おすすめ人気のアロマオイルと加湿器!適切な量や使い方も紹介!

目次

加湿器とアロマオイルについて

乾燥する季節に大活躍する家電と言えば加湿器。

最近ではアロマオイルがつかえる商品も登場し、加湿と同時に香りでリラックスもできると大変人気です。

しかしいくら対応の加湿器といっても、どんなアロマオイルでも使えるという訳ではありません。

対応していない商品を使ったり、使用方法など誤ると故障の原因にも…!

今回は加湿器でアロマオイルを使用する際の選び方や注意点、おすすめの商品などをご紹介していきます。

アロマオイルを加湿器に使うことで得られる効果

効果① 癒しの効果

アロマは様々な香りで癒しを与えてくれるものです。

オイルの種類やその効果も豊富なので、ご自分の気分に合わせて楽しめるので世代問わず人気です。

加えて加湿器を利用することにより空気の乾燥も防ぎ、心身共により癒しの効果が高まることを期待できます。

効果② お部屋の芳香としても

アロマオイルを加湿器に使う事で得られるのはリラックス効果だけではありません。

お部屋の芳香剤として使う事も出来ます。

フレグランススプレーにくらべ持続性がありますし、置き型の芳香剤と違いスイッチ一つで消すこともできます。

また芳香剤は一度開封したら使い切るまでその香りしか楽しめませんが、加湿器でしたら毎日別のオイルの香りを楽しむこともできます。

アロマオイルが使える加湿器の種類

スチーム式

加熱式とも呼ばれるタイプで、その名の通りタンクの水を熱で温め蒸発した湯気で加湿させます。

加湿力が最も高いのもこのスチーム式加湿器。

加熱しているため雑菌が繁殖しにくく、お手入れの頻度が少ないのが魅力。

ですが消費電力は高め。また吹き出し口が高温になる商品も多いため火傷には注意が必要です。

アロマオイル専用のスチーム式加湿器は専用トレーが付いているものが殆どです。加熱されると悪臭の原因になりますので、タンク内の水には直接オイルを垂らさないようにしましょう。

気化式

フィルターに含んだ水をファンで気化するタイプの加湿器です。

スチーム式にくらべ加湿力はやや劣るものの、運転音も静かで蒸気もでないため安全性が高いのが良いところ。

しかし水をファンで気化させているので当然ながら吹き出す風は冷風です。そのため、長く使用していると室温を下げてしまう恐れがあります。フィルターのカビの繁殖にも十分に注意が必要です。

アロマオイルを使用する場合は、フィルターにオイルが染み込み変色のおそれがありますので、お水に直接オイルを垂らす方法はおすすめできません。専用のアロマフィルターやスポンジにオイルを染みこませ、ファンで香りを飛ばすものが多いようです。

ハイブリット式

スチーム式と気化式の特徴を併せ持った加湿器です。

二つの利点をいかして加湿力もあり運転音も静か。しかしその分価格も高めで構造も複雑故にお手入れは手間がかかります。

アロマオイルの使用はスチーム式と気化式でもご説明した通り、水に垂らすのはおすすめしません。こちらも専用トレーやアロマケースなどが搭載されているはずですので、説明書をよくご確認の上正しく使用してください。

超音波式

デザイン性が高く、照明として使えるものが多い超音波式加湿器。

超音波振動で水をミスト化して噴出させます。

熱を発しませんので火傷の心配もなく、小さなお子様がいるご家庭でも安心して楽しむことができるのが利点です。

アロマオイルを使用する際、水に直接垂らして利用できるのはこの超音波式加湿器のみになっています。

手軽な上に比較的安価なため、アロマ重視の方にはもっともおすすめしたい加湿器です。

デメリットとしては加湿力はやや低め、雑菌が繁殖しやすいので最低でも週に一回お手入れが必要なところです。

次のページ : どんなアロマオイルなら加湿器に使える?
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 17dd953f 8c8b 4e6c af2c b2da16f31f8d
Written By
mutu mama
小学生の子供を二人持つ主婦です。
2017年下旬からライターとして参加させていただいてます。 主婦目線・母親目線にたった生活感のある記事を書くように心がけています。 実際に使用している家電や、お手入れ方法などの生地はなるべく沢山の画像を付けてわかりやすくお伝えしていきます!

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー