Logo家電BOAT
IHクッキングヒーターの寿命年数/耐用年数は何年?買い替え時期も

目次

IHクッキングヒーターの寿命について

ご家庭でのご使用はもちろん、最近では飲食店でもガスによる加熱方式からIHクッキングヒーターへ乗り換える方が沢山います。
特にオール電化の設備が増えてきている現在ではIHクッキングヒーターは必要不可欠な製品です。
その様な便利な製品ですが、IHクッキングヒーターの耐用年数はどれ位持つのでしょうか?
この記事ではIHクッキングヒーターの耐用年数や寿命の症状が訪れた時にはどの様な症状が現れるのかを解説致します。
また、IHクッキングヒーターの買い換え時期や処分方法等も解説致しますので、IHクッキングヒーターの寿命が訪れた際には処分の時期や方法の知識を身に付ける為に是非参考にして下さい。

IHクッキングヒーターの寿命・耐用年数は平均何年?

IHクッキングヒーターの寿命、耐用年数は平均で10年といわれています。
IHクッキングヒーターを設置してから8年程で寿命が来てしまう製品もあれば、15年程の長寿命の製品もあります。
交換部品が8年から10年をこえてしてしまうとメーカーによっては在庫を保持していない場合がある為、10年以上経過してしまってから修理を依頼しても修理価格が高額になってしまったり修理事態不可能な場合があります。
その為、IHクッキングヒーターの寿命、耐用年数は10年が目安といわれています。

参考元:サンリフレプラザ

IHクッキングヒーターの寿命の症状や目安

IHクッキングヒーターの寿命のには製品の内部の部品が経年劣化により傷む事により症状があらわれます。
IHクッキングヒーターの寿命が訪れた際にはどの様な症状があらわれるのか解説致します。

IHクッキングヒーターの寿命の症状① お湯が沸きにくい、加熱されにくくなる

IHクッキングヒーターの寿命のが訪れるとお湯が沸きにくい、加熱されにくくなる等の症状があらわれます。
原因は経年劣化によりヒーター部分の出力が落ちた事によります。
ヒーター部分の出力が落ちる事により温度が上昇しにくく、以前よりお湯が沸きにくい等の症状があらわれます。

症状② 電源が入りにくい

IHクッキングヒーターの寿命として電源が入りにくくなるという症状があらわれます。
その他にもIHクッキングヒーターを長期間使用する事によりスイッチが入らない、温度調節が出来ない等のボタンの故障が原因による症状があらわれます。

次のページ : IHクッキングヒーターの寿命が縮む原因
前へ
1 / 3次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Written By
daisuke 2018
家電大好きWebライター
家電がとても大好きで家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事

スポンサー