QY19 QCY のレビュー

QY19 QCYの画像

QY19 QCY
QY19 QCY
QY19 QCY
QY19 QCY
QY19 QCY
QY19 QCY

レビュー

平均3.7(レビュー数34)※データは投稿されたもののみで計算してるため総合評価と項目別評価の平均値は必ずしも一致しません。

QY19 QCYに関する基本情報

タグ#Bluetooth(ブルートゥース)#QCY#2000円代のイヤホン#aptX
URLhttp://qcy.jp/
価格
  • Amazon最安値(2017/12/11 更新) : 2990
カテゴリーイヤホン
QY19 QCYに関するレビュー記事
Ddb9c47e 9bba 41f2 9391 8c7261526f52
【コスパ最高!初めてのBluetoothイヤホンに最適なQCY QY19 ...
【コスパ最高!初めてのBluetoothイヤホンに最適なQCY QY19 Bluetoothイ...

QY19 QCY に対するレビュー

コスパ重視にオススメ!QCY QY19はワイヤレスイヤホンの入門機
総合評価:

まだまだ十分な視聴環境が無いイヤホン市場の中で、ワイヤレスイヤホンは誰しも興味を持つ部類だと思います。QCY QY19は高額イヤホンに躊躇し、安価に走る事のできないワイヤレス難民の救いになる優良機のひとつです。音質は高音、中音域に重点が置かれているため、ドスドスとした低音域の振動を感じたい方には物足りないと思います。ただ、ワイヤレスであるが故に、使い勝手が良くコストパフォーマンスに優れていますので、サブ機や仕事・アクティブ用にと使い分けている方にはオススメできます。

QY19 QCY
軽めのポップスやピアノ音楽、教材リスニングにオススメQCY QY19

J−POPを始め、ゴリゴリのロックまで幅広く聴きますが、QY19に適している楽曲はピアノ音楽やサウンドトラック、インストロメンタル等ボーカルが無い楽曲だともいます。っと言うのも、低音域にあまり強く無い本機は高音を中心に聴く方がしっくりくるのです。逆に英会話教材やドラマ等音楽が少ないものであれば、言葉の歯切れもよく十分に満足できると思います。音楽視聴のメイン機と言うよりは、仕事や作業用、スポーツなど割り切った使用を目的としたサブ機に適していると言えます。

QCY QY19はアクティブ派も納得の入門機

ワイヤレスイヤホンの嬉しいのは何と言っても煩わしいケーブルがない事です。ランニングや運動などのアクティビティに適していますが、汗や雨などで故障してしまうかも…それも心配の一つです。QY19は防水設計(IPX4相当)ですので、汗かきの人や雨の日でもアクティブに過ごす方には非常にオススメできます。遮音性が乏しいので、自転車やバイクなど風切り音の有る環境には適していませんが、コストも安価なためワイヤレスイヤホンに興味のある方にはもってこいの入門機と思います。

QCY QY19はワイヤレスイヤホンの基本を満たした入門機

QCYのQY19は、一般的なワイヤレスイヤホンの基本スペックを全て満たしているように感じます。価格相応な音質、軽量かつ取回しのしやすい本体設計、海外ブランドならではのデザインや付属品と十分な性能ですが、IPX4相当の防水設計とスマートフォンの通話が出来る等必要以上の性能も兼ねている点はポイントだと感じました。価格の割にUV加工が施されているおかげか、イヤーフックなど分離部分との一体感あり非常にカッコよく見えますが。また、動作時のアナウンスが日本語なのも珍しい気がします。

少し大きめ?QCY QY19は女性にはフィットしないかも

QCY QY19の筐体はやや大きめに設計されています。イヤーピースとイヤーフックを合わせることで耳の形にフィットしやすくなりますが、女性の小さな耳には筐体そのものが大きいため合わせにくいように思います。イヤーピースが3種類(S・M・L)イヤーフックが3種類(S・M・L)付属されていますので、ほとんどの耳の形状にはフィットしそうなのですが、本体が大きいので耳奥への深い挿入感は得られず、安定してはいるものの遮音性に欠け、外部音が耳に入ってきました。

QY19 QCY
遮音性に若干不満が残るQCY QY19

イヤーフックとイヤーピースが各3種類(S・M・L)が付属されているQY19ですので、かなりフィットしてくれるはず…っと、思いきや、筐体の大きさが邪魔をしてしまいフィット感が浅いのが残念でした。結果的に遮音性が削がれ重低音や低音域のドッシリした感覚が伝わりきらず、外部音が若干混ざってしまいます。試しに指で奥まで入れてみると、全く別物の質感に変わりました。価格相応の遮音性と思っておいた方が良いかもしれません。

操作、設定も簡単QCYのワイヤレスイヤホンQY19

QY19に限らずワイヤレスイヤホンはほとんど同じ設定方法ですが、リモコン部分のボタン(マルチファンクションボタン)を5秒長押しするとペアリングを開始します。(Bluetooth4.1対応)また、電源のON/OFFの際には日本語でアナウンスが流れます。(海外版と日本版で仕様が違うのかもしれませんが…)複雑な操作もなく使用ができるので、ワイヤレスイヤホン初心者の方には使いやすいのではないでしょうか?

QY19 QCY
シンプルでは有るものの、QCYのロゴが輝くQY19
デザイン:

QCYのロゴが際立つ大きめの筐体は、楕円形より丸みがあり手馴染みも良い感じです。イヤーフックがついているため形状も特徴的なデザインに見えます。海外ブランドの製品は箱のデザインにも気を使っているようで、茶箱のわりにオシャレで、無駄がなく洗練されています。価格も安価ですのでプレゼントなどに選ぶと喜んでもらえるのではないでしょうか?カラーは、【スターブラック】【ブラック】【ホワイト】の三色展開とスタンダードなラインナップとなっています。

QY19 QCY
QCY QY19は音質へのこだわりが無ければコストパフォーマンス良し
コスパ:

QY19の販売価格は約3000円と、ワイヤレスでイヤホンマイク搭載・IPX4防水等級仕様という事を考えると非常に魅力を感じます。高コストパフォーマンスであるものの、音質は総合的に見ても力不足であり、音楽視聴を中心にしたメイン機としての活用を考えている方にはオススメできません。予算に余力があり音質にこだわりたいのであればJBLのE25BT(実売6000円前後)なんかが、半ワイヤレスタイプでは人気があり、QY19と比較しても満足できるかもしれません。

ワイヤレスイヤホンQCY QY19の低遅延・高音質・ノイズキャンセリング機能まで搭載
音質:

QCY QY19の特徴である【音質】にはコーデックAPT-Xが使用されていますので、高音質かつ低遅延を実現しています。動画を視聴していても遅延がないため違和感なく動画が楽しめます。またノイズキャンセリング機能が搭載されていますので、雑踏や電車の中での使用でも邪魔されることなく音楽を楽しめる仕様になっています。ワイヤレスイヤホンですからランニングなどアクティブに活用でき、ケーブルは有るもののストレスなく音楽に集中できます。



【コスパ最高!初めてのBluetoothイヤホンに最適なQCY QY19 Bluetoothイヤホンレビュー】

【コスパ最高!初めてのBluetoothイヤホンに最適なQCY QY19 Bluetoothイヤホンレビュー】

こんにちは、カエルウオです。理想のイヤホンを探し求めて早10年(以上)。最近Bluetoothから有線イヤホンに戻ってきました。また散財しそうで怖いです。

今回は2017年03月24日に発売された、QCYの「QY19 Bluetoothイヤホン」についてレビューしていきたいと思います。

QY19 カエルウオ01

今回ご紹介するのは、QCY QY19 Bluetoothイヤホンのブラックです。パッケージはコンパクトですが、むしろ上品に見えますし、このぐらいシンプルなほうが好感が持てますね。  

QY19 カエルウオ02

QCY QY19 Bluetoothイヤホンの展開色は全部で4種類(ブラック、 ホワイト、ブルー、グリーン)。マットな光沢感がいいですね。ロゴの部分も銀色に縁取られていて、ワンポイントおしゃれになっています。黒でも十分満足ですよ!
そして見てください、この豊富な付属品の数々!しかも、イヤーピースは定番のシングルフリンジ(上記画像参照:白っぽいイヤーピース)に加え、ダブルフリンジもついています(上記画像参照:黒いイヤーピース)。ダブルフリンジはホットケーキ2段重ねのような形をしていますが、こうすることで耳の奥まで挿入され、より音を感じることができるそうです。もちろん人それぞれ感じ方は違うと思いますが、どちらが適しているか試せるのはいいですね。

同梱物

 USB充電ケーブル x1
 イヤーピース
 シングルフリンジ(白色:大/小 各2組)
 ダブルフリンジ (黒色:S/M/L 各3組)
 イヤーフック(黒色:S/M/L 各3組)
 ケーブル用バックルx1
 オリジナル日本語説明書x1

【QCY QY19の音質】☆☆★★★

今回ご紹介するQCY QY19 Bluetoothイヤホンは、QCY QY8 Bluetoothイヤホンの改良版という位置付けなのですが、実は私、このQY8イヤホンを使ったことがありまして……実際、あまりいい思い出がありません。可もなく不可もなく、とにかく音質が微妙すぎて、Bluetoothイヤホンってこんな感じなのか、これなら有線のほうがいいかも等々、聴くたびに思っていたことを思い出します。iPhoneで利用していたため、iPhone設定で音質を調節したり、iTunesで自分オリジナルのイコライザを作ってみたりといろいろやってみましたが、結局別のものを購入してしまい、お蔵入りになってしまいました。なので、今回ご紹介するQCY QY19 Bluetoothイヤホンも若干心配していたのですが……、いやいや、これがなかなかいいです。もちろん、もっと高品質で高音質のものはたくさんありますが、この値段でこの音でワイヤレスで使えるというのなら、安い!最高!と思えます。
前置きが長くなってしまいましたが、QCY QY19 Bluetoothイヤホンは全体的にフラットで、とても聴きやすいイヤホンです。QY8の時もそうだったのですが、高音がはっきりしていて聴き心地がよく、ボーカル曲などには最適だと思います。また、音のバランスがいいので長時間聴いていても疲れません。カナル型(密閉型)イヤホンなので、音楽に没頭するにはもってこいですね。
ただ音の伸びがないため、「この曲こんな曲だったっけ?」と感じることもしばしば。ビブラートや余韻、歌い手の息遣いなどは全く感じられません。直接ライブ会場で聴いているというよりは、テレビの画面越しに聴いているといった感じですね。
また、低音が弱めなので、迫力にも欠けます。一番盛り上がるところで音に広がりがないため、迫力のある曲はクライマックスが曖昧なままボヤッとした感じで終わっていきます。音量が小さいのかな?と上げてみましたが、やはり盛り上がりには欠けました。ただ、高音や低音が耳をつんざくことはないので、ヒーリングミュージックやボサノバ等、優しい曲には向いていると思います。

・イヤーピースの利用☆☆☆☆★

QY19 カエルウオ03

いくつかレビューや口コミを読んでみた中で、「イヤーピースを変えると音が改善する」という記述がありましたので試してみました。……はい、確かに変わります。劇的に変わるわけではなく、あれ、低音が若干聴こえるようになったかな?とか、さっきより音質がいい気がする!ぐらいですが、やってみる価値は十分あると思います。
私の場合、普段は左耳はMサイズ、右耳はSサイズのイヤホンチップを利用しているのですが、今回は左耳がシングルフリンジの大サイズ、右耳がダブルフリンジのLサイズがしっくりしました。イヤホンによってサイズも変わりますね!音質的にも満足していますので、音に納得いかない場合はイヤーピースを変えるといいかもしれません。ちなみに、イヤーフックは両耳Sサイズでちょうどよく、痛みもありませんでした。

【QCY QY19のノイズ】☆★★★★

これまでいくつものBluetoothイヤホンを使ってきましたが、ノイズが混じるのはこのQCY QY19 Bluetoothイヤホンだけです。初期不良かと思いましたが、私の他にもノイズが混じる人は多いようです。ワイヤレスなので、周りの無線機器から影響を受けることはあると思いますが、これまで他のイヤホンで気になったことはありません。私の場合、起動してしばらくするとノイズが混じり、時間が経つにつれ混じらなくなります。買ってすぐの段階でこれですから、頻発するようであればちょっと考えてしまいますね。

【QCY QY19の起動音、終了音等について】☆★★★★

このイヤホン、何がすごいって……起動時の音声、終了時の音声、ペアリング時、充電切れ等の音声がやかましすぎます。最小音量にしていてもなぜか大音量で流れます。特に起動音は音ではなく音声で、「本製品をお買上げ頂き、ありがとうございます」と言います。あまりに大きいのでいつも耳から外していますが、外していても聴こえます。これには毎回辟易してしまいますね。

【QCY QY19のコストパフォーマンス】☆☆☆☆☆

2017年9月現在、価格comで調べてみるとQCY QY19 Bluetoothイヤホンの底値は3,780円。コスパは最高だと思います。最近では2,000円台で買えるBluetoothイヤホンも出ていますが、それでもこちらのほうが断然コスパがいいと断言できます。なぜなら、付属品としてついてくる大量のイヤーピースがあるからです!これだけあればどれが自分にフィットするのか試せますし、別のイヤホンを購入した場合、そちらでも利用できる可能性も十分あります。いいことだらけですね!
若干お高めですが、買って損はないと思います。

【QCY QY19の機能性】☆☆☆☆★

充電は約2時間、連続再生時間は最大5時間。通勤通学で使うのであれば全く問題ない時間ですね。また、ものによっては充電しているのかしていないのかわかりにくいイヤホンもありますが、QCY QY19 Bluetoothイヤホンの場合、充電中は赤ランプ、充電完了時は青ランプと非常にシンプルでわかりやすいです。私は仕事中、PCに挿して充電しているのですが、充電中にこのランプがピカピカ光らないのも目に優しくていいです。これは地味に嬉しいですね。
マイクもついており、通話もスムーズに行えます。ケーブルが長すぎず短かすぎずなので、声が遠いだの近いだの言われることはありません。よく考えて設計されていると思います。
そして当たり前の話ですが、Bluetoothイヤホンなので端末にケーブルを挿して使わなくていいのです!本当にとても楽です!カバンにしまう時、毎回長いケーブルを丸めたり結んだりしなくていいのです!携帯端末であれば、カバンの中に入れたまま音楽が聴けるのです!そして、端末を手に持たなくても通話ができるのです!
……などなど、一度体験してしまうと便利過ぎて有線イヤホンに戻るのが難しくなってしまうQCY QY19 Bluetoothイヤホン。是非試してみてください。 

【QCY QY19の総合評価】☆☆☆★★

総じてQCY QY19 Bluetoothイヤホンは、音質的にはそこまで絶賛はできないものの、豊富な付属品、機能性・コストパフォーマンスの良さに着眼すると、初めてのBluetoothイヤホンには最適ではないかと思います。お試しで買ってみて、Bluetoothのいいところを体感してもらいたいですね。


そのほかのイヤホンカテゴリのアイテム

ambie (アンビー)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:
Beats X (BeatsX)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:
ATH-CKS550 audio-technica(オーディオテクニカ)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

ATH-CKS550 audio-technica(オーディオテクニカ)のレビュー記事


価格 : 1922円
3つのレビュー記事
16つのレビュー