Logo家電BOAT
モバイルバッテリーの寿命は何年?寿命診断/伸ばす方法や買い替え時期を紹介!

目次

モバイルバッテリーの寿命について

近年スマートフォンやタブレットなどの広まりにより、モバイルバッテリーの必要性もだんだん高まってきており、「いつでも、どこでも充電がしたい」の時代になってきました。

バッテリーの性能だけではなく、様々な機能がついてるモバイルバッテリーも販売されています。もし何年も使っているモバイルバッテリーを買い替えたいときが来たら、この記事の最後におすすめモバイルバッテリーの紹介もしているので、参考にしていただけると嬉しいです。

いま毎日使われているモバイルバッテリーにももちろん寿命があります。寿命を迎えるときはどうしても不便になります。このような不便な状況を避けるため、寿命を判断する方法と寿命を延ばす方法をこの記事では書いていきたいと思います。

モバイルバッテリーの寿命は平均何年?何回使える?

自分が持っているANKERのモバイルバッテリーのカスタマーサポートセンターに問い合わせた結果、使用可能回数の目安は500回との答えが出てきました。

但し、使い方次第でも500回以上使える可能性があります。わたしが持っているANKERのモバイルバッテリーは満タンになったら、充電は勝手にストップし、過充電させない機能があり、いつまでも充電しているという劣化の心配はありません。

ですが、ほかの製品だと、こういう劣化の問題があるかもしれません。満タンになったかどうか、常に注意することで、使える回数が500回以上になる可能性があります。

寿命は平均何年とは言い切れませんが、使い方や頻度や使用環境によって、大体1年半後から充電性能が落ち始めます。

もしバッテリーが空の状態で長時間放置するという習慣があったら、もちろんバッテリーはダメージを受け、使える年数が減ります。すでに充電であつくなっているバッテリーをそのまま放置したら、劣化になり、使える年数も減ります。

毎日モバイルバッテリーでスマートフォンやタブレットをフル充電をさせるか、週一回の充電をするか。頻度によって、平均年数も充電回数も変わります。正しい使いかたの習慣を調整し、モバイルバッテリーを長持ちさせましょう。

モバイルバッテリーの寿命や買い替え時期を判断するサインは?

サイン①スマートフォンやタブレットを充電するのに時間がかかる

大体の機種は充電を始めから1年半後性能が落ち始めます。充電と放電の行為を繰り返していくと、必ず時間の経過により、性能は低下していきます。残念ですが、これは避けられないことです。

充電に時間がかかることに関して、注意すべきポイントがあります。それは持っているモバイルバッテリーのアンペア(Ampere)です。普通はUSBの端子のところに記載されいます。アンペアと言うのは、流せる電流の量を表し、数字が大きくなると、流せる電流量も多くなります。

モバイルバッテリー

2.0Aのモバイルバッテリーは1.0Aより充電が速く、充電の時間が速いはずです。もし、いまお使いのモバイルバッテリーの充電時間がアンペアが大きいのにかかりすぎだと感じたら、買い替えを検討してみて下さい。

サイン②モバイルバッテリーが膨らんで来た

これは非常に危険な状態です、爆発や発火の可能性があります。このサインがあったら、すぐにでもモバイルバッテリーの処分を行ってください。

モバイルバッテリーは、一般的にリチウムイオン電池という電池が使われています。リチウムイオン電池が劣化し始めたら、本体の膨張が引き起こされてきます。膨張したモバイルバッテリーが爆発し、身の危険に晒されたというニュース近年少なくなく、膨張が出ている場合には速やかにメーカーや回収業者に連絡したほうがおすすめです。

サイン③劣化に伴う異変の発生

寿命が近づくサインは、劣化に伴って、実はたくさんあります。例えば、勝手にシャットダウンをする。勝手に再起動をする。充電出来る回数が減る。電池の消耗が速くなった。などが、典型的なモバイルバッテリーの劣化の症状ですね。

以上の症状が気になって来た場合、早めの買い替えを心がけたほうが良いのでしょう。

次のページ : モバイルバッテリーの寿命を伸ばす方法
前へ
1 / 2次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20171227033221
Written By
KOU
台湾出身の24歳です。日本語はまだまだ勉強中です。よろしくお願いいたします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー