C5 Series 2 Bowers&Wilkins のレビュー

C5 Series 2 Bowers&Wilkinsの画像

C5 Series 2 Bowers&Wilkins
C5 Series 2 Bowers&Wilkins

レビュー

平均4.5(レビュー数2)※データは投稿されたもののみで計算してるため総合評価と項目別評価の平均値は必ずしも一致しません。

C5 Series 2 Bowers&Wilkinsに関する基本情報

タグ
URLhttp://www.bowers-wilkins.jp/Headphones/Wired-Headphones/Wired-Headphones/C5-Series-2.html
価格
  • Amazon最安値(2018/08/20 更新) : 17000
カテゴリーイヤホン

C5 Series 2 Bowers&Wilkins に対するレビュー

人間工学に基づいて作られたイヤホン Bowers & Wilkins C5 Series 2
総合評価:
コスパ:
音質:
デザイン:

使用用途 : 電車等の移動時に使用

Bowers & Wilkinsという会社が出している製品、C5 Series 2はデザインにとても特徴があります。
それは人間工学に基づいて作られているという事です。
人間工学とは、人間の手や耳など体に馴染みやすいよう設計する事です。
それに基づいて作られている為、外観は勿論付け心地も他のイヤホンとは違います。
耳にフィットする為に、ループフィットといってイヤホンの線が耳の穴に上手くはまるような仕組みになっています。
円を描くように線が固定されているので、耳からイヤホンが外れるという事はまず滅多にありません。
音も良好で、かなりぴったりと耳の穴に入るので、外の音はほぼシャットダウンです。
イヤホンジャックを使用する有線式のイヤホンなので機器がイヤホンジャックに対応している事と、断線にはくれぐれも気を付けた方が良いです。

C5 Series 2 Bowers&Wilkins
Bowers & Wilkins C5 Series 2 との巡り合い
総合評価:
コスパ:
音質:
デザイン:

使用用途 : 学習・通勤・通話・移動

筆者は過去に¥5,000〜¥8,000価格帯のイヤホンを常に利用していたが、ある時某スタジオでの取材でBowers & Wilkins(略 B&W : 読みバウワース アンド ウィルキンス)社製のスピーカーが鎮座しており音を発する機会に恵まれ拝聴した。 その時の印象は、生き生きとした音色で全域にくすぶり感のない自然な音が鼓膜を通り抜けたのを覚えている。 取材の帰りに駅近くの大手家電ショップでB&W社製スピーカーを一目見ようと足を運んだが値段に驚き、そこで初めてイヤホンの存在を知り購入に至った。 イヤホンは小さいながらも某大手メーカーの様に低音を強調するのではなく全域で澄んだ水のように細かい音も拾え、かつ低音もバランスが良く耳に運ばれる秀才イヤホンである。特に女性や男性ボーカル、弦楽器、ピアノ、吹奏楽器を重視される方にはお勧めだ。

C5 Series 2 Bowers&Wilkins


そのほかのイヤホンカテゴリのアイテム

ambie (アンビー)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:
Beats X (BeatsX)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:
ATH-CKS550 audio-technica(オーディオテクニカ)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

ATH-CKS550 audio-technica(オーディオテクニカ)のレビュー記事


価格 : 1922円
3つのレビュー記事
16つのレビュー