Logo家電BOAT
【コスパ良し!TT-BH07】

目次

こんにちは、maggyarです。今回は、TaoTronicsのTT-BH07というイヤホンについてレビューしていきます。TT-BH07はカナル型のBluetoothイヤホンです。マイクが内蔵されているため、ハンズフリーでの通話に対応しています。カラーバリエーションは赤、青、緑、黒の四種類となっています。TT-BH07は、Amazonでのレビューが2000件を超えているとても人気な商品です。3000円程で手に入るという手軽さに加え、レビューの多さから安心して購入できるのかもしれませんね。

TT-BH07 maggyar01

TT-BH07 maggyar02

【音質】☆☆☆☆★

・高域☆☆★★★

 TT-BH07は高音域に関して、無難といった印象です。打ち込み系の高音域やドラムのシンバルはシャンシャンとうるさい印象を受けますが、大抵の曲はそこまで主張する訳でもなくすんなり聴けます。同価格帯の他のイヤホンと比べても平均的だと感じました。ただ、Bluetoothイヤホンであることを考慮すると、水準以上と言えるかもしれません。

・中域☆☆☆☆★

 TT-BH07は中音域に関しては水準以上であると感じました。ボーカルやドラムなどは、他の音域帯に比べて多少主張が強いです。ただ、中音域だけが目立ちすぎて、他の音域帯が埋もれがちになるという印象を受けました。ボーカルがメインのアイドルソングやバラードなどを聴く際には、TT-BH07は丁度良いバランスで聴けると思います。

・低域☆★★★★

 TT-BH07は低音域がハッキリ言ってかなり弱いです。中音域や高音域に埋もれてあまり聴こえないという印象を持ちました。曲中に重低音だけ聴こえる区間があると、そこだけ音量が下がったように感じるほどです。ベースが目立つ曲や打ち込み系の曲を聴くのには向かないと思います。TT-BH07は低音好きの方にはおすすめできないと思います。

・音の透明感☆☆★★★

 TT-BH07は音の透明感にはあまり期待しない方が良いです。低音域が弱く、後ろで四つ打ちが鳴っているような曲では、中音域に埋もれて四つ打ちの音が濁ったように感じます。ただ、そのぶんボーカルは割と透き通った綺麗な音で聴こえると思います。ギターやドラムの音は主張する訳でもなく埋もれるわけでもなくしっかり聞こえます。TT-BH07は全体的に音が軽いという印象です。

【コストパフォーマンス】☆☆☆☆☆

TT-BH07のコストパフォーマンスはとても良いと感じました。音質に関しては良くは無いですが、値段とBluetoothイヤホンであることを考慮すると、十分及第点には達していると思います。音量調整、マイク内臓とBluetoothイヤホンとしての最低限の機能は付いています。接続方法もシンプルで、初めてBluetoothイヤホンを使う方でも簡単に使えます。何より3000円程ととても安価で購入できるため、試しにBluetoothイヤホンを使ってみたいという方にはおすすめです。

【デザイン】☆☆☆☆★

- デザイン ☆☆☆☆★

TT-BH07のデザインは、一言でいえばスタイリッシュといったところでしょうか。コードが薄く伸ばしたような形になっていて、絡まりにくいです。コード自体は短く耳回りもスッキリとした印象のため、イヤホンを着用していても自然に見えます。耳の隙間にフィットさせるためのゴム製のパーツがあるのですが、それに関しては多少見た目の好みが分かれるかもしれません。また、リモコン部分が少し長く、普通に着用していると少し目立ちます。

TT-BH07 maggyar03

- 装着感 ☆☆☆☆★

TT-BH07は耳の隙間にフィットする、ゴム製のパーツがついています。そのため、着用時にずり落ちるようなことが少ないです。また、TT-BH07はネックバンド型のイヤホンですが、コードがとても軽いため首に違和感を生じることなく着用できます。長時間使用していても疲れにくいです。気になる点としては、イヤーピースと耳にかかるゴムのパーツが大きいです。男の私でも両方一番小さいサイズで丁度良かったため、子供や女性にはパーツの大きさが合わない可能性があります。

【機能性】☆☆☆☆★

- TT-BH07は、Bluetoothイヤホンで、マイクが内蔵されているためハンズフリーの通話に対応しています。使用には充電が必要で、1時間強の充電で5時間ほど音楽再生ができます。コードの長さはCDケース一周分くらいです。また、イヤホン部分に磁石が内蔵されていて、使わないときにはまとめてネックレスのようにすることができます。  
- TT-BH07の**遮音性は高い**と言えます。ただ耳に付けるだけでも、足音くらいなら気にならなくなるほどです。音楽を流していれば、電車などよほどうるさい場所でなければ外の音は気になりません。また、耳の隙間にフィットするパーツのおかげでズレも少なくなるため、いつの間にか外の音が漏れてきたということもほとんどありません。

【利用シーン】☆☆☆☆★

TT-BH07を使用する場面としておすすめなのは、スポーツ時です。TT-BH07は耳からずり落ちないように様々な工夫がされているため、よほど激しい動きでもしない限りはしっかり耳にフィットしたまま着用できます。コードも短くほとんど邪魔にならないため、イヤホンを付けているという感覚があまりない状態で自由に動けます。ただ、防水性能はないため汗をかきすぎる場合には注意です。コードの短さからポケットにしまいやすいのも利点です。

【総合評価】☆☆☆★★

TT-BH07 maggyar04

TT-BH07はBluetoothイヤホンの入門用としておすすめです。Bluetoothイヤホンとしての最低限の機能はついていますし、なにより価格が非常に手に取りやすい設定というのが嬉しいです。デザインも男女問わず使えるシンプルなもので、非常にスタイリッシュです。初めてのBluetoothイヤホンには、ぜひ圧倒的なコストパフォーマンスのTT-BH07を検討してみてはいかがでしょうか。

逆にTT-BH07をおすすめできないのは、高音質のイヤホンが欲しいという方です。Bluetoothイヤホンの同価格帯では水準以上の音質ではありますが、やはり有線イヤホンの同価格帯のものと比較すると、お世辞にも良い音質とは言えません。あくまで機能やデザインに期待をして購入することをおすすめします。

前へ
1 / 1
次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
maggyar

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー