Logo家電BOAT
SONY BRAVIA KDL-40EX720 を購入した理由や特徴をレビュー!

目次

SONY BRAVIA『KDL-40EX720』について

SONY BRAVIA『KDL-40EX720』は、高い高画質、また、通常のテレビとは異なるSONY独自が開発した特殊なLEDを搭載することで発売してから今もなお高い人気を集める商品となっております。

また、電気コストパフォーマンスについて考慮された商品となっており、消費電力についても期待できます。

倍速機能をそなえたテレビであるため、動画の再生をする際にも、ぶれたりぼやけたりなどまったくありません。

SONY BRAVIA『KDL-40EX720』の特徴は?

それでは、SONY BRAVIA『KDL-40EX720』の特徴について紹介したいとおもいます。

特徴① 画質が良い

SONY BRAVIA『KDL-40EX720』の特徴ですが、まず、とても画質がよいことが特徴となっております。

エッジ型のLED(バックライトパネル型)が搭載されていて、高いクリアコントラストが最大の特徴となっており、いつでも、テレビをつけると、クリアで高画質の画像がおたのしみいただけます。

その理由は、このテレビにつかわれている、LEDに秘密があります。この「ダイナミックエッジLED」とは、どのようなものであるかと説明しますと、「ダイナミックエッジLED」は、通常のエッジ型のLEDとはことなり、通常のエッジ型のLEDは、テレビのパネル部分にエッジ型のLEDと搭載する様につくられておりますが、SONYの「ダイナミックエッジLED」は、さらに、エッジに配したLEDを高精度に制御したものが搭載してあります。そのため残像感は、ほとんどかんじることがありません。

また、より高いコントラストを実現することが可能です。

特徴② 低消費電力

高いコントラストで、よりクリアで高画質だとすると、電気消費量が他のテレビよりもおおくなるのではないかと心配になる方もいるかもしれません。ですが、その心配は無用です。

SONY BRAVIA『KDL-40EX720』の2番目の特徴でもあり魅力なのが、低消費電力です。

なぜ、高画質で、クリアな映像を実現できるのに、消費電力量を低く保つことができるのかと説明しますと、LEDバックライトの発光を全体的に搭載しているのではなく、エッジに搭載したLEDを、部分的に制御するので消費電力を低くすることが可能になるのです。

特徴 ③倍速機能

SONY BRAVIA『KDL-40EX720』の3番目の特徴に、倍速機能の搭載があげられます。

倍速機能とは、SONY独自の「バックライトブリンキング」と呼ばれる機能で、通常の倍速機能とは異なり、8倍速表示相当の倍速機能をたのしむことができます。

倍速機能が搭載されていますが、高い精度の画質であるため動画を倍速にしたとしても、画質の劣化を防ぐことによって動きによってぼやけてしまったりということも心配無用です。

私がSONY BRAVIA『KDL-40EX720』を購入した理由

理由① クリアで高画質、コントラストの良い画質

家電量販店で他のテレビと、SONY BRAVIA『KDL-40EX720』の映像をみくらべることで、判断しました。

実際に自分の目でたしかめたので、SONY BRAVIA『KDL-40EX720』の特徴である、クリアで高画質、コントラストが良い点など、しっかりと確認することができたので、すぐに購入を決断いたしました。

理由② 綺麗な倍速モードとCMカット

我が家では、テレビでよく子供の運動会や、発表会など、ビデオでとったものを再生して、みんなでみることが多いです。

以前つかっていたテレビは、倍速にするとピントがぼやけたりしていたのですが、KDL-40EX720はそんなことはありません。
また、ドラマや映画をテレビでよくみるのですが、映画だと最初の宣伝はカットしたいとおもってますし、また、ドラマについても、CM部分はカットして見たいとおもっていました。その点、SONY BRAVIA『KDL-40EX720』は、CMをカットしてくれる機能があり、とても重宝しています。

理由③ 映像の鮮明さ

大型量販店で、実際に他のテレビ商品と映像を比べた際、あきらかに映像の鮮明さがちがいました。

LEDが搭載されているため、映像があかるくて、すごくきれいでした。

こんなあかるくきれいな映像で、毎日、テレビをみれたらいいなと思いKDL-40EX720の購入を決めました。

次のページ : SONY BRAVIA『KDL-40EX720』はどんな人におすすめ?
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
Ujike Keisuke

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー