Logo家電BOAT
たこ焼き器の洗い方と焦げの取り方を解説!電気式とガスでは違う?

目次

たこ焼き器の洗い方について

たこ焼き器は関西の家庭に必ずあるものと位置づけられるほどたこ焼きもパーティーや食事でも使える食べものとしてメジャーな位置づけとなってきました。作って食べた後、片付けるのが面倒だと思うことも多く、意外にたこ焼き器の後片付け方法を知らないことがあります。

たこ焼き器は洗い方・手入れをきちんと行わないと、たこ焼きの生地がこびりつく原因となります。たこ焼き器の種類には取外し不可のプレート、取外し可能でもガス式・電気式とあります。この記事では、そういったたこ焼き後の後片付けも楽になる洗い方をご紹介します。

着脱式のたこ焼き器のベタベタ油も取れる洗い方

たこ焼き器 洗い方

テフロン加工たこ焼き器

手順①

テフロン加工たこ焼き器の洗い方はぬるま湯の中に少量の食器用洗剤をいれます。その中にカスなどの汚れを拭き取ったたこ焼き器をいれます。つけ置きすることで付着した汚れを洗い流しやすくします。つけ置き時間は汚れに応じ、汚れがひどい場合はつけ置き時間を長めにします。

手順②

汚れが落ちやすくなったら柔らかめのスポンジで洗い流します。テフロン加工のたこ焼き器はテフロンが剥がれやすくならないよう注意が必要です。洗い流した後は水滴が残らないようふきんで拭き取ります。

鉄製のたこ焼き器

手順①

鉄製のたこ焼き器の洗い方については洗剤類を使用できません。次回使用時に機器についた油分がなくなりたこ焼きを焼くときにこびりつく原因となるからです。まずはキッチンペーパーで汚れやカスをきれいに拭き取ります。

手順②

ぬるま湯で機器本体をスポンジで拭き洗い流していきます。
洗い終わった後は水滴を取り除くため空焚きをし水分を飛ばします。水分がなくなれば最後にサラダ油をプレートの穴にうすく塗り込みます。そのあと本体を新聞紙に包みこんで保管するようにします。

非着脱式のたこ焼き器のベタベタ油も取れる洗い方

フッ素加工・鉄加工のたこ焼き器があります。種類によって手入れの仕方も若干違ってきますのでぜひ機器の種類ごとに洗い方を確認ください。

(準備する物)水・キッチンペーパー・サラダ油

手順①

たこ焼き器の電源を切り機器全体を冷まします

手順②

冷ました後、たこ焼き器についたカスを取り除きます。取り除いた後はたこ焼きを焼く丸穴に半分位水をいれ沸騰させます

手順③

沸騰後、少し冷まし作業ができる状態になった後、プレートについた汚れをキッチンペーパーで拭き取ります。汚れが浮いてこれをきれいに拭き取ることがポイントになります。これを何度か繰り返していくと汚れをとることができます

手順④

きれいに汚れ、水をすべて拭き取れば完了です。

鉄板を長持ちさせる方法として鉄加工のたこ焼き器は最後に穴の部分にサラダ油を塗り込んでおくのがコツです。

次のページ : 電気式・ガス式のたこ焼き器で洗い方は違う?
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
雅 草
セールスコピーライター
クライアント様の商品やサービスを「文字」で魅力的を伝えるセールスコピーを書く仕事をしています。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー