Logo家電BOAT
【「BeatsXイヤフォン」で音楽を楽しみました】

目次

最近の暑さで身体がついていけず、「体力をつけるために」とジョギングを始めた40歳間近の主婦:ケイコと申します。

趣味の音楽を聴きながらであればジョギングも長く続くのではないかと思い、こちらのイヤホンを使ってみました。

この商品の箱を開けてまず感じたのは、
「どのようにして音楽を聴けるのか?」ということ。

イヤホンと電気機器をつなげる場所がなく、
イヤホンはイヤホン単体の造りでした(画像参照)。

電気屋の娘に生まれながらアナログ生活を送っていた私には、
「イヤホンは電気機器本体とつなげて聴くもの」という概念しか頭にありませんでしたが、
「Bluetooth機能」でつないで聴くから、本体とイヤホンを繋げなくても良いという斬新な商品。

今時の方にしてみたら当たり前のことかもしれませんが、
アナログ世代の私には、
ドラえもんが四次元ポケットから出すもの以上の商品に感じました。

今回こちらのイヤホンを使ってみたレビューをお知らせしたいと思います。

BeatsX ケイコ01

※イヤホンの右と左が磁石でくっつくようになっています。
色はグレー、ホワイト、ブラック、ブルー。4色選べます。

BeatsX ケイコ02

※イヤホンが入っている箱と付属品です。画像上部、左側に入っているものが見づらいため、画像上部、右側に開けておいてみました。
耳の大きさに合わせて3つのサイズのものが入っています。
その下にあるのは、イヤホンを耳にフィットしやすくするものです。
その横にある楕円形のものは、イヤホンケースです。

【音質】☆☆☆☆☆

・高域☆☆☆☆☆

とてもクリアな音でした。クリアな音とはいえ、軽い感じの音に聴こえませんでした。柔らかく、温かみのある音に感じ取れました。
女性シンガーで、高い声を売りにしている方の曲を聴いてみましたが、
イヤホンから聴こえる音は全くうるさいと感じることもなく、また角もなく、とても心地の良い音で「もっと聴いていたい」と思う音でした。

・中域☆☆☆☆☆

 中域も高域同様、柔らかい音で聴きやすかったです。
高域でも述べましたが、中域も柔らかい音で聴いていてとても癒されます。
元々気に入って長年使っていたイヤホンでも、ここまで綺麗な音を聴いたことがありません。高域と低域の音の間に入って、うまくバランスを取っている。
そんな感じに聴きとれました。

・低域☆☆☆☆☆

 低域は、高域・中域とうまく調和しているような音を聴きとることができました。また、低域に関しては音の重みと広がりを感じました。

曲全体を低域が包み込み、オーケストラ風といいますか、スケールがあって
これまで違うイヤホンで聴いていた曲が、より豪華な曲に聴こえるような感じを受けました。
過去にこれほどまでに綺麗な低域を聴いたことがない、と思うほど。
個人的には非常に気に入っています。

・音の透明感☆☆☆☆☆

 ギター・ドラム・ベース、どれもはっきり聴きとることができました。
低域で述べたことと同様で、楽器の音がオーケストラ風で、広がりあるように聴こえてきますので、音楽を心から楽しめる商品と感じました。
今時の、いわゆる「作られた音楽」ではなく、昔の曲でも音の広がりを充分も感じることができました。

【コストパフォーマンス】☆☆☆☆☆

私が長年愛用している何の機能もないイヤホンは
今回のイヤホンよりも6分の1程度の値段ですが、
このイヤホンを使ってみて「良い商品はそれなりの値段がする」と改めて実感しました。
個人的に、使い勝手が良いという点と、イヤホンから聴こえる音の精度の高さを考慮し、コストパフォーマンスは「非常に高い」と感じております。

【デザイン】☆☆☆☆☆

・デザイン ☆☆☆☆☆

まず、箱を開けて感じたのは「男女問わず好まれるシンプルな形」、でした。
イヤホンの色を選べるのも魅力を感じます。

一番最初の画像でお分かりになっていただけるように、
右と左のイヤホン部分が磁石でくっつくという点は遊び心を感じますし、
イヤホンだけでなく、
付属品が説明書の入っているケースに組み込まれている所、
イヤホンケースが付いている所などに、
イヤホン以外でも随所に「ちょっとしたこだわり」を感じます。

BeatsX ケイコ03

・装着感 ☆☆☆☆☆

装着感も素晴らしく良かったです。
ジョギングをしながら聴いてみましたが、まずイヤホンがずれないということ。長時間イヤホンをつけていても、耳の痛み・違和感は一度も感じませんでした。

上記の画像でもお分かりいただけると思いますが、
箱から取り出すと通常のイヤホンの形状です。このイヤホンの耳に入るところを一度抜き、Uの字の部品を入れて、耳に入るところの部品を入れなおします。
すると、Uの字の部分が耳に固定される為、イヤホンがずれ落ちることなく安定した状態で聴くことができます。

【オリジナリティ】☆☆☆☆☆

【機能性】☆☆☆☆☆

イヤホンを5分充電すると2時間聴くことができます。
これなら外出前に慌てて充電しても、よほど長時間音楽を聴き続けなければ
出先で充電が切れてしまう心配がありません。
おっちょこちょいな私にはとても助かる機能だと感じました。

上記の画像でお分かりいただけると思いますが、イヤホン横のボタン部分で音
量調節ができると同時に、Bluetoothで接続したスマートフォンに着信がはいっても、このボタンを押すと通話に切り替えることができます。
通話終了時もボタンを押すことで、通話を切断することもできます。

・遮音性について:電車の中で聴いてみましたが、電車が走る音や周りの会話、
電車のアナウンス等、ほとんど耳に入ることがなく音楽を集中して楽しむことができました。
また、人が混雑するような駅ビルでこの商品を使いながら歩いてみましたが、
雑音が入ることはありませんでした。遮音性は非常に優れていると感じます。

【利用シーン】

音楽に集中して楽しみたいと思うなら、どんなシーンも使って良いと思います。

しかしジョギングをしている時や歩行中などは、遮音性が非常に優れておりますため、周りの歩行者や車・自転車に気を配る必要があるので、注意を払って使う必要があると思います。
また、先ほども述べましたが電車に乗っている時にイヤホンで音楽を聴いていると、駅のアナウンスが耳に入ってこないため、音楽の聴き心地の良さに眠ってしまうと電車で寝過ごしてしまうこともあるかもしれないので、気をつけなければと思いました。

【ジャンル】

Jポップ、ジャズ、ハードロック等、あらゆるジャンルの音楽を聴いてみましたが、どのジャンルでも曲を引き立てる音を聴きとることができました。
ハードロックは昔の音源とリマスターした音源を聴き比べてみましたが、
どちらも迫力感は残しつつ、
広がりある豊かな音に変換してくれるような聴こえを感じることができ、
ました。

【総合評価】☆☆☆☆☆

BeatsX ケイコ04

※画像:(手前)充電できるところと、(下側)イヤホンの電源です。
これまで使ったイヤホンの中で一番気に入っている商品だと思います。
そして、人に是非ともおススメしたい商品でもあります。
気に入っている理由は、今回のレビューでの星の数が全て「☆☆☆☆☆」
でお分かりいただけたかと思いますが、
音に関しても、使い勝手に関しても、デザイン性どこをとっても素晴らしい商品と感じたからです。
イヤホンと本体を繋いで音楽を聴くとなると、本体をバッグの中に入れて聴くシーン。ポケットの中で聴くシーン、もしくは、本体を手にもって聴くシーンなど、どうしても手放しで聴くことはできなかったのがこれまでのイヤホン。
しかし、こちらのイヤホンは手放しで聴くことができるから、
音楽に集中し楽しみながら聴きたいと思う方にぴったりな商品です。
これまで使った中で一番高価なイヤホンですが、値段以上の価値を感じました。

前へ
1 / 1
次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
ケイコ

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー