Logo家電BOAT
マイコンジャー炊飯器とは?IH炊飯ジャーとの違いも紹介!

目次

マイコンジャー炊飯器について

最近では様々な炊飯器が販売されておりどのような面で機能や価格に差が出ているのか等、多種多様な炊飯器が沢山あります。

その中でも、炊飯器の加熱方式には、マイコンジャー、IH炊飯ジャー等、大きく分けて2つの方式があります。
では、炊飯ジャーには何故このような2種類の方式があるのでしょうか?

ここでは、特にマイコンジャーとはどのような特徴がある炊飯器なのか等、マイコンジャーのおすすめポイント
また、IH炊飯ジャーとの機能面や価格面の違い等を紹介していきますので
炊飯器を購入する際には、是非参考にして頂ければと思います。

マイコンジャー炊飯器とは?

マイコンジャー炊飯器とは

特徴① 電熱ヒーターで加熱してご飯を炊き上げる炊飯器

マイコンジャー炊飯器とは、鍋底に取り付けてあるヒーターを利用し内釜を加熱してご飯を炊き上げます。

では、何故電熱ヒーターで炊き上げたのにマイコンジャーと呼ぶのでしょうか?
それは、以前の電熱炊飯器では、タイマーによる機能と、半導体制御による保温機能しか持たなかった為、正確な炊飯時間と温度制御が困難でした。
その欠点を克服する為に、試行錯誤した結果、マイコンを取り付けて炊飯を行う炊飯器を開発しました。
マイコンが炊飯時間と温度を管理する事により、炊きムラが制御出来、保温も可能なマイコンジャー炊飯器が誕生しました。

特徴② シンプルな機能な製品が多く、使いやすい

マイコンジャー炊飯器は、やや火力が弱めと言われており、大家族やイベントで使用する等、一度に大量にご飯を炊くにはあまり向いているとは言い難いかもしれません。

ですが、現在のマイコンジャー炊飯器では、性能もかなり向上していますので、3合~5合くらいであれば、問題なく美味しく炊き上がります。また、一般家庭では一度に5合以上炊く機会は少ないと思われますので日常生活では、全く問題なく使用出来る構造になっています。

また、複雑な機能が沢山ついている物より、機能が比較的シンプルな製品が多く初心者の方や、あまり複雑な機能を好まない方には大変おすすめです。

特徴③ 最大のメリットは価格が安いこと

マイコンジャー炊飯器の最大の特徴は、何といっても価格が安いという事です。
比較的新しい製品でも、5000~10000円で購入出来ますし
リーズナブルな価格で機能面もとてもしっかりしていますので
満足度はとても高いといえると思います。

マイコンジャー炊飯器とIH炊飯ジャーの違いは?

マイコンジャー炊飯器とは

違い① 加熱方式によるお米の炊き上がりの違い

マイコンジャー炊飯器が電熱ヒーターで炊飯するのに対し、IH炊飯器は電磁誘導加熱という方式をとっています。
そのため、電磁の動きで一気に加熱する事が出来、高火力で炊き上げられます。そうすると、全体にムラ無く熱を伝えることが出来、お米がふんわりと柔らかく炊き上がります。

違い② 消費電力の違い

一度の炊飯で同じ容量で比較した場合、高温で一気に炊き上げるIH炊飯器に比べると、火力が弱いマイコンジャー炊飯器の方が消費電力は安いといわれています。

違い③ 価格の違い

一番の違いは、やはり製品価格の違いにあります。
IH炊飯器では、比較的安い製品ですと15000円、高い製品ですと30000~50000円位する製品も沢山あります。
一方、マイコンジャー炊飯器ですと比較的新しい製品でも5000円位で購入出来るものが沢山あり、高いといっても10000円位で販売されています。
一人暮らしよう等の単機能製品ですと、3000円位で販売している製品もあります。
コスト面を考えると、マイコンジャー炊飯器の方が優れているといえると思います。

次のページ : マイコンジャー炊飯器のメリット・デメリット
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー