E200BT ONKYO のレビュー

レビュー

平均4.7(レビュー数2)※データは投稿されたもののみで計算してるため総合評価と項目別評価の平均値は必ずしも一致しません。

E200BT ONKYOに関する基本情報

タグ#ONKYO(オンキョー)
価格
  • Amazon最安値(2018/08/21 更新) : 3500
カテゴリーイヤホン
E200BT ONKYOに関するレビュー記事
Ecba0a77 59dc 4ce8 89e2 51a6a317c6dd
【ONKYO E200BT詳細レビュー】
今回はONKYOのbluetooth対応ワイヤレスイヤホンのE200BTを徹底紹介したいと思い...

E200BT ONKYO に対するレビュー

デザインに一目惚れ
コスパ:
音質:
デザイン:
総合評価:

使用用途 : 自宅で音楽を楽しむため用

Bluetoothのイヤホンが欲しくて探していたときに、パッと一目惚れしたのがこのイヤホンでした。白×シルバーでとても格好良く、首にぶら下げていてもおしゃれに見えるし全く違和感ありません。
機能はというと、さすがONKYOというだけあってE300より音域幅は少ないけれど、音割れすることなく快適に聞けます。見た目だけじゃなく中身も素晴らしいものです。
充電するときに外す透明なキャップがなくなってしまいそうなので唯一そこが悪い点です。

スタイリッシュでノンストレス
コスパ:
音質:
デザイン:
総合評価:

使用用途 : 自宅で曲を聞くために購入

見た目もスタイリッシュかつスマートで全くストレスなく、装着中も違和感なく着け心地がいいです。ネットでBluetoothのイヤホンを探しているときに数ある中から一際目立って目を惹かれたのがこのイヤホンです。値段も高くはなく、音域も十分でした。充電する際に外す透明なキャップが無くなってしまいそうで不安という部分のみ不満なところです。とにかく見た目が格好良く、一目惚れしました。壊れてしまってもまた同じものを買おうかと思うくらい気に入りました。



【ONKYO E200BT詳細レビュー】

今回はONKYOのbluetooth対応ワイヤレスイヤホンのE200BTを徹底紹介したいと思います。
E200BTはワイヤレスのbluetooth対応を兼ね備えたミドルクラスのイヤホンとなります。
商品は15グラムと超軽量とはいわないまでも、堅牢なアルミハウジングを備えた確かな質感と重量感があり、バッテリーを独自バランスに配置する事により、他のbluetooth対応イヤホンとは異なる立ち位置の高機能イヤホンとなります。

ONKYO E200BT Aoi1211fumiaki01

【E200BTの音質】☆☆☆☆★

アルミハウジングの振動防止をメーカーのセールストークとしており、価格帯からすると非常に優れていると感じます。ケーブルもツイストケーブルを採用しており、ミドルクラスとしてはクリアな音を再現しており、非常に心地よい音楽を楽しめる一品です。

・高域☆☆★★★

 高音は確かにクリアですが、得意分野では無いと感じました。  ボーカルメインの楽曲は確かに声を際立てて聞かせてくれますが、高音域と低音域のメリハリが弱く  低音域が特に優れている為、高音がぼやける印象を受けます。

・中域☆☆☆☆★

 本商品ONKYO E200BTは低音域と合わせて得意な分野であると感じました。  もともとクリアーな音域再現をポイントとして開発されており、中域の再現は他のイヤホンでは音の再現がぼやけ  てしまう所を上手く、丁寧に再現してくれます。抑揚の少ない楽曲でも心地良く聞かせてくれます。

・低域☆☆☆☆☆

 低域の表現はクリアな重低音を感じる事が出来ます。  そこはやはり一流メーカーの実力を感じる事が出来るポイントです。  E200BTの得意音域であると感じる事ができる音域ですが、注意点としては『密閉型』ではなくセミオープン型  である為、ある程度の音量で低音を楽しみたい場合、公共の場は避けるべきだと感じます。

・音の透明感☆☆☆☆★

価格帯からすればトップクラスの実力を発揮してくれます。(※但し聴く環境に依存します)  騒音が少ないボリュームを絞る必要の無い環境で、澄んだ音の再現を体感出来ます。  非常に良い商品である点を感じられます。

【E200BTのコストパフォーマンス】☆☆☆★★

ONKYO E200BTはミドルクラスの価格帯ですが、ハイスペックな音質を求めなければ十分なコストパフォーマンスを発揮している商品です。1万円以下でこの装備と音質は十分すぎるクオリティです。 『サイズ感・バッテリー容量・ツイストケーブル・質感』価格以上の品質はさすがのONKYOです。  

【E200BTのデザイン】☆☆★★★

シルバーに赤色のリングアクセント、メーカー名のONKYOを全面に押し出した商品は、意見が大きく分かれる所ですが、ミドルクラスよりも高級品に見えるシルバーの使い方は、個人的にはお気に入りポイントです。 マイナスポイントは操作用のリモコン部分の作りがチープである点です。脆いプラスティックを感じられてしまう部分はわずかですがマイナスポイントです。

ONKYO E200BT Aoi1211fumiaki02

・装着感 ☆★★★★

本商品ONKYO E200BTのマイナスポイントである1つで『取れやすい』点が挙げられます イヤーピースが柔らかい為、装着感は良好ですが少し走ったりや動いたりすると安定感がありません。 イヤーピースと自身の耳の形状が合わない部分もあるかと思いますが、もう少しイヤーピースが固い方が 良かったかも知れません。(短時間の装着感や動かない時は非常に良好です)

【オリジナリティ】☆☆★★★

bluetoothイヤホンは多いですが、ワイヤレスイヤホンのバッテリー容量や形状からするとかなりのオリジナリティを持っている商品です。特にイヤホンでありながらもしっかりと『ONKYO』のメーカーロゴを多数に配置している点も所有欲を満たしてくれます。

【E200BTの機能性・操作性】☆☆★★★

☆は2つであまり優秀な点といまいちな点が混在します。

良い点

・bluetoothの接続にストレスフリーな点
・イヤホンケーブルの質感(ツイストケーブルのクオリティは素晴らしいです)

悪い点

・リモコンの操作感が悪い(ボリュームの大小でカチカチ音がチープ)
・キャリングケースが無い(出来れば専用ケースが欲しい一品)
・イヤーピースが柔らかすぎる。(音漏れが大きい)

・遮音性について★★★★★

遮音性は期待出来ません。一部の販売サイトには『密閉型』とありますが、音は漏れます。 利用シーンは良く確認してから音量を上げた方が無難です。

【E200BTの総合評価】☆☆☆☆★

ONKYO E200BT Aoi1211fumiaki03

10,000円以下のbluetoothイヤホンである程度の音質を求めている方にお勧めの一品です。 ONKYO E200BTの一番の特徴は『クリアな音質』であり、それを再現する為に細かく設計をされた、価格帯はミドルクラスで品質は上位クラスのハイパフォーマンス商品であると感じます。

『装着感は改善が必要』ですがイヤホンとしての能力は申し分無く、購入して安心出来る損の無い商品だと考えます。 ツイストケーブルの利便性はもっと評価をされて良い、高評価素材、ポイントだと感じます。


そのほかのイヤホンカテゴリのアイテム

ambie (アンビー)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:
Beats X (BeatsX)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:
ATH-CKS550 audio-technica(オーディオテクニカ)

音質:
コスパ:
デザイン:
総合評価:

ATH-CKS550 audio-technica(オーディオテクニカ)のレビュー記事


価格 : 1922円
3つのレビュー記事
16つのレビュー