ハイアールの洗濯機の評判を徹底解説!評判が良い洗濯機も紹介!

目次

ハイアールの洗濯機の評判について

ビックカメラなどの、家電量販店に行くと、たくさんのメーカーの色々な洗濯機があり、悩んでしまいます。

洗濯機を購入するという時は、引っ越しなどで他の家電も同時に購入する時や、既存の洗濯機が壊れて急いで買い替える必要がる時で、気持ちにも余裕がありません。

洗濯機売り場でひときわ気になるのが、ハイアールの洗濯機ではないでしょうか。価格設定は低めで、一般的な機能も付いている。実際に使用してみた評判をアマゾンなどのサイトで確認しようとしても、自分と似たような生活スタイルでその洗濯機を使っている人がコメントしているのか判別しにくいものです。

この記事では、ハイアールの洗濯機の特徴や評判、各々の生活スタイルに合ったお勧めの商品をご紹介します。

ハイアールの洗濯機とは?

ハイアール 洗濯機 評判

特徴① 他のメーカーの洗濯機よりも価格設定が安い

ハイアールの洗濯機で一番良い評判は低い価格設定です。家電量販店の洗濯機売り場でハイアール以外の国内メーカーだと、パナソニック、日立、東芝、シャープなどの商品があります。

洗濯容量が7kg以上を基準にすると、ハイアールの洗濯機は国内メーカーよりも価格設定が約2・3万円低めに設定されています。

とりあえず、外のコインランドリーへ行くよりも自室に洗濯機を置いておくが、洗濯物を干すのが面倒で億劫だと思っている人には、ちょうど良いのではないでしょうか。

特徴②価格設定が低いわりに、一定の機能がついている

洗濯機で重要な機能の一つに「時短」があります。これは、洗濯・すすぎ・脱水という一連の流れを、部分的に動作を省くことで洗濯機にかかる時間を省略することです。

洗濯を週1回とか、土日だけなどまとめて行う方にはこの機能をお勧めします。「手抜きすぎる」という悪いイメージもありますが、私が以前勤務していた歯医者では患者さんの使ったエプロンやタオルを洗う時はいつもこの機能を使っていました。

特徴③品質も国内メーカー並みである

洗濯容量や一般的な機能が同じなのに、国内メーカーと比べて設定価格が2万円以上安いなんて、故障しやすいのではないかと心配な方もいます。

私は実際に、ハイアールの洗濯機を購入し、同じものを6年以上使っていますが、まったく故障はしません。周囲にも実際にハイアールの洗濯機を使い続けている人が何人かいますが評判は良いです。

 
 

ハイアールの洗濯機の良い評判は?

ハイアールを実際に使った人たちからの良い評判は次のようになっています。

良い評判① 低価格で国内メーカーと同じくらい故障しにくい

私も実際にハイアール洗濯機を使っているのですが、調子が悪かったり故障したりはしていません。

家電量販店の洗濯機売り場で国内メーカーとの価格の違いに疑いを持つ方もいるかもしれませんが、それほどリスクはありません。ハイアールの洗濯機についての一番よく聞く評判はこちらです。

良い評判② 低価格のわりに「時短」などの機能もついている

低価格だけれども、洗濯機を日々の生活の中で使い続けるには重要な「時短」機能がついています。

良い評判③ キャリアアップ中や婚活中の人に適した洗濯機

終身雇用でなくなっている現代は、仕事が安定しているわけではないので、生活スタイルもルーティン化しにくいのが実情です。

語学やITの資格試験勉強をしておかないと今の職場に事実上いられなくなる可能性もあります。

転職も3回以上は行わないといけないこともあるし、新卒はエンジニア職として入社しても、気づけば営業や経理をやらなければいけないこともあります。

絶対に自分の家族を持ちたいと婚活中の人も、引っ越す可能性などもあるので、最低限の洗濯ができればいいと思っている方に評判が良いです。

良い評判④ 洗濯物が溜まってもあまりプレッシャーを感じなくて良い

仕事や交友関係は順調でも、家事がおろそかになっていると自分を責めてしまう人もいます。

高価格の洗濯機を買ってしまうと溜まった洗濯物を見てもストレスになることもありますが、3万円以内の洗濯機なら、それほど家事へのプレッシャーを感じないということも隠れたハイアールの洗濯機の良い評判です。

ハイアールの洗濯機の悪い評判は?

ハイアールの洗濯機で悪い評判も以下のようにあるようです。

悪い評判① 振動が大きすぎる時も

私も時々、面倒で洗濯物を多めに洗濯機へ入れて、脱水などの振動音が大きすぎて驚いたことがあります。

洗濯物の量と重さを間違えないことがポイントです。ハイアールの洗濯機だけでなく、国内メーカーの洗濯機も洗濯物の量を多めに入れて同様の評判はよく聞くケースです。

悪い評判② 脱水力が足りない

私も何度か感じたことがあります。厚手のものを多めに一度に洗おうとすると起るようです。

この洗濯機を使うからというわけではありませんが、フルタイムで働いている方は靴下やタオルの洗濯物がたまりすぎてストレスに感じる方もいると思います。その筧都作は、靴下は女性ならふくらはぎまでのストッキングへ統一することや、タオルは100均のマイクロファイバーのスポーツタオルサイズにすべて変えることをお勧めします。

悪い評判③ 柔軟剤の投入が難しい

ハイアールの洗濯機で一番の弱点かもしれないのが、柔軟剤の投入が難しいことです。洗濯で柔軟剤を使う理由としては、タオルの肌触りを良くしたいということだけでなく、静電気防止や部屋干し後のにおい対策が挙げられます。

しかし、服にお金をかけてこだわりがある人にはハイアールの洗濯機の評判が悪いわけではありません。

そういうオシャレな人は洗濯機にこだわるのではなく、クリーニングに出すか手洗いするか、服のレンタルサービスを使うかなどで対処しています。

部屋干しでにおいが気になる人は、洗濯槽を洗浄し、部屋干し用の洗剤を購入することにしましょう。

ハイアールの洗濯機は評判通りか

ハイアール 洗濯機 評判

私は学生時代にはかなりズボラで洗濯という行為も嫌いでした。本来は洗濯嫌いで会社員として技術営業の仕事をしていたために、オーソドックスな白シャツを25着以上所、100円ローソンで買った黒いメンズソックスを30足は所有していました。

その後は義務として洗濯を行ううちに好きになり、趣味が高じて医療機関でタオル等を洗濯する仕事を経験しました。
これまでに何種類かの洗濯機を所有して継続的に洗濯をしました。

エンジニア出身の為に家電にもかなりこだわる方で、初めて買ったのはパナソニックの洗濯乾燥機でした。とりあえず洗濯機の中へ入れておけば洗濯から乾燥まで全て終えるという手間は省けたようでしたが、乾燥の際に出る服のホコリが多かった印象でした。

エンジニア職だったので、数百人のエンジニア達と一緒に仕事をしてきましたが、彼らのハイアールの洗濯機の評判は総合的に良い印象があります。仕事では世界的にも一流の技術を持ち収入も高めのエンジニアも価格と機能から判断してハイアールの洗濯機を購入している人は多く、実際に使った評判もかなり良かったです。

会社員の一人暮らしでは、洗濯するほど気力がない時もありますが、高価な洗濯乾燥機を買って負担を減らすよりも、この記事でご紹介した、洗濯する衣類や使用する機能を工夫した方が良いでしょう。

アイロンがけを面倒だと思っている方は、アイロンがけが不要なワイシャツを購入し、しわ取りスプレー(花王スタイルケア等)を準備しておくこともお勧めです。


画像は花王スタイルケア クリックするとAmazonに移動します

  

また下記の記事では、実際にハイアールの『JW-C45A』を使われる方が使用感や購入した理由を徹底レビューしております。合わせてご覧ください。

記事:『ハイアール(Haier)の洗濯機 JW-C45Aを使用者がレビュー!使い方や口コミも紹介!!

評判の良いハイアールの洗濯機をご紹介

① JW-K70M

目安価格は、2.6万円から3.1万円位です。既存の洗濯機が壊れてしまい、急きょ買い替え変えたい方、一人暮らしの方に評判が良いです。洗濯以外の家事もあまり得意ではない方にお勧めです。洗濯の標準コースの目安時間は約40分です。

参考元:価格.コム

画像をクリックするとAmazonに移動します

② JW-C45A

一般的な洗濯機よりも小さめの洗濯容量が4.5kgです。小さすぎると思われる方もいるかもしれませんが、賃貸マンションで洗濯機のスペースが2層式用の場合などはこの洗濯機が良い評判です。
目安価格は、1.7万円から2.3万円位なのに簡易乾燥機能付きです。
洗濯機の機能としては、汚れが少ないときなどに適している「お急ぎコース」を搭載しています。予約タイマー機能もあります。
洗濯物のしわ対策機能としては脱水モードで「しわケア」「弱」などをせんたくできるようになっています。
洗濯槽の黒カビ対策として、素材にステンレスを採用することで黒カビの発生を抑制しています。洗濯槽を洗浄する「槽洗浄」機能も搭載されています。
洗濯の方法にこだわりがあり、ワイシャツとタオルを別々に洗濯したいけれども一回の洗濯の量は少なくなってしまう方にも節約としてお勧めです。

参考元:価格.コム

画像をクリックするとAmazonに移動します

③ JW-C55A

先ほどご紹介したJW-C45Aよりも大きめの洗濯容量が5.5kgです。機能面もJW-C55Aと同様です。

参考元:価格.コム

画像をクリックするとAmazonに移動します

まとめ ハイアールの洗濯機でも質の良い家事は実現可能

この記事ではハイアールの洗濯機をお勧めしました。洗濯機売り場でひときわ低価格で目立つハイアールの洗濯機を購入することは、自分の家事・洗濯への姿勢を手抜きのように思ってしまうこともあります。

洗濯を毎日こなす上で重要なのは、洗濯機の価格や機能ではありません。前途したように、洗濯機の時短機能を使うことや、乾きやすいストッキングやタオル、しわになりにくいワイシャツやしわとりスプレーを常用することが重要なポイントです。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

おすすめの記事

スポンサー

この記事に似ている記事