タイのコンセントに変圧器は必要か解説!プラグのタイプや形状は?

目次

タイのコンセントと変圧器について解説します

タイといえば、ワット・ポー(寺院)やワット・プラケオ(王宮)、そしてアユタヤの遺跡巡りや美味しいタイフードなど、観光もグルメも楽しめる魅力的な国。

タイへの旅行や出張の際、気をつけておきたいことは電圧コンセント事情です。

日本から持ち込んだ電化製品の使用や、携帯電話やデジカメなどの充電ができるか心配ですよね?

今回の記事では、タイのコンセントに変圧器が必要かについて解説したいと思います。

また、タイでの変圧器の購入から、おすすめの変圧器についてもご紹介いたします。

タイの電圧・周波数・コンセントプラグの形状やタイプは?

電圧

タイの電圧は220V(ボルト)です。

日本の電圧は100Vなので、日本の100V規格の電化製品を使用するには変圧器が必要です。

周波数

タイの周波数は50Hz(ヘルツ)です。

日本の周波数は、富士川(静岡県)と糸魚川(新潟県)を境に、東エリアは50Hz、西エリアが60Hzとなっています。

東エリアで使用している電化製品の周波数はタイと同じなので問題はありません。しかし、西エリアで使用している電化製品で、「周波数が60Hz」と定められている」ものは、タイで使用すると不具合を生じる恐れがあります。

例えば、消費電力の大きい冷蔵庫、炊飯器、扇風機、エアコン、掃除機、洗濯機、電子レンジなどです。

参考元:MEGA EGG

コンセントプラグの形状とタイプ

タイのコンセントプラグの形状は、Aタイプ、Bタイプ、B3タイプ、BFタイプ、Cタイプの計5種類があります。

一般的には、日本のコンセントと同じ形状の「Aタイプ」が主流です。歴史あるホテルではBタイプやCタイプもみられるそうです。

Bタイプは、2本の丸いピン状のコンセントプラグで、ピンの太さは5mmです。

B3タイプは、3本の丸いピン状のコンセントプラグで、BFタイプは、3本の四角い棒状のコンセントプラグです。

Cタイプは、Bタイプと同じく2本の丸いピン状のコンセントプラグですが、ピンの太さは4mmです。

日本のコンセントはAタイプなので、そのまま使える場合もあれば、変換プラグが必要な場合もあります。

したがって、タイでは、どのプラグ形状でも使用できるマルチ変換プラグを持っていかれることをおすすめします。

参考元:ビックカメラ.comエアトリTravelers Cafe World Gallery

変圧器タイ

タイのコンセントの電圧に合うか持っていく家電を確認しよう

電圧はどういう表記で載っている?

電圧は、お手持ちの電化製品の本体やアダプター、電源の裏側、もしくは取扱説明書に記載されています。

例えば、「INPUT:◯◯V」もしくは「入力電圧:◯◯V」といった記載です。

電圧が100V-240Vと書いてある場合は、240Vの電圧までの利用が可能ということなので、「220V」のタイでは使用できます。

日本製の電化製品は、基本的に日本国内での使用を前提に作られているため定格電圧100Vです。

したがって、「100V」としか書いていない製品の場合は変圧器が必要になるのでご注意ください。

タイの電圧に合わない家電はどんなものが?

取扱説明書や本体に記載してある対応電圧を確認し、タイの電圧「220V」に対応していない製品には変圧器が必要です。

100V専用の日本の電化製品をそのまま使用したら、ショートして故障や火災の原因になります。

特に大きな電力を消費するドライヤーやヘアアイロン、ポットなどのキッチン家電などは、電源がショートしたり壊れるといったケースが報告されているのでご注意ください。

ドライヤーはホテルの部屋に備え付けがある場合は、そちらを使用した方がトラブルの心配がなくて安全です。

また、日本から持ち込む際、「海外対応、海外仕様」として販売されている製品であれば変圧器の必要はありません。

参考元:JAL

タイのホテルのフロントでコンセント用に変圧器を借りよう

変圧器タイ

タイのホテルでは、観光客が宿泊するグレードの高いホテルであれば変圧器の貸し出しを無料で行っているところが多いです。

ただし、変圧器の数に限りがあり、現地で借りられないなんてことも…。必要であれば、あらかじめホテルに確認し、予約をしておいた方が安心です。

なお、タイのホテルでは日本と同じAタイプのコンセントが多いのですが、万が一異なるタイプのコンセントだった場合でも、変換アダプターを用意しているホテルが多いので、何かあればフロントに聞いてみましょう。

観光地のホテルでは英語を話せるスタッフがいます。タイ語は書くのも話すのも難しいので、英会話を試されることをおすすめします。

変圧器は英語で「transformer」です。語尾を上げて発音すると通じやすいですよ。ちなみにタイ語では「หม้อแปลง」(モー・プレェング)といいます。

ホテルのフロントに聞いてみましょう!

変圧器を貸してください

英語:May I borrow a transformer?

タイ語:ขอยืม หม้อแปลง หน่อย(コー・ユーム・モー・プレェング・ノイ)

タイ語を覚えてコンセント用の変圧器を買おう

変圧器タイ

変圧器を買うのに必要なタイ語

タイの公用語はタイ語です。

首都バンコクやパタヤなどの中心街では、観光客の多いホテルやレストラン、デパートや百貨店などでは、日本語が通じるスタッフや日本語メニューがあったりするところもあります。

しかし、タイ人は英語にそれほど堪能ではないため、英語は片言レベルだと思っておいた方がよいでしょう。

変圧器は英語で「transformer」です。

タイ語では「หม้อแปลง」(モー・プレェング)といいます。

「変圧器」はありますか?

英語:Is there a transformer in this shop?

タイ語:หม้อแปลง มีไหมคะ(モー・プレェング ミー・マイ カ?)

買い物をする際、タイ語で挨拶すると現地の人に喜ばれますよ!

タイの挨拶は、朝昼晩を問わず同じフレーズを使います。覚えておくと便利です。

おはよう、こんにちは、こんばんは:สวัสดีครับ/ค่ะ(サワッディー・クラップ/カー)

これはいくらですか?:อันนี้เท่าไหร่คะ(アン・ニー・タオ・ライ カ?)

これをください。ขออันนี้ค่ะ(コー・アン・ニー カ)

ありがとう。:ขอบคุณ (コープ・クン)

タイのどこで変圧器は買えるのか

【Power Buy(パワーバイ)】

タイの各地に店舗を展開する家電量販店です。BTSチットロム駅で下車し、スカイウォーク出口より徒歩3分。駅に直結しているので雨に濡れずに買い物が楽しめます。

住所:4, 4/1-4/2, 4/4 Ratchadamri Road, Bangkok

Power Buy公式サイト

【Emporium Department Store(エンポリアム・デパートメント・ストア)】

観光客やバンコク在住者で賑わう高級ショッピングモールで、BTSプロンポン駅に直結しています。3Fに家電製品売り場があります。

住所:622 Sukhumvit 24 Road, Klongtoey, Bangkok 10110
Emporium Department Store公式サイト

【ISETAN(バンコク伊勢丹)】

日本人にはおなじみの百貨店、伊勢丹のバンコク店です。日本語の話せるスタッフが常駐しているので安心して買い物が楽しめます。4階に家電製品売り場があります。チットロム駅またはサイアム駅から徒歩15分。

住所:4/1-4/2 Central World Plaza, Rajdamri Road, Pathumwan, Bangkok 10330

バンコク伊勢丹公式サイト

タイ旅行のための変圧器はダイソーで買える?

タイに対応した変圧器は、ダイソーなどの100円ショップでは取り扱っていません。

タイのコンセントプラグは、Aタイプ、Bタイプ、B3タイプ、BFタイプ、Cタイプで、日本と同じAタイプが主流なので変換プラグの必要はないことが多いですが、エリアや施設によってはBタイプやCタイプがみられるそうです。

不安がある方は、ダイソーでBタイプとCタイプの変換プラグを購入してもよいでしょう。

また、タイのホテルではコンセントの数に限りがあります。デジカメや携帯を同時に充電させたい時に、1箇所のコンセントから延長コードで2口使用できると便利です。

タイの電圧に対応している延長コードもダイソーなどの百円ショップで揃えておくとよいでしょう。

なお、延長コードには変圧機能は付いていないので、海外対応(100V~240V)の機器に使用してください。

タイのコンセントにおすすめ変圧器

GJT 海外旅行用変圧器 海外変換プラグ 降圧 1500W 220V to 100V±10% 2.5A Maxマルチ電源プラグ 対応ヘアドライヤーUK/AU/US/EUマルチコンセント世界通用旅行充電器

100V-240Vの電圧を、日本の電気製品が使用できる100Vに自動変換する変圧器です。タイをはじめ、世界150カ国以上で使用できる変換プラグ付きで約260gとコンパクト。最大消費電力1500Wにつき、ヘアドライヤーや電気ポットなどにも使用可能です。

BESTEK 海外旅行用変圧器 変換プラグ付き 90V-240V to 100V 変換 並行輸入品

90V~240Vを100Vに変換して、タイで日本の家電製品を使用できます。本体の重量は約290gとコンパクトなので持ち運びが楽なのも魅力。許容消費電力は200Wで、ACコンセント3口とUSB4ポート搭載につき、コンセントの数に限りがあるタイのホテルでも、スマホやタブレット、デジカメなどを同時に充電できるので便利です。ただし、スマホに充電する際は別途USBケーブルが必要です。 また、Apple端末(iPhone/iPad/iPod)に充電する際はAppleの付属ケーブルを使用してください。

カシムラ 海外国内用型変圧器 220-240V/1500VA NTI-20

タイに長期滞在の方におすすめの変圧器です。海外の家電製品の日本国内使用と、日本の家電製品の海外使用のどちらもOKなアップ/ダウントランスです。1500Wまでの日本の家電製品が使用できます。ただし、モーターや熱を発する電気製品(ドライヤーやミキサーなど)は初期電流が定格電流の2〜3倍流れるため、3倍を想定した700Wよりも小さいW数の製品の使用をおすすめします。コンセント口がAタイプなので、そのまま使用できる場合と、変換プラグが必要な場合があります。

【コラム】iPhoneは変圧器なしでタイのコンセントで充電できる?

変圧器タイ

携帯電話やデジカメ、パソコンの充電器のほとんどが240Vまでの電圧に対応しています。

そして、iPhoneの純正充電器(Apple 5W USB電源アダプタ)は、「100-240V、50-60Hz対応」なので世界中で使用が可能です。
もちろん、タイでも使用可能です。

なお、日本国内で販売されているiPhoneに付属されている純正充電器は、コンセントプラグの形状がAタイプのため、タイではそのまま差して使用できる場合と、変換プラグが必要な場合があります。

製品本体またはパッケージに「INPUT:100-240V 50-60Hz」と記載があれば対応可能です。

念のため、充電器の裏に記載してある対応電圧には目を通しておきましょう。

無料で充電できるスポット

●ドンムアン国際空港(Don Mueang International Airport)

主にLCCの便が発着する空港です。ターミナル1と2の間の待合スペース南側、ターミナル1付近、出発ゲート付近に、220Vの電源コンセントとUSBコンセント、ワイヤレス充電用の充電場所が設置されています。

●スワンナプーム国際空港(Suvarnabhumi International Airport)

バンコクの玄関口である空港です。無料充電場所が1、2、3、4階の各所に設置されています。

タイで無理に変圧器を使う必要はないかも

短期間の旅行や出張の場合、基本的には変圧器は不要です。ドライヤーは、ホテルに完備されているものを使用するか、「海外対応」の製品を日本から持ち込んで使用されることをおすすめします。

長期滞在の場合、大きな電力を使用する家電製品(例えば炊飯器など)を日本から持ち込んだ場合には、変圧器が必要になります。

変圧器はタイでも購入できますが、もし必要ならば日本から持ち込む事をおすすめします。

タイで購入すると割高になる場合があり、日本で購入した方が種類が多いので色々と選ぶことができます。

また、タイは家電量販店や百貨店があるので、現地で電化製品を調達すれば変圧器を購入しなくて済みます。変換プラグも不要ですし、電圧の関係からも安心して使用できます。

タイのコンセントや変圧器について疑問が残ったら

日本のコンセントは床から近い場所にあることが多いのですが、タイのコンセントは、室内で比較的高い場所に位置しています。これは、タイでは水害が起きるためだからです。

また、タイは1990年以降に新築または改装工事を経た建物は、日本と同じAタイプコンセントが多いそう。

ただし、Aタイプと違う形状のコンセントも存在しますので、やはり「マルチ変換プラグ」があると安心です。

電化製品を使用する際、総消費電力量が変圧器の容量を越えないようにすれば、複数の電化製品を同時に使用することができます。

変圧器をレンタルしたり購入する場合、変圧器の容量を確認し、電化製品の消費電力が見合っているか事前に必ず確認しましょう。

特にドライヤーやヘアアイロン、電気ポットなどは、大きな消費電力を消費するので注意が必要です。

なお、変圧器を使って「たこ足配線」をすることは大変危険なので絶対にしないでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、タイのコンセントプラグの形状は、Aタイプ、Bタイプ、B3タイプ、BFタイプ、Cタイプの計5種類あることがわかりました。

一般的には、日本のコンセントプラグの形状と同じ「Aタイプ」が主流です。

ホテルによってはBタイプやCタイプも混在しているので、そのまま使用できる場合とできない場合があります。

BタイプやCタイプ、またはマルチ変換プラグが必要です。

タイのホテルでは、変換プラグの貸し出しを行うところが多いので、困った時は利用するとよいでしょう。

消費電力の大きいドライヤーなどの電化製品でなければ、基本的には変圧器は必要ありません。

タイの電圧に対応した製品であれば使用できます。

ドライヤーなどは、ホテルに完備されているものを使用するか、「海外対応」の製品を日本から持ち込んで使用されることをおすすめします。

万が一の備えとして、持ち運びに抵抗がなければ日本で変圧器を買って持っていくと安心です。

タイのコンセントに変圧器は必要か知りたい人にとって、この記事が参考になればと思います。

関連リンク

また他にも様々な国のコンセント事情について執筆しています。気になる方はぜひ合わせて読んでみてください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/06/14加筆、修正
2018/07/28関連リンクの更新

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー