Logo家電BOAT
【Beats by Dr.Dre(Beats)のBeatsXイヤホン徹底レビュー】

目次

 はじめまして。Kenji73と申します。今回はBeats by Dr.Dre(Beats)のBluetoothイヤホン、BeatsXについて徹底レビューしたいと思います。

BeatsX Kenji7301

BeatsX Kenji7302

↑開けるとこのような感じ。カラーバリエーションはブラック、グレイ、ホワイト、ブルーの合計4種類です。今回レビューさせて頂くのはブラックのイヤホンです。
BeatsですがAppleに買収されている事もあり、イヤホンの箱はApple製品をイメージするようなシンプルで高級感の感じるデザインになっています。梱包物はイヤホン本体、4つのサイズのイヤーチップ、ウインドチップ、イヤホンケース、充電ケーブル、説明書となります。イヤホンケースも上質な感じでカッコいいです。

【仕様】

ワイヤレス対応:Bluetooth

連続使用再生:最大8時間

重量:20g

形式:密封型(カナル型)

色:ブラック、グレイ、ホワイト、ブルーの4色

梱包物:イヤホン本体、4つのサイズのイヤーチップ、ウインドチップ、イヤホンケース、充電ケーブル、説明書

【音質】☆☆☆☆★

音質全体のイメージとしては、低音重視でクリアなサウンドです。普段は縁の下の力持ち的な存在のベースやドラムですが、BeatsXで聴くと低音がガンガンと響いてきます。
重低音サウンドが好きな方にはぴったりかと思います。

・高域☆☆★★★

Beatsサウンドの特徴が低音重視という事もあり、高音に関しては少し目立たないように感じます。ただ音自体はクリアには聞こえるので普通に音楽を楽しむ人のレベルでは特に問題はないかと思います。

・中域☆☆☆★★

 高音と同じくBeatsサウンドの特徴が低音重視のクリアサウンドという事も有り感覚的には少し目立たないように感じますが、普通に音楽を楽しむレベルであれば特に問題はないかと思います。

・低域☆☆☆☆☆

 音質の評価にも書いたとおり、低音重視なので重低音サウンドが好みの方には好きな音かと思います。特にベースの音がかなり響いてきます。私はヒップホップが好きでよく聴きますが低音重視のサウンドと相性は抜群です。

BeatsX Kenji7303

BeatsX Kenji7304

【装着感】☆☆☆☆★

↑装着するとこのような感じ。同梱物に4種類のイヤーチップがあるので、自分の耳に最もフィットするイヤーチップを選ぶ事ができます。イヤーチップを固定するウインドチップも付属されていますのでフィット感を重視するのであれば使用するといいかと思います。またケーブルが首の後ろにフィットするように緩やかなカーブがされている事からイヤーチップ自体に重量的な負荷が少ないので、イヤーチップの固定(装着感)に良い影響を与えているかと思います。私自身BeatXを半年程度使用していますが、通勤途中や軽い運動中にポロッとイヤホンが外れるというようなケースは今のところありません。

【コストパフォーマンス】☆☆☆★★

 BeatsXは14800円(税別)ですので、数千円でイヤホンが買える状況からすると高いと
感じる人も多いかと思いますが、いい音で音楽を楽しみたいという人であればこの価格は決して高くはないかと思います。アイフォンの付属イヤホンや数千円のイヤホンとは全く音が違いますので一度家電量販店などでBeatsXの音を視聴して感じてもらいたいと思います。

【表現力】☆☆☆☆★

以前はアイフォン付属のイヤホンを使用していましたが、BeatsXに変えて音のレベルが圧倒的に違っていて驚きました。特に重低音の違いは歴然で、感覚としては心臓に響いてくるような感じです。
 

【透明感】☆☆☆★★

 透明感に関しては平均的かと思います。アイフォン付属のイヤホンや数千円のイヤホンと比較するとそれらよりは上かと思います。

【オリジナリティ】☆☆☆☆★

 BeatsはAppleに買収されている事もあり、アイフォンおよびMac製品との相性は非常に良いです。例えばBluetoothのペアリング設定も非常に簡単で、イヤホン本体とアイフォンの本体のBluetoothを設定ONにして、あとはアイフォンの画面にでる設定ボタンを1回押すだけです。機械音痴で心配な方も安心して設定できます。
またイヤホンの充電もアイフォンのライトニングケーブルと同じなので共用して使う事もできます。

【機能性】☆☆☆☆★

Bluetooth機能はあります。

充電に関しては45分の充電で最大8時間使用することができます。5分の充電でも2時間の連続再生ができます。カナル型のイヤホンという事で、耳にフィットしている事もあり音の遮蔽性は良いと思います。これまで半年程度通勤時に使用していますが、音漏れが原因で嫌な顔をされたりなどの経験は今のところありません。音量最大MAXの大音量で聴くとなると音漏れもあるかと思いますが、一般的に音楽を聴くレベルの音量であれば音漏れの心配はないかと思います。

【利用シーン】

私はウォーキングなど軽いスポーツの時、毎日の通勤時に使用しています。スポーツウェアとBeatsXのデザインは相性ばっちりでカッコいいです。また通勤時のスーツでもシンプルなデザインという事でスーツにも合いますし、カバンにアイフォンをいれてBluetoothイヤホンで聴けばケーブルが絡まる事も無くスマートに使えます。

BeatsX Kenji7305

【総合】☆☆☆☆★

 アイフォンを持っていて、Bluetoothイヤホンに興味があるけど設定などができるか心配な方や、ヘッドホンまでは要らないけど少し上質の音を楽しみたいという方には、BeatsXをお勧めします。レビューのなかにもありますがアイフォンを含むMac製品との相性は抜群です。私はBeatsXを使いはじめて半年ですが、大変満足をして使っています。

前へ
1 / 1
次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
Kenji73

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー