【有線にも劣らない?MDR-XB70BT】

目次

こんにちは、maggyarと申します。今回はMDR-XB70BTというイヤホンについてレビューをしていきます。MDR-XB70BTは、2016年にソニーから発売されたカナル型のBluetoothイヤホンです。価格は定価9,880円(税抜き)で、カラーバリエーションはブラック、レッド、ブルーがあります。ハンズフリー通話に対応していて、通話用のマイクが内蔵されています。首にかけるタイプのイヤホンですが、首周りに柔らかくフィットするシリコン製のフレキシブルネックバンドが採用されており、ずり落ちたりはしません。

MDR-XB70BT maggyar01

【音質】☆☆☆☆☆

・高域☆☆☆★★

 MDR-XB70BTは高音域に関して、満遍なく聴こえるという印象です。ギターやドラムのシンバルなど、イヤホンによってはキンキンとうるさい印象がする部分も、すっと耳に入ってくる感じがします。かといって主張がないわけでもなく、しっかりと聴こえるバランスです。しかし、低音が強い曲の場合は、その存在感が少し隠れがちになります。

・中域☆☆☆☆★

 MDR-XB70BTの中音域については、こちらも満遍なく聴こえるといった印象です。ただ高音域よりは多少主張が強く、ボーカルが聞こえやすいという感じがします。ただ、やはり低音が強い曲では高音域ほどではないですが、少し主張が弱くなると思います。しかし、個人的にはこのくらいのバランスが丁度良いと感じました。

・低域☆☆☆☆☆

 MDR-XB70BTはパッケージにEXTRABASSと大きく書かれている通り、低音域がとても強いです。私は普段、低音域重視にイコライザを調整して曲を聴いていますが、それが全く必要ないほどでした。ベースやバスドラムが目立つ曲では、高~中音域帯が隠れがちになるほどです。MDR-XB70BTは低音に関して間違いなく強いと言えます。

・音の透明感☆☆☆☆☆

 MDR-XB70BTは、透明感がとてもあるイヤホンだと言えます。カナル型イヤホンとしては珍しく、音に距離感を感じることができます。特に高音域の透明感が高く、低音域と離れた遠くの場所でなっているような感覚がします。曲によって多少の主張の差はありますが、楽器ボーカルを問わず、すべての音が埋もれることなくきれいに聞こえます。

【コストパフォーマンス】☆☆☆☆★

MDR-XB70BTの価格は定価9,880円(税抜き)です。MDR-XB70BTはコストパフォーマンスについて、高い評価を付けることができます。Bluetoothイヤホンは音質があまりよくないというのはよく耳にしますが、MDR-XB70BTに関しては同価格帯の有線イヤホンと比較しても決して劣らないと感じました。初めてBluetoothイヤホンを買おうと思うけど、どれを買ったら良いのか分からない…という方には、手にしやすい値段も相まっておすすめです。

【デザイン】☆☆☆★★

- デザイン ☆☆☆★★

MDR-XB70BTのデザインは、人によって多少好みが分かれるかと思います。ネックバンド型のBluetoothイヤホンとしては比較的シンプルなデザインです。しかし、音量調整や電源のボタンがネックバンド部分の両端についているため、ネックバンド部分だけで見ると一つのヘッドホンのように見えます。実際に使用する際にはネックバンド部分を服で隠す等をしないと、結構目立ちます。また、服に仕込む際にはどうしてもコードが服に触れるため、ノイズが生まれやすいです。

MDR-XB70BT maggyar03

- 装着感 ☆☆☆★★

MDR-XB70BTの装着感はそれなりと言ったところです。ネックバンド型のため首の後ろに違和感があるのは仕方ないですが、柔らかいシリコン素材を使用しているため、食い込んだりすることはありません。ネックバンド部分は少し重さがあるので、長時間使用した際には多少首が疲れるかもしれません。また、カナル型イヤホンなので耳も痛くなりやすいと思います。しかし、やはりBluetoothイヤホンなので行動が制限されない点は便利です。

【オリジナリティ】☆☆☆★★

【機能性】☆☆☆☆★

・機能性

MDR-XB70BTはBluetoothイヤホンで、ハンズフリー通話用のマイクが内蔵されています。充電は必要ですが、電池持ちが良く、最大9時間の連続音楽再生、8.5時間の通話ができます。充電時間は2.5時間です。総じて、Bluetoothイヤホンに求められる機能は一通り揃っています。 ただ、防水性がないので首周りに汗をかきやすい人は注意が必要かもしれません。

・遮音性

MDR-XB70BTはカナル型イヤホンなので、遮音性について比較的高いと言えます。音楽を流さない状態で道を歩いていても足音が聞こえない程度です。音楽を流していれば電車の中でも外の音を気にすることなく楽しめます。日常的に使う分には、まず不自由しないと言っていいでしょう。

【利用シーン】☆☆☆☆★

遮音性がそれなりにあるため、通勤通学などに使うのがおすすめです。Bluetoothイヤホンなのでスポーツにも使えますが、ネックバンド型のためスポーツによってはずり落ちてしまう可能性があります。ランニングなどにはぴったりだと思います。Bluetoothイヤホンにしては音質が良いため、家で使うのもおすすめですが、寝る前に使用するのはおすすめしません。静かな環境で音量を小さくすると、ノイズキャンセリングのサーッという音が目立って聴こえるためです。

【総合評価】☆☆☆☆★

MDR-XB70BT maggyar04

MDR-XB70BTには、価格に見合った魅力があると感じました。Bluetoothイヤホンなのに有線イヤホンに劣らない音質、効きすぎなくらいの低音。下手にイコライザを弄らず、フラットな状態で聴いてほしいです。透明感も高く、低音が強い曲でなければどの音もバランスよく聞こえます。装着感も気にならない程度で、柔らかいシリコン素材が首にフィットして邪魔に感じません。その他、ハンズフリー通話用マイクなど、Bluetoothイヤホンとして必要な機能は一通り揃っています。価格も、安いとまでは言いませんが手に取りやすい価格帯です。まだBluetoothイヤホンを使ったことが無い方、もしくは新しく買い替えようとしている方は、ぜひこのMDR-XB70BTを手に取ってみてください。きっと後悔しないと思います。

前へ
1 / 1
次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
maggyar

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー