Logo家電BOAT
【ATH-CKS550、「SOLID BASS」と書いてある割には…】

目次

こんにちは!Shunsukeと申します。東京の大学生です。日頃は通学時、それに自宅で音楽を聴くのにイヤホンを用いております。激しい運動中にはほとんど用いません。
サークルの関係で、頻繁に合唱曲やその他器楽を聴くのですが、通常のイヤホンだと低音が物足りないなと感じることが多かったんです。そこで、低音が強化されているものを試すことに。今回レビューするのは、audio-technicaのATH-CKS550です!箱には「圧倒的重低音」と記載されており、期待できます。

ATH-CKS550 Shunsuke01

ATH-CKS550 Shunsuke02

【音質】☆☆☆★★

・高域☆☆☆☆★

 低音専門かと思いきや、意外にもしっかり聞こえます。音量面でも不満はありませんし、楽器・女性ボーカルなど種類を問わずクリアな音が聞こえます。「ちゃんと」聞こえるという感じですね。音が平面的に聞こえないのもGOOD。後述しますが、むしろ低音よりも高音のほうがちゃんとしているんじゃないかと思います。

・中域☆☆☆★★

 中音域はいたって普通。よくも悪くもありません。高音域よりは鳴らない印象で、女性ボーカルの曲などを聴くとボーカルばかりが聞こえてきてしまいますね。どうしても埋もれてしまいます。また、中音域は特別クリアに聞こえるわけではなく、少々曇って聞こえます。全体的に中音域がやや捨てられている印象を受けました。

・低域☆☆☆★★

 「SOLID BASS」と銘打っていたATH-CKS550。低音には期待していたのですが、思っていたよりも弱かったというのが正直な感想。ポップソングにしてもオーケストラにしても、「低音がよく聞こえる!」とは思いませんでした。もちろん、世の平均的なイヤホンよりは聞こえるのですが、ここまで低音を売りにしておいて…と思わざるを得ません。

・音の透明感☆☆☆★★

 音の透明感自体は悪くないです。特に高音域では、澄み渡った音声を聴くことができるでしょう。私としてもそこには満足しています。ですが、それでもベースラインはあまりよく聞こえません。単に出力が弱いということなのでしょうね。また、低音域になるほどややぼやけて聞こえるという傾向があります。

【コストパフォーマンス】☆☆★★★

ATH-CKS550は3,000円程度で購入することができます。低音に期待をしていましたが、実際に聞いてみたら「この価格ならこんなもんか」という感じですね。低音をちゃんと強化しているイヤホンは全体的に値段が高い傾向がありますから。音質のことだけを考えると、値段にだいたい即したクオリティであると言えるでしょう。
特別な機能を有しているわけではないことも踏まえると、3,000円あればもう少し満足のいくイヤホンを購入できるはずです。

【デザイン】☆☆☆★★

- デザイン ☆☆★★★

デザインですが、基本的な構造は普通としか言いようがありません。赤と黒を基調とした色使いでしたが、そこは好みが分かれるところでしょう。男性向きなのは確かです。赤と黒っていうのはいかにも男性が好きそうな組み合わせですからね(笑)。

ハウジング(装着部)付近は曲線が多用されており、かっこいい形状です。ただし、後述するようにハウジングがやや大きいので、スマートなデザインを好む方はビミョーだと感じるかもしれません。

ATH-CKS550 Shunsuke03

- 装着感 ☆☆☆☆★

装着感は悪くないです。結構耳にフィットしています。私は歩いているときに使用することが多いですが、全く問題ありません。
長時間装着していてもあまり疲労しません。極端に気密性が高いわけではありませんね。ただし、装着部がそこそこ大きい構造になっているため、人によっては気になる可能性大。これは人により、あるいは目的により評価が分かれるところです。運動中に使用する人は要注意です。

【機能性】☆☆★★★

ATH-CKS550に、特別な機能は何も付いていません。Bluetoothも非対応です。単純にコードがあって、出力部があって、というだけの構造です。シンプルなイヤホンを求める方にとっては問題ないと思います。しかし、リモコンやマイクなどの機能付きのイヤホンを使った経験のある人にとっては寂しい感じがするでしょう。良くも悪くも、最低限のものしか備えていないということですね。
遮音性ですが、「ほどよい」という感じです。遮音性は、一般的に高いほど良いとされますが、高すぎると逆に(周囲の音が聞こえず)危ないので。特に通勤・通学での使用を検討している方には適しています。車両の音、人の声、どれもちょうど良い感じに聞こえます。一方、(特にシンバルの音などは)音漏れに少し気を使う必要があります。

【利用シーン】☆☆☆☆★

程よい遮音性を有しているため、外出中でも問題なく使用できます。私は自宅および外出中に用いていますが、大きな不便は感じません。注意点としては、外出中に音量を大きくした時の音漏れと、装着部の大きさです。特に装着部が大きいので、ランニング等で用いる方は一度試着してから用いることを強くお勧めします。

【総合評価】☆☆★★★

ATH-CKS550 Shunsuke04

「SOLID BASS」ということで、低音の強さを売りにしているATH-CKS550。実は、2つのマグネットを向かい合わせて…といった工夫がなされているんです。しかし実際に聞いてみると、なんだか物足りない感じでした。もっと聞こえてほしい!という気持ちばかり残ります。低音を売りにしていただけに残念です。
3,000円程度という値段にふさわしい質。低音にこだわらない人であれば特に問題を感じないのではないでしょうか。でも、特別な機能が何も付いていないのはやはり不満が残ります。私の場合歩きながら音楽を聴くこともあるので、せめて再生・停止ボタンは欲しかったです。
ほかにちゃんと探せば同価格帯でもう少し使いやすいものを得られる可能性が高いです。

前へ
1 / 1
次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
Shunsuke

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー