ダイソンの扇風機"ホット&クール"の電気代は高い?他家電と比較!

目次

ダイソンの扇風機"ホット&クール"の電気代について

今や、様々な革命的な商品を開発し、世に送り出してきた「ダイソン」
今回はダイソンの扇風機「hot & cool」の紹介と電気代、様々なヒーターとの比較を検証していきます!

ダイソンの扇風機「hot & cool」とは

どのような製品なのか?

ダイソンの扇風機「hot & cool」とは、ヒーターと扇風機の両方を兼ねそろえた画期的な製品です。夏は扇風機として冬は暖房器具として使用できるので、一年中を通して大活躍できる製品です。

ダイソンの扇風機はなぜ人気なのか?

ダイソンの扇風機の特徴は、「羽」がないんです!ですので、お子様が手を触れても危険ではないので、安心して使用できるのが人気です。
また、近年では、空気清浄機機能搭載のモデルも登場しております。
毎日空気を清浄しながら、涼しい風・暖かい風と1台3役使用できるところが人気に拍車をかけています。

ダイソンの扇風機"ホット&クール"の温風(ヒーター)の電気代はどのくらい?

1年を通して使用できる製品だからこそ、光熱費で家計を圧迫してはいけません!ここからは、一番気になる電気代について紹介していきます。

計算方法

まず、消費電力から消費電力量を計算します。
ヒーターの消費電力は1200Wとなります。そこから電力量を割り出します。
1200W(消費電力)÷1000=1.2kWh
となります。

1時間あたりの電気代

先ほど計算した数値から電気代を計算していきます。(平均電気単価を1kWh=27円で計算)
1.2×27=32.4円
これが1時間当たりの電気代となります。
例えば1日平均5時間つけると5倍になりますので162円となり、1か月間だと5,022円となります。
ヒーターはそれなりに電気代がかかることがわかります。。。

ダイソンの扇風機"ホット&クール"の涼風(扇風機)の電気代はどのくらい?

ではここからは、扇風機の電気代を計算していきます!

計算方法

5W(弱の消費電力)÷1000=0.002kWh
44W(強の消費電力)÷1000=0.044kWh
となります。

1時間あたりの電気代

先ほど計算した数値から電気代を計算していきます。(平均電気単価を1kWh=27円で計算)
0.002×27=0.054円(弱の電気代)
0.044×27=1.458円(強の電気代)
これが1時間当たりの電気代の電気代となります。
例えば1日平均5時間つけると5倍になりますので、弱で0.27円、強で7.29円となります。
1カ月だと弱で8.37円、強で225.99円となります。
ヒーターに比べ、電気代がかからないことがわかります!

ダイソンの扇風機"ホット&クール"の電気代と他の家電を徹底比較

では、ここからは、他の電化製品と比べてどちらのほうが電気代がかからないのか、検証していきましょう!

エアコン

エアコンの電気代は畳数(kw数)によって消費電力が異なります。
今回は、6畳タイプで比較していきたいと思います。
まず6畳タイプの消費電力は約590W(冷房時)となりますので、
590W÷1000=0.59kWh
0.59kWh×27=15.9円となります。(1時間当たり)
例えば1日平均5時間つけると5倍になりますので、79.65円となり、1か月で2,469円となります。
ホット&クールの電気代は扇風機の強で1,458円なので、やはりエアコンのほうが、部屋全体を冷やせる分、電気代がかかることがわかります。

従来の扇風機

扇風機の一般的な消費電力は約35Wとなりますので、
35W÷1000=0.035kWh
0.035kWh×27=0.945円となります。(1時間当たり)
例えば1日平均5時間つけると5倍になりますので、4.7円となり、1か月で146.4円となります。
ホット&クールの電気代は扇風機の強で1,458円なので、従来の扇風機のほうが電気代はかからないことがわかります。
安全設計で、手入れもしやすく、風の距離が広く涼しくしてくれる分、電気代がかかりますね。

電気こたつ

こたつの一般的な消費電力は約600Wとなりますので、
600W÷1000=0.6kWh
0.6kWh×27=16.2円となります。(1時間当たり)
例えば、1日平均5時間つけると5倍になりますので、81円となり、1か月で2,511円となります。
ホット&クールの電気代はヒーターで5,022円となりますので、こたつのほうが電気代がかからないことがわかります。

電気カーペット

カーペットの一般的な消費電力は、2畳用で約500W、3畳用で750Wとなりますので、
2畳用 500W÷1000=0.5kWh
    0.5kWh×27=13.5円(1時間当たり)
3畳用 750W÷1000=0.75kWh
    0.75kWh×27=20.25円(1時間当たり)
となります。
例えば、1日平均5時間つけると5倍になりますので、2畳用で67.5円、3畳用で101.25円となり、1か月は2畳用で2092.5円、3畳用で3138.75円となります。
ホット&クールの電気代はヒーターで5,022円となりますので、カーペットのほうが電気代がかからないことがわかります。

電気ストーブ(ハロゲンヒーター)

電気ストーブの一般的な消費電力は、約1000Wとなりますので、
1000W÷1000=1kWh
1kWh×27=27円(1時間当たり)となります。
例えば、1日平均5時間つけると5倍になりますので135円となり、1か月で4185円となります。
ホット&クールの電気代はヒーターで5,022円となりますので、電気ストーブのほうが電気代がかからないことがわかります。

オイルヒーター

オイルヒーターの一般的な消費電力は、約1200Wとなりますので、
1200÷1000=1.2kWh
1.2kWh×27=32.4円となります。
例えば、1日平均5時間つけると5倍になりますので162円となり、1か月で5022円となります。
ホット&クールの電気代はヒーターで5,022円となりますので、同じ電気代となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ホット&クールの電気代は扇風機は安く、ヒーターは高くなっています。しかし、扇風機の風も、ヒーターの風も広く遠くの範囲まで届き、かつ、空気清浄機としても使用でき、非常に安全設計となりますので、製品の価値は非常に高いと感じます!
ヒーターのつけっぱなしは少し注意が必要ですが、あなたの生活ライフを変える、非常に素敵な製品です!
この記事を見て、少しでも参考になってもらえたらと思います!
以上、「ダイソンの扇風機"ホット&クール"の電気代は高い?他家電と比較!」でした。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
ミズウエ ソウタ
主に家電量販店に働いていた経験を活かし家電を紹介できればと思っています。
2018年6月から参加せてもらいました。家電量販店で得た知識を活かせれればと思います。よろしくお願いします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー