Logo家電BOAT
トースターの寿命は平均何年?買い替え時期も徹底解説!

目次

トースターの寿命について

毎日の朝食にトースターを使用している人や朝食だけではなく、少しだけパンを温めて食べたい時にトースターを使用する人など、パンを食べるの時に必要となるトースター。

他の家電製品に比べて、使用時間が短いトースターですが、いつかは寿命が来てしまいます。

ですが、思い返してみるとトースターを買い替えた事がない、トースターを買い替えた時期はいつだったか思い出せないくらいに長い期間使っていたりしますよね。

ですのでこの記事では、トースターの平均寿命やトースターの寿命の症状や目安、トースターの寿命が縮んでしまう原因や長持ちさせる方法、トースターに寿命が来た場合は修理の方がいいのか買い替えた方がいいのか、トースターのおすすめ買い替え時期や処分方法、などをご紹介します。

また、最後に寿命が長いおすすめのトースターもご紹介させて頂きます。

トースターの寿命は平均何年?

トースターの平均寿命は5年〜6年となっています。

中には20年以上も使用している人もいますし、1年ほどで買い替えている人もいるようです。

使い方や使用頻度や使用時間によっては、早くに寿命が来てしまう場合もあれば長く使用できる場合があります。

ですので、きちんと正しい使い方して使用目的に合うトースターを選ぶようにしましょう。

トースターの寿命の症状や目安

トースター 寿命 買い替え時期

症状① ヒーターが温まらない

トースターの寿命や症状で一番多いのが、温まらない事です。

コードの断線やヒーターの断線が考えられます。

無理に使用すると、煙がでたりしますのでトースターの寿命となります。

また、ヒーターはガラス管が多く、ヒーターにヒビが入るともう使えないのでそれもトースターの寿命になります。

症状② 異臭や異音

トースターといっても、パンを縦にいれて焼きあがったら出てくるポップアップトースター、パンを並べて焼くオーブントースター、ホットサンドが作れるホットサンドメーカー、多機能・高性能な高級トースター、など多くの種類があります。

ですが、共通しているのはヒーターを使用して焼くため、損傷があった場合に異臭や異音がすることです。

火事などの原因にもなりますし、特にプラスチックが焼けた臭いがした場合は、トースターの寿命の症状ですので買い替えした方がいいです。

ただ、臭いがした場合はまずトースター内に物が入っていないかを確認してみて下さい。もしかしたら、単に焦げた食べ物が残っているだけで、寿命ではないかもしれません。

何も入っていない場合は、トースト内部やコードが断線している場合があり危ないですので買い替えた方がいいです。

次のページ : トースターの寿命が縮む原因
前へ
1 / 4次へ

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

この記事に似ている記事

スポンサー