ホットカーペットの寿命や耐用年数は何年?買い替え時期も徹底解説!

目次

ホットカーペットの寿命について

ホットカーペットも電化製品で消耗品ですが、「寿命ってどの位か」「買い替え時期はいつだろう」とふと考えることはありませんか。ホットカーペットの寿命は取扱説明書の記載や一般的には「5年」と言われています。

耐用年数は「5年」以上超えて使用、数年間あまりで故障したり寿命がきて使用不可になり買い替え時期が「5年」というのは驚かれるかもしれません。

ホットカーペットの寿命「5年」が一般的な目安として覚えておくとよい良いでしょう。

ホットカーペットの寿命や耐用年数は平均何年?

先述でもありましたが、取扱説明書の記述、電器専門店の店員からの話では、ホットカーペットの一般的な寿命は「5年」が多いようです。追随して耐用年数も「5年」とも言われます。

各家庭でも5年以内にホットカーペットを購入した、5年以上の耐用年数は超えて使用しているという方など各家庭で千差万別です。

本当のところ、普通に使えば耐用年数は「10年」は可能かもしれません。しかしこの違いは各家庭で普段使用する「使用方法」「使用時間」「環境」などの要因からから寿命・耐用年数の平均が変わってきます。

ホットカーペットの寿命の症状や目安

症状①電源をいれても暖かくならない

電源をオンにしてもホットカーペットが暖かくならないのはヒューズが切れたり、断線している恐れがあります。机やたんすなどの重量のある家財道具を設置したり、ホットカーペットをきちんと説明書通りの収納方法ができていないなどが要因が考えられます。

症状② ホットカーペットから焦げ臭い変なにおいがする

寿命以上にホットカーペットを長期間使用で急な発熱が発生したり、クッションや人形などその一部分だけが温度が急上昇し発熱したせいで、発火し火事を引き起こす要因があります。

ホットカーペットの寿命が縮む原因

ホットカーペット寿命が「5年」以下で買い替え時期が来たり、ホットカーペットの寿命以上に稼働している方でも一度「ホットカーペットの寿命を縮めてしまう行為」を把握しホットカーペット周辺の点検をしてみてください。

原因① 電源コンセント部分

電源コンセント部分の電線がむき出しになったり、断線したり、タコ足で沢山の電源コンセントをつないだりしていると火事の原因になります。

まずは電源コード部分がむき出しになっていないかチェックし、ホットカーペットは電力量が高いのでタコ足配線せず1コードでつなぐのがお薦めです。

また火事予防としてコンセント周りはほこりやごみなどは取り除きまめな掃除も必要です。

原因② ホットカーペット周辺

ホットカーペットの中には電源を入れると温度を上昇してくれる役目の温度ヒューズがあります。そこに沢山の回路が張り巡っています。そこのヒューズが断線することもあります。

その原因としてはホットカーペットの上に重いものを置いている、カーペットがまっすぐ敷かれておらず曲がっている状態などがあります。

寿命を延ばすためにもまずはホットカーペットの出し入れ時にきちんと点検する必要があります。

ホットカーペットの寿命を長持ちさせる方法

方法① ホットカーペットは丸めない

ホットカーペットの中には多くの電気回路があります。その回路をつぶさないためにも折れ曲がった状態、丸めるなど回路を痛めるような保管方法では寿命を縮める以外に火災の要因を作るきっかけとなります。保管方法は当初購入した箱をとっておき、説明書通りにホットカーペットを折りたたみ収納するのが一番ベストです。

方法② ホットカーペットに重量物は置かない

机や家具など重い家財道具はホットカーペットの回路を痛める原因となります。そのためには何も置かない方が良いですが、机などを置くときは軽量なものがお薦めです。どうしてもおく必要がある場合は台を置くなどして対応すれば重量の問題は回避でき、ホットカーペットの耐久性も高くなります。

方法③電源コードは引っ張らない

当たり前のことかもしれませんが電源コード部分を引っ張り引き抜かないことです。引っ張ることにより断線、むき出しの原因になりかねません。きちんとコード部分から抜き差しすることが大切です。

寿命が来た!ホットカーペットのおすすめの買い替え時期は?

買い替え時期① ホットカーペットのスイッチをいれても全体が温まらない

この場合は断線、コード部分が切れているとカーペット全体に熱が行き渡ることがありません。その場合は修理に出すより新しく購入したほうがお得な場合もあります。

買い替え時期② 5年を目安に購入

ホットカーペットの寿命が「5年」と言われますが、その理由としてはメーカー修理時に備えている部品が「5年」の間となり、それ以前のものは部品がない場合があります。「5年」以降でも寿命・耐久期間問わず使用ができる場合は使い続けることも可能です。

ホットカーペットに寿命がきた時の処分方法は?

寿命が来て使用が出来なくなったホットカーペットをどう処分するか判断するのは難しいです。判断に迷った時の対応方法をご紹介します。

①地元自治体による回収

一番手軽にてっとり早くできる方法です。自治体によって不燃物、粗大ごみと処分の仕方も違ってきます。不明な時は各市町村の役所に問合せが必要です。

②無料廃品回収車による回収

自治体による引き取りが有償の場合があるので無償で処分したい方には廃品回収車での無償回収がお薦めです。

③リサイクルショップやオークションに出品も可能

寿命が来てもまだ使えそうな時にはリサイクルをして誰かに使ってもらうという方法も可能です。但しやや手間暇がかかるかもしれません。

寿命の長いおすすめホットカーペット

① TEKNOS 1畳用カーペット (90×180cm) TWA-1000B

アマゾンで一番売れているベストセラー商品「1畳用ホットカーペット」です。
購入価格も安く、ちょうどごろんと寝転ぶには最適サイズです。一人暮らしの方や、小さな部屋に机を置くくらいで余分なスペースを取りたくない方にはお薦めです。ダニ退治マーク、強弱のスイッチ、スイッチ切り忘れ用にタイマーで6時間後に切れる機能などよく使うものだけを重視し余分な機能がありません。余分な機能をつけず1畳で収納便利で折りたたみもしやすいなどシンプルだからこそ長持ちできます。

TEKNOS 1畳用カーペット (90×180cm) TWA-1000B
画像をクリックするとAmazonに移動します

② LIFEJOY 軽くて丈夫 日本製 電気カーペット 2畳 (176×176cm) JCU201

アマゾンで2番目に売れている商品「耐久性」を重視したホットカーペットです。日本製で日本の電気メーカーに比べると格段に安く、コスパが高い商品です。ダニ退治マーク、強中弱の温度設定とシンプルで誰もが使いやすい機能です。「耐久性」でのこだわりが強い商品で収納時に折りたたんでも電熱線が壊れないよう表面に出にくい配慮がされているので「寿命」も長くもつ設計です。

LIFEJOY 軽くて丈夫 日本製 電気カーペット 2畳 (176×176cm) JCU201
画像をクリックするとAmazonに移動します

③アイリスオーヤマ ホットマット 60×60cm ブラウン HCM-60S-T

1畳で勉強机の下、会社の事務席の下、食卓のテーブル席の下に引くなど一人用で足を暖めて体全体もホカホカになり冷えの解消を抑えてくれます。電気代もお得でお財布にも経済的にもお得な商品で、強弱の調整スイッチのみでこちらも余計な機能がなくホットカーペットの寿命も長くなります。

アイリスオーヤマ ホットマット 60×60cm ブラウン HCM-60S-T

画像をクリックするとAmazonに移動します

まとめ

ホットカーペットの寿命は各家庭での使用環境・使用用途などによって耐用年数も変わってしまいます。まずはホットカーペットの取扱説明書を必ず読みそしてその通りに扱うそして自己判断で使用しないことが寿命を延ばす秘訣となります。

また日本メーカーのホットカーペットは多機能性で値段も高い場合があります。耐用年数、寿命を考えた時にコスパ性が高く、使用環境に合わせたシンプルな機能のホットカーペットが一番長持ちできるものだと言えそうです。

関連記事

他にも気になる家電製品の寿命について解説している記事がいくつもあるので、気になった方はぜひ読んで見てください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/08/03関連記事の更新

この記事を書いた人

Written By
雅 草
セールスコピーライター
クライアント様の商品やサービスを「文字」で魅力的を伝えるセールスコピーを書く仕事をしています。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧