Logo家電BOAT
【MDR-XB70BT、驚異の重低音!でもちょっと大きすぎ?】

目次

こんにちは、Shunsukeと申します!都内在住の大学生です。

私は通学時および自宅で音楽を聴くのを主たる目的としてイヤホンを使用します。デバイスはiPhoneやiPadがメイン。サークルの関係で音楽をやっており、器楽や合唱曲を頻繁に聴きます。とはいえ、音楽を「しっかり」鑑賞することは少なく、音質についてはそこまで優れたものを要求しておりません。通学時にも使用するので、リモコンがあるものがいいかなー、とは思っています。
今回レビューするのは、SONYのMDR-XB70BTです。EXTRA BASSシリーズの1つで、ワイヤレスイヤホンとなっております。価格は8,000円程度です。

MDR-XB70BT(SONY) Shunsuke01

MDR-XB70BT(SONY) Shunsuke02

【音質】☆☆☆☆★

・高域☆☆☆★★

 高音域については、「特に何も感じない」というのが正直な感想でした。特別音質が良いということはありませんが、かといって悪さも感じません。後述するように、このイヤホンは低音がものすごく強化されており、そのぶん高音域についてはそこまで力をかけていませんね。低音と比較すると少々平べったい感じはします。

・中域☆☆☆☆★

 音質は平凡です。中音域については、(ある意味当たりまえですが)高音域と低音域の中間のような性質を持っています。高音域と異なりそこまで平面的に聞こえる感じはしません。ただ、低音がよく聞こえるぶんちょっと弱く感じますね。男性ボーカルの曲とかだと、女性ボーカルと比べて音域がベースに近いので、埋もれやすい感じがします。

・低域☆☆☆☆☆

 ビックリです。ここまで低音がよく聞こえるイヤホンは初めてでした(笑)。ライブ会場に巨大なスピーカーがよく置いてあり、そこから聞こえる低音は体全体に響き渡る感じがしますよね。MDR-XB70BTの低音はそれに近いです。かといって耳障りな感じでもないので、ベースラインがちゃんと聞こえて欲しいという人にはたまらないと思います!

・音の透明感☆☆★★★

 ついさっき述べた通り、ベースラインは非常によく聞こえます。ただ、それは「透明感があるから」というよりかは、単に低音が強化されまくっているからですね。音の透明感という観点においては、このイヤホンは中庸な質です。むしろ少々ぼやけ気味な気がします。またワイヤレスイヤホン特有のノイズもあるので、音の透明感は期待しないほうが良いと思いますよ。

【コストパフォーマンス】☆☆☆☆★

当然ながら、コストパフォーマンスは「何を求めるか」によって変化します。ただ、低音の充実を求めてMDR-XB70BTを購入する人にとっては、こんなに満足のいくイヤホンはそうそうありません。8,000円という額は決して安くありませんが、それでも十分満足のいくレベルです。その意味では星5つですね。EXTRA BASSと表示しているだけあります。ただ、低音を重視していない人にとっては「ただのワイヤレスイヤホン」という位置付けになる可能性大です。

【デザイン】☆☆★★★

・デザイン ☆☆★★★

画像をご覧になればわかる通り、MDR-XB70BTは首に引っ掛ける構造をしております。普通のイヤホンを使用している方にとっってはかなり奇異に映ることでしょう。面白いデザインではあるのですが、「良いデザインか」と問われるとなかなかYESと言いにくい面があります。端的にいうと、いろいろ大げさなんですよね。全体としてここまで大きなデザインになってしまうと、「何のためにワイヤレスにしたのか…」という気持ちになってしまうんです。ワイヤレスイヤホンにする目的の一つは、邪魔なパーツを排除したい、という点にありますからね。そして、デザイン上寝転がって使用するのが難しいのも欠点。

MDR-XB70BT(SONY) Shunsuke03

MDR-XB70BT(SONY) Shunsuke04

MDR-XB70BT(SONY) Shunsuke05

・装着感 ☆☆★★★

耳についてのみ述べると、装着感はいたって普通です。そこらへんにあるカナル型のイヤホンと同様と考えてください。ここだけ見ると普通なのですが、首にかける部分の重量が大きいのが気になります。ずっしりしているのでイヤホンが外れる心配はないのですが、快適さが失われてしまっているんです。邪魔に感じることが多い、というのが正直なところ。また重量のせいもあり、長時間の使用は耳に疲労をもたらします。

【オリジナリティ】☆☆☆☆★

MDR-XB70BTは、全体として大げさな構造になっている一方で、低音の強力さは大きな魅力ですからね。結構クセのあるイヤホンです。しっかり低音が聞こえるイヤホンを求める人には向いていますし、シンプルなイヤホンが欲しいという人には向いていません。人を選ぶイヤホンという意味で、オリジナリティは高いと思います。

【機能性】☆☆☆☆★

機能面での不満はありません。MDR-XB70BTにはリモコンがついておりますが、再生・停止ボタンはもちろんのこと音量調節ボタンもあります。またマイクが付属しているので、ハンズフリー通話が可能です。ワイヤレスイヤホンで、Bluetoothを採用しています。充電をする必要があり、充電には2.5時間とそこそこ長い時間を要します。とはいえ連続再生可能時間が9.0時間とのことなので、1日は確実に持続しますね。充電は寝ている間にしておけば問題ありません。

遮音性は中の上といったところでしょうか。機密性に由来するというよりは、低音がしっかり聞こえてくるのが理由でしょうね。小さな物音であればまず気になりません。低音が充実した楽曲を聴くと、周囲の音はほとんどシャットアウトされます。ただし、時と場合によってはそれが危険になる場合ももちろんありますから、注意してください!

【利用シーン】

MDR-XB70BTはワイヤレスイヤホンではあるものの、前述のようにけっこう重量があり、イヤホン自体も大きいデザインです。そのため運動中の使用は不可能なものと思ってください。また首にかけるという性質上、寝転がりながら音楽を聴く際にも使用できません。必然的に、座っている時or立っている時の使用に制限されます。通学時に使用してみましたが、特に問題ありませんでした。

【ジャンル】

せっかくの低音なので、ベースラインがある曲を聴くのをお勧めします。それないとこのイヤホンの最大の長所が生かされませんからね。低音があれば、どんな曲でもOKです。私は試しにポップソング、アニソン、弦楽四重奏、合唱曲を聞きましたが、どれも満足のいく結果となりました。特に弦楽を聴くと、他のイヤホンとは違った味わいになります!

【総合評価】☆☆☆★★

MDR-XB70BT(SONY) Shunsuke06

徹底的に低音が強化されているMDR-XB70BT。初めて聞いた時はビックリしました!本当にライブ会場にいるような重低音です。低音については全く文句なし。…なのですが、デザイン面でどうしても不満がぬぐいきれません。やはり、大げさなデザインなのが納得いかないんですね。もっと軽量でコンパクトなデザインだったら星5つだったのですが…。「なんのためにワイヤレスにしたのか」という気持ちが残る、という意味で惜しいイヤホンです。

前へ
1 / 1
次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
Shunsuke

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

    スポンサー