Logo家電BOAT
電気ケトルの寿命は平均何年?ティファールは?買い替え時期も紹介!

目次

電気ケトルの寿命について

わたしはひとり暮らしを始めてから、電気ケトルの大事さがわかってきました。急にインスタントスープやインスタントコーヒーが飲みたくなって来たとき、すぐお湯を沸かせられて、便利で助かります。特に冬の季節に必要で不可欠な家電アイテムだと思います。

今、家電ショップで様々なメーカーから販売されています。よく知られているブランドは、ティファールと象印とタイガーの電気ケトルです。実際わたしもこの三つのブランドの電気ケトルを購入したことがあります、どちらもコンパクト性の高い、長持ちの良い商品です。

この記事で、わたしの経験やショップスタッフの話などを元に、書いていきたいと思います。まだ電気ケトルを購入したことない方、既に電気ケトルを持っていて、しかし、最近電気ケトルの寿命が感じられて買い替えを検討している方に、この記事が参考になると嬉しいです。

電気ケトルの寿命は平均何年?

ティファール(T-fal)

ティファールのホームページでは、特に電気ケトルの寿命について、情報が載っておりません。ですが、メールでの問合せたところ、「正しい年数は使用時間や使用方法による。」とをお答えをいただきました。

ティファールのすべての電気ケトルは1年間の保証がついていて、保証期間を過ぎても、修理も承ってくれます。もし寿命のサインがあったら、消費者のわたしたちにとっても、安心して修理に出せます。

象印

象印のホームページでも、電気ケトルの寿命についての情報が載っておりません。同じくメールで問合せをしました。同じく「正しい年数は使用時間や使用方法によって。」とをお答えをいただきました。

それと、「定期的お手入れをし、ケトル内側の汚れが落ちるまで、繰り返しクエン酸洗浄を行うなら、寿命も長持ちします。」とお答えをいただきました。

タイガー

タイガーのホームページでも、寿命についての情報が載っておりませんが、ネットで調べたら、タイガーの電気ケトルの使用経験者により、寿命は2年から7年の幅があることがわかりました。

やはり使用方法や時間によりますね。もしお持ちの電気ケトルの寿命を感じたら、製造中止になった電気ケトルも、タイガーは補修用性能部品を保管しておりますので、安心して部品を求めることができます。

電気ケトルの寿命の症状や目安

症状①電源が付いたり消えたり

電気ケトル

電気ケトルが通電しなくなってきた、電源が付いたり消えたり、沸騰ランプがつかなくなってきたなどで、お湯が沸騰できない場合は、寿命の症状と判断できます。

一度電源プレートは平らなところに置いてるか、差込みプラグを差し込んでいるかを確認をして、もしそれでも通電できないなら、早めに修理を買い上げの販売店へお持ち込みしたほうが良いです。

症状②お湯が漏れる

お湯が漏れるのはあくまで故障の目安のひとつで、100%故障とは言い切れません。

もし給湯ロックボタンが既にロック状態になっていて、それでもお湯が漏れて来る場合は、満水目盛以下に入れたかどうかを確認しましょう。それと、電気ケトルの性能を保つため、空気穴があります。空気穴からお湯が漏れてくるかもしれません。

次のページ : 電気ケトルの寿命が縮む原因
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20171227033221
Written By
KOU
台湾出身の24歳です。日本語はまだまだ勉強中です。よろしくお願いいたします。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー