Logo家電BOAT
【お手頃価格ながらしっかりとした音質を保証 audio-technica CKR50】

目次

こんにちは、音楽大好きサラリーマンのKTです。私は普段は主にエレクトロ系やロック系の洋楽をよく聞き、購入頻度は半年に1個程ですが様々なイヤホンも試しました。
今回は、そんな私が現在使っているイヤホン、audio-technica CKR50について紹介させて頂きます。CKR50はカナル型・密閉タイプのイヤホンです。カラーバリュエーションはブラック・ブルー・シャンパンゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドの5種類。スピーカーはダイナミック型であり低音が得意なタイプですが、新型ドライバーを搭載して中高域のサウンドも追及したイヤホンとなっています。

audio-technica CKR50 KT toshi.kt6901

【音質】☆☆☆★★

・高域☆★★★★

 CKR50は他の低価格帯イヤホンと同じように、ダイナミック型と呼ばれるスピーカーを内蔵しており、高音域の再現は苦手なようです。実際に音楽を聴いていても、低音~中音域が前面に出てきますので、高音域の抜けはイマイチです。どちらかというと潰れてシャリシャリしているような音になっています。

・中域☆☆☆☆★

 私がこのイヤホンで一番驚いたのが、中音域の抜けの良さです。楽器でいうとボーカルやギター・シンセのリードサウンドがこのあたりに属しますが、CKR50はこの価格帯のイヤホンでは中音域のクリアさ・音抜けの良さはかなり優れていると感じます。この音域の抜けの良さのおかげで、高音域の薄さがあまり気にならないと感じます。

・低域☆☆☆★★

 やさしくクリアな低音域を表現してくれます。低質なイヤホンであると低音をやたらと強調し、中~高音域の抜けを犠牲にしている場合がありますが、CKR50ではそういった事がないので安心出来ます。ダンスミュージックが好きな方でしたら、クリアな4つ打ちビートを楽しんで貰えるのではないでしょうか。

・音の透明感☆☆☆★★

 私はロックからダンス系まで幅広くリスニングしますが、音の塊がパワフルに響く印象です。低~中音域が強いイヤホンですので、特にギターやシンセのリードサウンドがクリアであり、またドラムの各セクションの音もしっかりと届けてくれます。音の透明感はどうしてもヘッドホンには劣りますが、中価格帯イヤホンとしては充分満足出来る音質だと思われます。

【コストパフォーマンス】☆☆☆☆☆

CRK50の価格は¥4,000程度と、イヤホンとしては低価格~中価格帯に属します。その点を考えると、充分コストパフォーマンスに優れていると感じます。
低価格帯のイヤホンの場合、低音強調や高音強調などの極端な特性を売り出しているものが多いですが、そういったイヤホンを実際にリスニングしているとどうしても不自然さが拭えないものが多いように感じます。その点CKR50は非常にバランスが良い音であり、特に中音域に関しては同価格帯トップクラスではないかと思います。

【デザイン】☆☆☆★★

・デザイン ☆☆☆★★

カラーは全部で5色ありますが、どれも少しマット加工されたメタリックカラーといった見た目です。近くで見れば光を反射して輝いて見えますが、他人から見た場合に特別のラグジュアリー感はないと思います。コードも黒なのでどちらかというと武骨なデザインのイヤホンだと思います。可愛い系が好きな人には物足りないかもしれません。

audio-technica CKR50 KT toshi.kt6902

・装着感 ☆☆☆☆☆

カナル型イヤホンであり、イヤーピースも4サイズ付属されていますので、耳にはめれば多少動くぐらいでは取れません。もちろんコードを引っかけて引っ張られたりすれば耳から落ちてしまいます。スピーカーサイズが少々大きいので最初は気になるかもしれませんが、重さを感じる程ではないので慣れれば問題ないですし、逆にちょうど良い重量なので耳にしっかりはまってくれる気もします。

【オリジナリティ】☆☆★★★

CKR50は新開発のドライバーを導入しているとの事であり、実際にリスニングしていると同価格帯のイヤホンの中では高品質の部類にあたります。しかしメーカーが謳っている「原音再生」「高解像度」「高レスポンス」を鵜呑みにして期待しすぎると、「意外と普通じゃん」となってしまうかもしれません。あくまで高価格帯イヤホンに少し追いついた、程度の認識でいて下さい。
またデザインは平凡であり付帯機能も特別ありませんので、オリジナリティは特に感じるイヤホンではないです。

【機能性】☆☆☆☆★

マイクやBluetoothには対応しておらず、イヤホンとして音を聞く事のみに使用出来ます。一方で、密閉型のイヤホンなので遮音性には優れています。私は通勤電車である程度の音量で音楽を聴いており、たまにふとイヤホンを外して「音が漏れてないかな?」と確認をしますが、全く問題がありません。この遮音性には大満足です。

【利用シーン】

私の場合、主に通勤電車の中で使っています。カナル型イヤホンなので手や荷物に引っかけなければ耳から落ちませんし、遮音性にも優れている為音漏れも気になりません。
ただ、たまに寝ながら音楽を聴く事もありますが、CKR50はスピーカー部分が出っ張っているので、横になると耳が圧迫されて痛いです(笑)その点だけはお気を付け下さい。

【ジャンル】

このイヤホンは中音域に特徴があるタイプですので、ロックやポップス等の歌モノに最適です。中音域の音というと、ボーカルやギター・シンセのリードサウンドが該当します。そういった面で、歌モノであれば歌声がしっかり抜けてくれますし、シンセリードでサビメロディを奏でるEDM系にもおすすめです。一番メインのメロディが前面に出てクリアに届く点は非常に心地が良いと思います。

【総合評価】☆☆☆☆★

audio-technica CKR50 KT toshi.kt6903

もし「音質にはこだわりたいけど、そこまでお金を出したくもない」と悩んでいる音楽リスナーの方がいらっしゃいましたら、このCKR50は丁度良いイヤホンだと思います。もっと高価で高品質なイヤホンもありますし、逆に音質を一切気にしないのであれば100均にもイヤホンがあります。
もし音質と価格の妥協点を探しているのであれば私はCKR50をお勧めします。音に特別強いこだわりがないのであれば充分に満足が出来る、同価格帯屈指の品質であると自信を持って言えるようなイヤホンであると思います。

前へ
1 / 1
次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
KT

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー