Logo家電BOAT
圧力鍋は炊飯器の代わりになる?圧力鍋と炊飯器の違いや電気代を比較!

目次

圧力鍋と炊飯器について

大手レシピ掲載サイトなどで煮炊きする料理のレシピを見ると「圧力鍋がなかったので炊飯器で代用しました」という記述がちらほら見られます。たしかに炊飯器で作った料理と、圧力鍋で作った料理は共通するものが多く一見すると「炊飯器を圧力鍋の代わりに使えるのではないか?」とも思えます。

そこで今回は『炊飯器は圧力鍋の代わりになるのか』また『その逆は可能なのか』圧力鍋と炊飯器の違いから、それぞれで調理した場合の電気代やガス代の比較まで、筆者が実際に試してみて得られた結果も含めて紹介します。


実験に使用予定のお米
圧力 鍋 炊飯 器

圧力鍋と炊飯器はどっちがどっちの代わりになる?

そもそも白米を炊くのにガスコンロを使うのであれば、調理器具は蓋のついた鍋なら何でもかまいません。『圧力鍋』はもちろん『土鍋』『アルミ鍋』『ホーロー鍋』、さらに蓋さえあれば『フライパン』でだって可能です。

飯ごうやアルミ鍋など『熱伝導率が高く、蓄熱時間が短い』ものは焦げ付かないように、他の素材よりしっかりとした火力調整が必要になりますが、ほんの少し焦げる分には『おこげ』として食感や味の違いを楽しむこともできるでしょう。

参考元:http://hidetaku.jp/challenge/

◆ 蓋が必要な理由

『固い状態のお米(βデンプン)』を食べられる『ご飯』にするためには『α(アルファ)化』という工程が必要で、白米の場合充分な水とおよそ100℃(さらに甘さを引き出すのなら110℃前後)の温度が必要とされます。

ですが水の沸点は1気圧でおよそ100℃、通常の気圧で沸騰している状態では決して100℃以上には温度が上がらないのですが蓋をすることで蒸気圧が高まり、ほんの少しだけ沸点が上がりお米を食べやすい状態に炊きあげることができるのです。

昔を描いたテレビドラマなどで『大きな鉄釜に重い木蓋をのせてお米を炊くシーン』などがでてきますが、重い木蓋によって釜内部の蒸気圧が高まり、水の沸点を意図的にあげることで美味しいご飯が炊けることを、昔の人も経験的に知っていたからなのです。

参考元:米の食味と糊化・老化特性

圧力鍋は炊飯器の代用になるか

以上のような理屈から加圧で水の沸点を上げることのできる圧力鍋は炊飯にはもってこいの調理器具で、他の鍋よりも白米のα化がすすみ、甘くもちもちとした食感のご飯を炊きあげることができます。

『美味しいご飯を短い時間で炊く』その一点に限れば圧力鍋は炊飯器の代用として充分な働きをしてくれるでしょう。

圧力 鍋 炊飯 器
◆代用実験結果

圧力鍋を使って何度かご飯を炊いてみましたが、お米の種類に関係なく美味しいご飯ができました。

最初の1~2回はレシピ通りの水量と加圧時間だったにもかかわらず、やや失敗気味だったのでお米によって各自微調整は必要だと思います。コツさえつかめれば最新の高級圧力IH炊飯器より短い時間で、同じくらいもちもちとした非常に美味しいご飯を炊くことができるでしょう。

炊飯器は圧力鍋の代用になるか

圧力鍋は加圧による沸点の上昇で茹でるためのお湯の最高温度を100℃以上にできるので、食材を短時間で柔らかくする効果が得られます。

ですが普通の炊飯器の内部気圧は1.0気圧強、圧力IH炊飯器でも1.1~1.5気圧と、圧力鍋の平均1.8~2.0気圧に比べると低いため、調理時間の短縮効果はさほど得られません。

また炊飯器の加熱時間設定は完全自動で、圧力鍋のように食材やレシピによって加圧時間や蒸らし時間を調整することもできないので、圧力鍋のレシピ通りに炊飯器を使うことはできません。

普通の鍋で煮るよりは高い圧力を維持できるので食材を柔らかくする効果も少しは得られますが、時短化は圧力鍋にはかなわないため、レシピサイトに書かれている「圧力鍋がないので炊飯器で代用しました」は主に食材を柔らかくする意図でのみ使っていると思った方がいいでしょう。

引用元:Panasonic公式

引用元:象印マホービン公式

参考元:蒸気圧と沸点

圧力 鍋 炊飯 器
◆代用実験結果

1時間かかるだけあって、味のしみこみは圧力鍋より良いような感じはしますね。
醤油とみりんを大さじ2杯ずつ入れただけですが、ほんのり甘塩っぱくて美味しく煮ることができました。

圧力鍋と炊飯器の違いを比較!

違い① 細かい火力調整

圧力鍋は時間のかかる煮炊き全般に使用できますが、炊飯器は基本ご飯を炊くだけの調理器具です。やろうと思えば炊飯器でも煮炊きは可能ですが、火力と時間の調整は全自動なので圧力鍋のように人間が細かく調整することができません。

炊飯を含めた煮炊き全般に対応し食材ごとに火力や時間も調整ができる点では、圧力鍋の方がうわてでしょう。

違い② 炊飯の簡単さ

圧力鍋でご飯を炊く場合は、水の量、お米の種類、古米か新米か(含まれる水分量の違い)で加圧時間を状況に応じて調整する必要があります。

加熱、あるいは加圧時間が短すぎたり長すぎたりした場合は、炊き損ないのご飯や焦げの多いご飯になってしまいます。水量も多すぎればおかゆ気味になったり、少なければ焦げやすくなったり、指定された時間と水量を守ってもお米の状態や種類によって上手く炊けない場合があるのです。

炊飯器の場合これら微調整をする必要はなく、洗米可能な内釜であれば洗米後ざるに分けて水を切る必要もなくそのまま内釜の印に従って水を足し、炊飯器にセットして炊飯ボタンを押すなり予約ボタンを押すだけです。
あとは全自動で火力調整をしてくれるので、水の量さえあっていれば炊飯の失敗はまずありません。

炊飯の手軽さ、失敗の少なさという点では炊飯器の方がうわてでしょう。

違い③ 炊飯時間の短さか、保温機能の有無か

一般的な圧力鍋の場合、沸騰3~4分、加圧5分、蒸らし10分、計20分弱でご飯が炊きあがります。
非常に短い時間で炊飯が可能ですが、保温機能がないので炊いたらすぐに食べきってしまうか、保温ジャーなどに移し替える必要があります。

同じく一般的な炊飯器の場合、早炊きメニューなら40~50分程度(※)で炊きあがります。
圧力鍋より時間は掛かりますが、保温機能があるので1~2時間食事の時間がずれても、みんなが温かいご飯を食べることができます。

それぞれに適した使い方があるので、状況によって使い分けることが大切ですね。

※...象印のNW-AT10など高級な圧力IH炊飯器なら30分未満で炊くことが可能なものもあります

象印:圧力IH炊飯ジャー極め炊き(5.5合炊)プライムホワイト/NW-AT10-WZ
象印 圧力IH炊飯器 NW-AT10-WZ/画像をクリックするとAmazonに移動します

参考元:http://www.zojirushi.co.jp/toiawase/TR_PDF/NWAT.pdf

次のページ : 圧力鍋と炊飯器はどっちが電気代がお得?
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 7cd9a8d2 4e76 42aa 9071 65a0696b6a53
Written By
HN: トゥルーデは俺の嫁
製品紹介はなるべく間違った情報を伝えないよう製品の説明書などで下調べをし、レビューはキッチリ使い込んだり比較してから書き始める派なので基本遅筆です。疲れたときの癒やしは飼い猫達をなでることです。
家電やガジェット好きの趣味が高じて、文章書き(パソコン関連ソフト&ハード、白黒家電、ガジェットなどの紹介記事、購入製品のレビュー etc...)をやっています。 広く浅くがモットーなので、それほど深い知識はありません。 なるべく正しい日本語で書けるようにIMEにATOKを使い、長い文章は少しでも誤字脱字が減るようにVOICEROIDに音読させて確認してから公開するようにしています。 違う目的の為に買ったVOICEROIDが思わぬ役に立っているので、もう一人買い足そうかと目論んでいます。 やっぱり弦巻マキの相棒といったら結月ゆかりですよね?

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー