Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre のレビュー

Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dreの画像

Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre
Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre
Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre
Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre
Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre

レビュー

平均5.0(レビュー数14)※データは投稿されたもののみで計算してるため総合評価と項目別評価の平均値は必ずしも一致しません。

Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dreに関する基本情報

タグ
URLhttps://www.beatsbydre.com/jp/headphones/solo3-wireless
価格
  • 29800
  • Amazon最安値(2018/08/21 更新) : 23148
カテゴリーヘッドホン

Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre に対するレビュー

アートの幸福感を Beats Solo3で堪能
総合評価:

Beats Solo3はヘッドフォンとライフスタイルの演出だ。聴くデバイスという退屈な概念が無い。見た目のゴツゴツ感、頭上を跨いで外見を損なう?等、そもそも必要性すらない存在を180度変えた。アクセサリーの様に『欲しい』と思わせ、『これがいい』と思わせる。音質に拘れば価格面でも高いと思ってしまうが、生活の中で『音楽を楽しく、かっこよく聴く』というトータル感がたまらない。 アートの中の音楽をより楽しませてくれる Beats Solo3の魅力が止まらない。

Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre
ありもしない芸術感が開花!!?? Beats Solo3で広がる。

Beats Solo3の活かされる使い方として低音で迫力や臨場感を楽しみたい時がいい。EDM、ロック、Jazz等は特に相性がいい。気分を乗せたい時、テンション上げたい時は、かっこよさがテンションを上げてくれる。プロの様に音に拘るのでなければ、Beats Solo3で音楽とライフスタイルの一体感が味わえる。『心地よく、クールに』聞ける設定になっている。低音が上品にしっかり聞こえてくるのでボサノヴァの様な柔らかい音楽が耳を喜ばせてくれる。

Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre
Beats Solo3 はスマートに使いたい。ライフスタイルに変化が。

Beats Solo3の利用シーンは、機能的には室内、外出中どちらも長時間集中したい時に発揮する。ネガティブな面はスマートフォン等で電話会話をするシチュエーションのマルチタスクに不向きな点だ。マイクがないのは当たり前だが、ヘッドフォンを付けたまま電話に口を近づけて話しても相手にはよく聞こえない様だ。 ON/OFFの切り替えや、解除が簡単なので一旦切ってからになる煩わしさが出てくる。外出時、Beats Solo3は外音を遮断するので危険が伴うシチュエーションでの使用は避けたい。

Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre
オリジナリティーが冴える Beats Solo3

オリジナリティーと言えば、 Beats Solo3だろう。単に『他とは違う』というレベルを超えている。生活の中で自己性を主張できるヘッドフォンは他にはない。セレブが身に付けてクールさを演出しているマーケティング効果もあるだろうが、実際手にとって自分に身に付けてみると実感できる。自分が楽しんでいるのに気づく。当然、モチベーションも上がる。まるで高級靴を履いて行き先をあれこれ悩んでいる時の様だ。新しい世界が見えてくる。そして Beats Solo3は、色も10種から選べる。

Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre
Beats Solo3 装着感に新感覚。
装着感:

Beats Solo3の装着感は、記憶しているヘッドフォンの中で一番良いと思っていたクッション感のある柔らかいものという考えを変えた。弾力性と反発感でナチュラルな装着感を感じる。つけ始めの時と長い時間かけていた時に差を感じる。圧迫感とか、違和感が全くない。最初は、若干締め付け感があったような気がしたがすぐに慣れる事ができた。重量も軽いので首かけしていて他の作業をしていても気にならない。 Beats Solo3のデザインがかっこ良すぎるので、むしろ首かけしたままで作業をしていたくなる感じだ。

Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre
Beats Solo3 遮音性はお手本並。
遮音性:

Beats Solo3の遮音性は、オンイヤーヘッドホンでもバッちり遮断できている。パッドのフィット感と程良い弾力と反発が密閉している。遮音性が高いので小音量でも外部との隔離環境を作り出す事ができる。自分は集中したい時には完全にマストな存在だ。アイフォンで言えば、外出中なら5メモリ、室内なら3メモリで十分その環境が作れる。ただ、 Beats Solo3は高音量にすると音漏れがあるので気をつけないといけないと思う。

Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre
Beats Solo3の機能性はスマート100% 

Beats Solo3の機能性はオールAだ。何しろ、互換性、操縦性、スムーズさに驚く。電源のON/OFF、ペアリング、ペアリングの切り替え、ボリューム調整がとても簡単だ。スムーズに安定してペアリングができる。何時間聞いてもバッテリーが無くなることは無い長時間持続可能バッテリー。40時間というから予想を超えている。また高速充電で数時間聴くことができるからほぼ有線という機会は無い。軽量でコンパクトだから外出時もあまり気にならない。

Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre
Beats Solo3 デザインはヘッドフォンに新しい風!
デザイン:

Beats Solo3のデザインはシンプルでクリーン。全くの威圧感がない。折りたたみができてコンパクトにできるのもすごく嬉しい。色々なシチュエーションのライフスタイルに合うので、時間、場所、服装もあまり気にならない。 Beats Solo3+T-shirt だけなのになぜかスマートにさえ見えてしまうほどかっこいい。カジュアルっぽさのフォルムにクロームが入り込んでいるので上品さも気に入っている。イノセント感があるので人種、年齢、性別も関係なく着けているだけで楽しく見える。

Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre
Beats Solo3のコスパはヘッドフォン超え!!
コスパ:

Beats Solo3のコストパフォーマンスは、一言で『満足』だ。音質は正直そこそこだと思うが、何しろカッコいい。音質以外の部門では他のヘッドフォンと比較してブッチギリだ。持っているデザインのクールさ、使いやすさ、扱いやすさ、長時間持続可能バッテリー、つけ心地の良さ。ファッションセンスとライフスタイルを意識しているのがよくわかる。 Beats Solo3は、音楽を聴くデバイスの枠を超えている。ヘッドフォン+ファッション+ライフスタイル。抜群だ。

Beats Solo3 Wireless Beats by Dr.Dre
Beats Solo3の音質は全体バランスと低音重視
音質:

Beats Solo3の音質だけを見ると、この価格帯にしては残念なクオリティー感がある。多音から響いて来るはずの音域とクリアさにかけるので躍動感が物足りない印象だ。特に、中音から低音中心低音から中音が強調されているので高音があまり入ってこない。全く高音向きでは無い。聞く音楽がここで選択されてしまう感があるが、中低音で音楽全体に幅、奥行きを感じる事ができる。個人的には Beats Solo3の特徴は中低音の中間層に繊細さを感じる。