Logo家電BOAT
おすすめの小型スピーカー13選 超小型から高音質の機種までご紹介!

目次

はじめに

スマホやパソコンが、多くの方々に普及している昨今、音楽のネットアプリも数多く供給されており、"ながら音楽"で生活を楽しみたい方も多くおられると思います。時にはアウトドアで簡単にスピーカーを
設置して、音楽を流したいなどのニーズがでてきています。

そのニーズに応えるのが、簡易で小型のスピーカー!小型といえども侮れない音質や機能が登場しています。イヤホンで音楽を聴くのと比べて耳が疲れないし、あなたのお気に入りの音楽を長時間快適に楽しむ事ができるようになりました。

最近の小型スピーカーは、小さなボディでも音質・機能ともに優れています。重低音の迫力の要望にも対応できるし、防水製品もあります。

小型スピーカー

本編では、いろいろな機能を持つ小型スピーカーにも触れながら、デザイン性にも優れた1品を含めて、ご紹介します。据え置きタイプはもちろん、持ち運びに便利なタイプの製品もピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

小型スピーカー どんな時に便利?

便利なケース① 持ち運び便利

小型でどんな場面でも持ち運び出来て便利です。ライフスタイルに合わせた小型スピーカーの使用方法で室内外で楽しむことができます。

便利なケース② 難聴にならない

イヤホンで音楽をずっと聴いていると人によっては難聴になる危険性があります。 小型スピーカーは、イヤホンと比べて耳が痛くならないのです。便利というよりも健康のためにもできれば、オープンスピーカーの方がいいですね。

小型スピーカー

便利なケース③ 臨場感を味わえる

小型スピーカにもステレオ機能があるものがあります。 音の立体感を感じることができ、こんな小さなボディからも、とても臨場感溢れる音楽を聞くことができるようになりました。

便利なケース④ TPOに応じて使える

iPhoneやスマホにつないでインスタントステレオなど、TPOに応じて使えます。
防水タイプもあり、雨に濡れても影響を受けないタイプなども出てきています。

小型スピーカー

便利なケース⑤ コストパフォーマンスが高い

一人暮らしの方で、引越ししたり新規にアパートを借りて新生活をスタートする人も多くおられますね。そんな方々には電化製品を揃えるだけでも大変です。 小型スピーカならそんなに場所の取らないし、コストパフォーマンスもいいですね。数百円から数千円で購入できる小型スピーカもあります.

小型スピーカー

これから、小型スピーカーのオススメの最新版をお届けします。目的や趣味趣向に応じたセグメントで13アイテムを選択してみました。

もちろん、記述する以外にも製品はありますので、選択の参考にしてください。 手のひらサイズのコンパクトな小型スピーカー、防水タイプ、ちょっと音にうるさい人向けに、音の立体感を楽しみたい方、スピーカもお部屋を飾るオブジェとしてデザインも大事という方など、色々ニーズがあるかと思います。

それぞれに長所短所はありますが、なにせ小型でどこにでも置けるし、コストパフォーマンスがとてもいいので、是非ともライフスタイルに合わせたあなたの小型スピーカーをご一考下さい。生活が明るく楽しくなると思います。

選ぶポイント!

重低音重視で選んでみる!

迫力サウンドが好み方には、なんといっても重低音重視の小型スピーカー、小型だからと侮ってはいけません。パッシブラジエーターと呼ばれる方式のユニットを搭載していて、重低音をバッチリサウンド!大きくなればなるほど重低音の迫力は増しますが、このコンパクトボディでも十分なサウンドを楽しむことができます。

バッシブラジェーターとは

パッシブラジエーターとは、スピーカーユニットから電磁気回路を取り除いたもので、スピーカー筐体内の空気振動を利用して動作させるスピーカーユニットのことをいいます。簡単にいうと「空気振動を利用してスピーカー振動させる仕組み」低音域の増幅・補強を行うことで迫力のある重低音を出すことができる。

入力方法で選んでみる!

このタイプは、"有線無線"でスピーカーに接続できるタイプです。スピーカーからのアウトプットに配線をする必要がないのでアウトドアに向いています。本体側(スマフォやパソコン)がBluetoothに対応している機種であれば、ワイヤレスでサウンドを飛ばしてくれます。

煩わしいケーブルが必要なくなるので部屋の中はもちろん外に持ち出してもオーケー簡単に設置できます。Bluetoothで繋ぐと若干音質が劣るケースがありますが、そんなには気になりません。音にうるさい方はケーブルで繋いでください。

バッテリー駆動タイプで選んでみる!

アウトドア派にとっては、小型スピーカーを外に持っていく時に気になるのは、バッテリーの持続時間です。現在では10時間~16時間持続するバッテリーも出ています。自宅で充分充電してから出かけましょう。 商品のウエアブル化が進む中でスマフォやPCに次いで、スピーカーもいよいよ携帯するツールになってきましたね。

次のページ : おすすめの小型スピーカー13選!
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
川上 一成
私は、現在香港でマーケティングなどのアドバイザリーをしています。職業柄、色々な商品について掘り下げてチェックしています。
履歴 20代 商社にて営業企画 30代 マーケティング及び情報処理関連の業務後、マイクロソフト ウインドウズとインターネットの普及でビジネス情報サイトを構築 40代 ビジネスインキュべーション会社を設立 各大手会社や投資家 起業家のセッティングする業務に従事 50代 海外にてプロジェクトファイナンス会社のディレクターとして、投資家として多くの事業アイテムをマーケティングの観点から検証

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー