Logo家電BOAT
ダイソン DC35の口コミやバッテリー、DC45やDC62との違いを徹底解説!

目次

ダイソンDC35について

ダイソンのモデル⎾DC35⏌は、一口で言うとダイソンの掃除機は高価だと言う評判を
覆すべく投入されたモデルですが、掃除機に重要視される性能は<デジタルモーターV2>と<サイクロン技術>が採用されて
いるので、吸引力は強力であり、⎾DC45⏌や⎾DC62⏌と標準モード時のWA殆ど変わらず、フローリングやカーペットを掃除
するには、全く問題なく、僅かにMAXモードで使用した時にDC62の吸引力が強い程度です。
ダイソンのDC35は予算を余りかけずに強力な掃除機を求める方にお勧めです。

ダイソン DC35の特徴

特徴① テクノロジー

ダイソンのDC35に限らずダイソンの掃除機は、長年の経験と実験の積み重ねから、
使用者の利便性を追求し他のメーカにはない人間工学的な側面を考慮して開発されており、独自のテクノロジーを基にコードレスクリナーを提供しております。

ダイソンのテクノロジーは、大きく分けて、2つに分別されます。

ダイソンデジタルモーター

一般的に使用されている、エネルギー効率の悪いカーボンブラシは使われておらず、
強力なネオジム磁石を採用しているので、エネルギー効率が80%以上と高くなっており、
強力なネオジム磁石を採用した事により、通常のモーターの3倍、毎分約11万回転の高速回転をしており、この高速回転が安定して掃除機の性能を引き出しております。

高速回転のデジタルモータが強力な吸引力を生み出し、ヘッドを交換する事により、
カーペットや布団の内部のゴミや粉塵を吸い出します。

6つのサイクロン

DC35に限らずダイソンの掃除機は吸引力が他のメーカに比較して強力なのはデジタルモーターと共に、独自に開発されたサイクロン方式です。

円錐形の6つのサイクロンからなり、この円錐形のサイクロンが従来の円柱状の筒ではなしえなかった遠心力が強力になります。

サイクロンで小麦粉のようなパウダー状の微細なゴミでも吸引するので、掃除の2度手間を省け、掃除に割く時間は劇的に減少出来ます。

又、強力な吸引力と同時にゴミの分離能力が優れているのでフイルターの目詰まりがし難くなり、急激な吸引力の低下は起きないので煩雑なフイルター手入れが少なくて済みます!

特徴② 充実したオプション

DC35は、あらゆる場所の掃除を想定した、オプションの掃除キットが充実しています。

オプションで便利なものは、例えば、壁掛け収納スタンド、ハンデイクリナーセット、延長ロングパイプ等を常備品として持てば、日常の掃除には問題ありませんね。

勿論、その他、フトンツール等様々なオプションの専用ツールがありますので、購入の際はそちらも参考して下さい。

特徴③ コードレス

ダイソンDC35の最大の特徴は何と言っても、コードレスであり、ブラシヘッドの動作にかなりの柔軟性がある事ですね。

ダイソン DC35

ダイソン DC35のメリット

DC35のメリット① 抜群の価格性能比

ダイソンDC35のメリットを一口で言うと価格性能比が抜群に良い事です。
コードレスタイプの掃除機は色々発売されておりますが、性能の割には価格が安価
である事ですね!
従来のコードレスクリナーは安価であるが、今一吸引力が足りない、このような
経験をした方なら、ダイソンのDC35はお得感があります。

DC35のメリット② 電池切れがわかりやすい

2-1ダイソンDC35は電池切の時は徐々に吸い込む力が弱くなる事はなく、電池切れの時、ピタッと止まる、逆に考えると充電してからの稼働時間が短いとも言えますが、判り易いのが良いですね。

DC35のメリット③ 稼働のON OFF

稼働中に始動のスイッチから手を放すとすぐに止まり、これも便利な機能です。

DC35のメリット④ ブラシの柔軟性

ブラシの柔軟性が良く使い易いです。

DC35のメリット⑤ 透明なゴミ収納ポット

掃除機のゴミ収納ポットが透明なので、使用状態の目安が付きやすく、又取り
外し方法も簡単なので、絶えず清潔な状態を保てます。

DC35のメリット⑥ コンパクトで高いデザイン性

比較的軽量なので収納スタンドや、壁掛けキットを使うと小スペースで、
収納場所に困りません。

これは掃除機の格納には、デザイン性も良いのでかなり便利ですよ。

ダイソン DC35

次のページ : ダイソン DC35のデメリット
前へ
1 / 4次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
Ujike Keisuke

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー