Logo家電BOAT

ZH-DX220-CM ZERO AUDIO のレビュー

ZH-DX220-CM ZERO AUDIOの画像

ZH-DX220-CM ZERO AUDIO
ZH-DX220-CM ZERO AUDIO
ZH-DX220-CM ZERO AUDIO

レビュー

平均4.0(レビュー数3)※データは投稿されたもののみで計算してるため総合評価と項目別評価の平均値は必ずしも一致しません。

ZH-DX220-CM ZERO AUDIOに関する基本情報

タグ#zero audio
URLhttp://www.zeroaudio.jp/product_ZH-DX220-CM_01.html
価格
  • Amazon最安値(2018/06/24 更新) : 4923
カテゴリーイヤホン

ZH-DX220-CM ZERO AUDIO に対するレビュー

低音の迫力がすごかった「ZERO AUDIO CARBO MEZZO」
総合評価:
コスパ:
音質:
デザイン:

使用用途 : 通学、仕事、遊びに出かけた時

私はクラブミュージックやエレクトロ系の音楽をよく聴くので、低音を重視したイヤホンが欲しいと思い購入したのが「ZERO AUDIO CARBO MEZZO」です。
イヤホンの種類はたくさんあってかなり迷っていたのですが、結果的にこれを買って正解だったと思いました!
ヘッドの部分が少し重く、イヤーピースが耳に合わないと、動いてる時は結構すぐ取れてしまうので、そこが難点かなと思いましたが、
中高音域も音がクリア、重低音の迫力バッチリ、黒色メインの高級感のあるデザイン(グッドデザイン賞受賞!)、
脱線しにくいフラットコードとL字型プラグ、絡まりにくいスライダー付きなど良い点はかなりあります。
値段もそれほど高くなく、この価格帯のイヤホンではトップクラスだと思います。
ドンシャリな音の好きな方もおすすめです。

ZH-DX220-CM ZERO AUDIO
バランスを求めるならこれでOK。

私は、およそ1ヶ月前にこのイヤホン「ZERO AUDIO CARBO MEZZO ZH-DX220-CM」を購入しました。
あまりイヤホンやヘッドホンに詳しく私は、店頭に行って試聴してからの購入でしたが、後悔などはほとんどしていません。
ただ、私が試聴した際に一番音(低音、中高音、全て)がよく、コスパが高いと感じたのは、このイヤホンではなく、
同じZERO AUDIO社の【ZERO AUDIO CARBO TENORE ZH-DX200-CT】でした。
私は、在庫がなかったため、妥協して前者を購入しましたが、音質とコスパを求める方は、絶対に後者の購入をオススメします。
良いイヤホンを使うと普段聴こえない音が聴こえると言われていますが、この経験もできました。
ということで、イヤホンの購入で迷ったら、220-CMではなく、200-CTを購入したほうがいいでしょう。

ZERO AUDIO ZH-DX220-CMは最強のコスパのイヤホンである。
総合評価:
コスパ:
音質:
デザイン:

使用用途 : 通学時、電車での移動時など

この商品を購入する以前に1万円程度のイヤホンを3つ、3万円台のするイヤホンを1つ所有したことがあります。
普段は1万円台のイヤホンを通学時に用いていたのですが、断線してしまったために以前から気になっていたZERO AUDIOさんのこちらの商品を購入してみました。
5000円程度でしたので、そこまで期待はしていなかったのですがとてもいい意味で裏切られました。
この価格帯で他社には見られない解像度の高さ、音のバランスの良さが感じられ、正直以前まで使用していた1万円台のものよりも気に入りました。
唯一イヤーピースのみ気に入らなかったのでコンプライ社のものに付け替えましたが、ここは個人の好みかと思います。
1万円程度まで予算が許すなら他に選択肢はあるかもしれませんが、5000円前後でイヤホンを探している方には絶対こちらの製品をオススメいたします。

ZH-DX220-CM ZERO AUDIO


そのほかのイヤホンカテゴリのアイテム

ambie (アンビー)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:
Beats X (BeatsX)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:
ATH-CKS550 audio-technica(オーディオテクニカ)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

ATH-CKS550 audio-technica(オーディオテクニカ)のレビュー記事


価格 : 2138円
3つのレビュー記事
16つのレビュー