Logo家電BOAT
赤ちゃんにバリカンはいつからOK?おすすめのバリカンや髪型も紹介

目次

赤ちゃんとバリカン

以前はバリカン=坊主というイメージがありましたが、今では男女問わず小学生から大人まで使用しているバリカン。

**アタッチメントも豊富で前髪用やmm単位でのカットが可能なので女の子や女性でも使用している人が多いと思います。

また、ハサミよりも簡単に早くカットができるので使用している人が多いと思いますが、赤ちゃんにはバリカンは使用してもいいのか?と思っている人も多いのではないでしょうか?

赤ちゃんによっては髪の毛がフサフサな子もいれば、なかなか生えてこない子がいるのですが、よく動くためカットが大変ですよね。

また、髪の毛は伸びるのが早いため目にかからないようにしなければいけません。

そのため、ハサミだと時間がかかり赤ちゃんが動くと危険なため、素早くカットができるバリカンの使用を考えている人が多くいます。

ですので今回は、赤ちゃんにバリカンはいつから使っていいのか、赤ちゃんの髪の毛をバリカンできる前に準備するもの、カット方法やバリカンでできる赤ちゃんにおススメの髪型を男の子編と女の子編、おすすめのバリカンなどを紹介します。

赤ちゃんにバリカンはいつから使っていい?

赤ちゃん バリカン おすすめ いつから 髪型 男の子 やり方

赤ちゃんの髪の毛の生え方などが様々なので一概には言えませんが、大体生後10ヶ月頃からバリカンを使用してもいいでしょう。

ですが、生後半年や生後8ヶ月の赤ちゃんにバリカンを使用しているお母さんも居るようですが、生後半年であれば赤ちゃんによってはジッとできない子もいるためバリカンの使用は危険なので控えた方が良いと言えます。

生後半年ほどで髪の毛を切ってあげたい場合は、ハサミの使用がおススメです。

また、周りがバリカンを使用しているからと絶対に使用しないといけないという訳ではないので、赤ちゃんの様子をうかがいながらお母さんのタイミングで使用してくださいね。

また、分かっている事ですが赤ちゃんの首がすわってからにして下さい。

生後10ヶ月頃と言いましたが、赤ちゃんにバリカンを使用するのはお母さんも躊躇ってしまいますよね。

生後10ヶ月はあくまで一般的な目安なので、前髪が目にかかりそうな時や髪の毛が蒸れてあせもがひどくなった時を髪の毛を切るタイミングとしても良いでしょう。

赤ちゃんは汗をかきやすいためあせもになりやすく、頭皮にあせもができてしまう事もあるため、髪の毛が伸びてきた・髪の毛がフサフサ**と感じたのであればバリカンを使っての散髪をオススメします。

また、赤ちゃんはよく動くので、一度に髪の毛を切ろうとせずに少しずつ切るようにし、切った髪の毛が顔や服についてもすぐに取ることができるように浴室で散髪をするといいです。

同じことを言いますが、お母さんが気になった時やタイミングをみてバリカンを使用して下さいね。

赤ちゃんの髪の毛をバリカンで切る前に準備するもの

赤ちゃん バリカン おすすめ いつから 髪型 男の子 やり方

赤ちゃんの髪の毛をバリカンできる前に準備するものは以下のようなものがあります。

  • ベビーチェア
  • コーム
  • ケープ
  • ガーゼ
  • 筆・霧吹き

ベビーチェアは、赤ちゃんを座らせるために使用します。

またコームは髪の毛を梳かすために、ケープは髪の毛が服に付かないようにするためです。

小さい頃、家で髪の毛を切る時に大きいビニール袋を被った事はありませんか?

それと同じでケープと言います。

ですので、ケープがないのであれば家に必ずある大きいビニール袋を使用してもいいです。

とはいえ赤ちゃんはすぐ動いてしまうため、ケープや大きいビニール袋の使用は不安という人は浴室で髪の毛を切るか、赤ちゃんが寝ている間に切るといいでしょう。

ガーゼや筆は、顔についた髪の毛を払うのに使用します。

赤ちゃんの肌はデリケートなため筆でも構いませんが、ガーゼをオススメします。

霧吹きは無くても問題ありません。

次のページ : 赤ちゃんの髪の毛をバリカンを使ってカットするやり方
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー