Logo家電BOAT

cx3.00 sennheiser のレビュー

cx3.00 sennheiserの画像

cx3.00 sennheiser

レビュー

平均5.0(レビュー数2)※データは投稿されたもののみで計算してるため総合評価と項目別評価の平均値は必ずしも一致しません。

cx3.00 sennheiserに関する基本情報

タグ
URLhttp://www.sennheiser.co.jp/sen.user.Item/id/1023.html
価格
  • 5832
  • Amazon最安値(2018/06/24 更新) : 4256
カテゴリーイヤホン

cx3.00 sennheiser に対するレビュー

ゼンハイザーCX3.00とエントリーモデルCX1.00との比較
総合評価:
コスパ:
音質:
デザイン:

使用用途 : 通勤時、作業時、睡眠時など。常時使用

ゼンハイザーCX3.00を購入する前は、エントリーモデルのCX1.00を使用していました。
音質はエントリーモデルでも満足していたのですが、CX1.00はケーブルの皮膜が弱く皮膜が伸びたり裂けてしまったので、CX3.00を購入しました。
CX3.00は頑丈だと思います。一年間、通勤や作業中、睡眠時にも結構ハードに使用してきましたが、劣化していません。CX1.00は一年くらいでケーブル皮膜が伸びたのでそれに比べると格段に丈夫だと思います。価格は1000円程度しか違わないので、壊れにくいことを考えるとCX1.00よりCX3.00の方がコストパフォーマンスが良く、保証期間の2年を超えてもしばらくは使用できるのではないでしょうか。
CX3.00は5000円前後の価格帯に見合った音と頑丈さだと思っています。あまり高いと手が出ないがちょっと良いイヤホンが欲しい、という方にお薦めしたいです。

cx3.00 sennheiser
高温の伸びの良いsennheiser カナル型イヤホンの音質
コスパ:
音質:
デザイン:
総合評価:

使用用途 : 読書や勉強をしているとき

 イヤホンやヘッドフォンでは一流メーカーであるゼンハイザー社の中では、わりと買いやすい値段の製品です。カナル型のイヤホン形状で、他社製品より比較的小さいため、日本人の耳にはフィットする感じです。ゼンハイザー社のヘッドホンは、音にこだわる上級者やプロが愛用する高価格帯の製品が主流で、デザインよりも性能重視のイメージがありましたが、この製品はイヤーパッドまで収納できるのにコンパクトな形状であることと、色調を選べることでとてもおしゃれな仕上がりになっています。
 音質は低音から高温まで幅広い音域が聴き取りやすく、とくに高音の伸びが特徴的です。欠点といえば重低音の迫力に欠けるところですが、この値段の製品に対しては他社製品より音の満足度は高いと思います。
 ロックやヘビメタよりもジャズやクラシックといった音楽を聴くときに、よりその性能を実感できるでしょう。イヤーパッドも数種類選べるのがうれしいです。



そのほかのイヤホンカテゴリのアイテム

ambie (アンビー)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:
Beats X (BeatsX)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:
ATH-CKS550 audio-technica(オーディオテクニカ)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

ATH-CKS550 audio-technica(オーディオテクニカ)のレビュー記事


価格 : 2138円
3つのレビュー記事
16つのレビュー