チューナー搭載しており、番組を視聴しながら裏番組録画などを実施することができます。また、「番組カテゴリ」や「人名」などを選ぶだけで、キーワードを入力する手間なく検索できる「簡単サクッと検索」機能を搭載しており、気になったキーワードに対してすぐに検索することができます。また、無線LANを内蔵しているため、ワイヤレスでインターネットやホームネットワークを楽しむことができます。

画像をクリックするとAmazonに移動します

⑤シャープ AQUOS LC-40H40[40インチ]

シャープ AQUOS LC-40H40の価格帯は5万円から7万円が相場となっています。非常にリーズブルか価格設定となっています。地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2チューナー搭載しており、番組を視聴しながら裏番組録画などを実施することができます。

画像をクリックするとAmazonに移動します

シャープAQUOSのテレビ総論

最近の売れ筋は50インチ前後の4K対応テレビがトレンドになってきています。その分、販売価格が非常に高くなっており、機能は非常に良いのですが、なかなか手を出しづらい状況になってきています。
放送業界ではこれから4Kや8Kといった、高精細な放送にシフトチェンジしています。画質にこだわりがある人ならば、これまでの2Kよりも4Kや8Kのテレビを選択肢に入れておくことが良いと思います。ただし、4K対応テレビといってもチューナー機能はついていないため、別途購入する必要があります。

まとめ 個人で楽しむなら40インチのフルHD、家族で楽しむなら50インチ以上

最近は国内メーカーが劣勢になってきており、中国産などの液晶テレビや有機ELテレビといった高画質を売りにした商品が出てきており、国産を応援したい私としては国内メーカーに何とかがんばって欲しいのですが、2KのフルHDでは国外メーカーの独壇場となってきています。国内メーカーは4K、8Kにシフトして高機能・高価格で生き残りをかけているようですが、4K、8Kの放送サービスは当面先であるため、個人で楽しむならば40インチの2KフルHDの液晶テレビ、家族でリビングで楽しむなら50インチの4Kテレビをオススメします。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
ycom29

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー