Logo家電BOAT

SBH20 Sony のレビュー

SBH20 Sonyの画像

SBH20 Sony
SBH20 Sony
SBH20 Sony

レビュー

平均4.0(レビュー数15)※データは投稿されたもののみで計算してるため総合評価と項目別評価の平均値は必ずしも一致しません。

SBH20 Sonyに関する基本情報

タグ#SONY(ソニー)
URLhttp://www.sony.jp/headphone/products/SBH20/
価格
  • 8800
  • Amazon最安値(2018/06/24 更新) : 11999
カテゴリーイヤホン

SBH20 Sony に対するレビュー

安定している中音域のSBH20
音質:

SBH20の音質は、高音、低音と比較して中音域が一番安定した聞き心地でした。ボーカルの歌声の伸びもよく聞こえ、バックサウンドの立体感もきちんと表現しています。SBH20で臨場感を楽しみながら音楽を聴くには、高音~中音域の楽曲の方が適していると感じました。

ジョギングで手放せないSBH20

ジョギング時に使用する為、Bluetoothで使用できるということでSBH20を購入しました。
激しい運動中にも、耳から外れることなく安定した装着感を得ることができます。本製品を購入してから、楽曲の変更や一時停止など、一つ一つの操作が大変手軽になりました。
充電の持ちも問題なく、ハンズフリー通話も可能な点、デザインも可愛らしくコンパクトに持ち運びができる点なども考えると、音質的な問題を加味しても、コストパフォーマンスがよく、買ってよかったと言える商品だと思います。

SBH20 Sony
SBH20では楽曲はこう聞こえる

SBH20は、高音や中音が中心の楽曲を聴くのには、バックサウンドとボーカルの立体感、奥行が味わえて臨場感を楽しめます。
バンドなどの楽曲を聴くには、ベース、ドラムなどの低音は感じにくく、音質も平面的で若干の物足りなさを感じます。

ジョギングでSBH20を使っています

主に電車での通勤時、ジョギング時にSBH20を使用しています。通常のイヤホンを使用している際は、満員電車でコード部分が人にひっかかったりすることが稀にありましたが、ワイヤレスに変えてからはその心配もなくなりました。
ジョギング時にも、スマートフォンを好きなところにしまった状態で走ることが出来るので、スマートフォンを落とす心配もなく、自由に曲を変更することができます。イヤホンを替えたおかげでより一層ジョギングに集中して取り組むができるようになりました。

遮音性はそんなにない?SBH20

SBH20は、遮音性に関してはあまりないように思います。しかし、私の場合で言えば使用用途が通勤電車、ジョギングが主ですので、周囲の音が全く聞こえないのでは逆に問題です。したがって私のように運動時の使用が目的の方であれば、SBH20程度の遮音性で十分満足と言えるでしょう。

Bluetoothが便利なSBH20

SBH20は、なんといっても便利なBluetooth機能が特徴と言えます。また、2時間の充電で最大6時間使用することができ、私は二日に一度くらいの頻度で充電して使用していますが、それくらいでも電池が切れることなく毎日使うことができます。
さらにマイクが付いているので、ハンズフリーでの通話が可能です。これは非常に便利ではありますが、マイクの感度がいいので本体を装着する場所によっては衣服のこすれる音など、雑音を拾いやすい点が気になりました。

SBH20の特徴はこれだ!

SBH20をスマートフォンなどで使用する場合、ペアリングを行う必要があります。そのペアリング手順は非常に簡単で、本体の電源をONにして真ん中のボタンを長押ししてペアリングしたい機器にかざすだけで完了します。説明書を読まないとわからない製品が多い中、本製品はスムーズに行えるところが良いと思いました。
また、本体の薄さは12.3mm、重さは12.5gと軽量でありながら、ボタンは大きいので押しやすく、曲を送ったり、音量を上げたりなどの操作もストレスなく行うことが出来ました。

カナル式で密着感の高いSBH20

SBH20はカナル式の 密着型インナーイヤーヘッドホンを採用しており、耳へのフィット感がとても心地よく感じました。
特に激しい動きを伴うジョギング時にも外れたり、ずれたりすることなく使用することができます。
装着感に関しては全くストレスなく、快適に使用することが出来ます。

SBH20 Sony
かわいらしいデザインのSBH20
デザイン:

SBH20のころんとした本体のフォルムが可愛らしい印象を受けます。また、電源ボタンはスライド式になっており、間違えて押すこともなく無駄な電池の消耗も抑えられるデザインとなっています。裏面のクリップで、衣服などに留められるようになっている点は便利で評価しますが、クリップを外れにくくするためか固く装着する際には若干煩わしく感じることがあります。

SBH20はリーズナブルなワイヤレスイヤホン
コスパ:

ワイヤレスイヤホンは高価なものが多い中、SBH20は7000円弱と比較的リーズナブルです。
しかし、機能面では劣ることなくワンタッチでペアリング出来ること、マルチペアリング、マルチポイントへ対応していること、一度の充電で最大6時間の使用が可能なことなどを考えても大変優れた商品と言えます。
SBH20の音質はやはり通常のイヤホンと比較すると劣る部分がありましたが、それでも普通に音楽を楽しむ分には問題なく、操作性にも優れていて快適に使用することが出来ます。



そのほかのイヤホンカテゴリのアイテム

ambie (アンビー)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:
Beats X (BeatsX)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:
ATH-CKS550 audio-technica(オーディオテクニカ)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

ATH-CKS550 audio-technica(オーディオテクニカ)のレビュー記事


価格 : 2138円
3つのレビュー記事
16つのレビュー