サーキュレーターとは何?扇風機との違いやエアコンとの併用方法とは

目次

サーキュレーターとは何なのか徹底解説します

最近、家電量販店やショッピングサイトなどでよく見かけるサーキュレーターですが、一体どのような機能があって、何をするための家電かご存知でしょうか。

見た目は扇風機とよく似ているので、扇風機との違いについてわからなくて、どちらを買ったらいいのか迷ったりする方も多いかと思います。

今回の記事では、サーキュレーターとは何なのか、その機能や用途について分かりやすく徹底的に解説したいと思います。

特に、サーキュレーターのおすすめの使い方エアコンの効果的な併用方法について詳しくご紹介します。

サーキュレーターとは何?

サーキュレーターとは、英語で(Circulator)と書き、「循環器」という意味があるように、モーターでパネル(羽)を回転させて風を生み出し、室内の空気を風の力で循環させて、室内の温度を一定に保つことを目的とした家電製品です。

広範囲に風を送る扇風機とは異なり、サーキュレーターは、強い風をまっすぐに遠くまで届けるパワフルな送風が特徴で、室内の空気を動かして循環の役割を果たします。

また、サーキュレーターの設置場所を変えることで、室内の空気をより良く循環させることができるため、コンセントさえあればどこでも設置が可能な、持ち運びに便利なコンパクトサイズの製品が人気です。

部屋の大きさや用途にもよりますが、床上に設置するタイプ、卓上に設置するタイプ、天井に設置するタイプなどがあり、一般的な家庭でよく使われているサーキュレーターとは、床上または卓上タイプといわれています。

また、サーキュレーターには、AC(交流)モーターDC(直流)モーターの2種類があります。

ACモーターのサーキュレーターとは、構造がシンプルなゆえに機能が限定的であるため、価格は安いけれども、稼働音が大きくて搭載機能が少ない点が挙げられます。

DCモーターのサーキュレータとは、モーターの回転制御を細かくコントロールできるため、ACモーターの機種よりもやや価格は高めですが、風量の強弱の選択ができ、電気代が安く済み(省エネ)、静音なのが特徴です。

最近は、自動首振り機能、タイマー機能、リモコン機能などを搭載した高性能で高機能の機種も続々と登場しています。

サーキュレーターの必要性とは?

サーキュレターとは何

人間にとって、上半身が涼しくて下半身が温かい“頭寒足熱”が健康と言われています。

しかしながら、空気の性質上、暖かい空気は上に溜まりやすく、冷たい空気は下に溜まりやすいため、天井と床との間に温度差が生じて“頭熱足寒”の状態となり、頭ののぼせや足元の冷えなどの不快感の原因になります。

また、冷暖房の効率もあまりよくありません。

サーキュレーターの必要性とは、室内の空気を強制的に循環させて、快適な温度を一定に保つことにあります。

暑い時期、エアコンの冷たい空気は下に溜まりやすいので、サーキュレーターの風を下向きにして使用します。

冷たい空気は上に向けて押し出され、室内の空気が撹拌されるので、室温が一定になり、エアコンの効き過ぎを防ぎます。

寒い時期、暖かい空気は上に溜まりやすいので、サーキュレーターの風を天井に向けて使用します。

暖かい空気が押し出され、下に流れるようになり、室内温度が一定になります。
このようにサーキュレーターを使用することで、部屋の温度が快適になり、エアコンは温度調節をする必要が無くなるため、節電効果が期待できます

サーキュレーターが役立つ場面とは?

① 洗濯物の部屋干し

梅雨の時期や雨天の時、洗濯物を部屋干しする機会が増えてしまいますよね。

サーキュレーターが大活躍するのは、洗濯物の部屋干しの時です。

サーキュレーターの風とは、まっすぐに強い風をスポット的に送り出すことができるため、洗濯物に直接風を当てることで洗濯物をスピーディーに乾かすことができます。

② 部屋の循環

サーキュレーターによる循環とは、天井の暖かい空気と床の冷たい空気の温度差を解消することです。

天井に風を送って、部屋の空気を循環させることで、部屋の温度のムラを少なくします。

マンションやアパートなどの集合住宅で、窓のない二間続きの部屋での空気の循環にも最適です。

③ 部屋の換気

暖房や冷房を行なわない季節は、窓を開けて換気をこまめに行わないと、部屋の空気は動かずに溜まってしまいます。

特に、梅雨の時期や雨の日は窓を開けて換気を行わないので、湿気を含んだ空気が室内に停滞しやすく、カビの発生の原因となります。

サーキュレーターによる換気とは、屋外の空気を取り込んだり、屋内の空気を排出することです。

サーキュレーターを部屋の角に設置し、角から角に向かって風を送ることで、効率良く部屋内の空気を撹拌し、換気することができます。

仕事で外出が多い人や、防犯上、窓を開けるのが難しい場合はサーキュレーターを活用しましょう。

また、①の洗濯物の部屋干しで湿った空気を入れ替える際の換気に利用するのもおすすめです。

サーキュレターとは何

サーキュレーターとは扇風機とどう違う?

違い① 送風の目的と風の強さ

扇風機の目的とは、人に風を当てて、体感温度を下げて涼しさを感じさせることにあります。

あまり強い風を直接人に当て続けないように、広範囲で柔らかい風を近い距離で送るように設計されています。

柔らかく弱い風を送り続けることができるため、就寝中にはぴったりの冷房器具といえるでしょう。

サーキュレーターの目的とは、室内の空気を撹拌し、循環させることにあります。

そのため、パワフルな風量で直線的に遠くまで風を送るように設計されています。

扇風機よりも風量が強く、風量の調節が難しいため、人に当てる風としては負担が大きくて就寝中には不向きといえるでしょう。

違い② 騒音と振動

扇風機もサーキュレーターも、モーターを回転させて羽(パネル)を動かして風を生み出します。

①で説明したように、扇風機が柔らかい風を送ることができるのはモーターの回転を繊細に調整できる点にあるため、静音や振動を抑えることを重視した製品が多く発売されています。

サーキュレーターとは、強い風を送ることが目的のため、扇風機よりも稼働音および騒音が大きいのが欠点です。

違い③ 機能

扇風機は、どの機種にも左右の首振り機能が通常装備されており、風量が変化するリズム運転、微風運転、チャイルドロック機能、タイマー機能、脱臭機能、表示部分の減灯機能、温度センサー搭載など、人の暮らしとニーズに沿った多機能な製品が発売されています。

サーキュレーターは、高性能な機種ではタイマー機能、首振り機能、3段階の風量調節などの機能を搭載していますが、扇風機に比べると機能が少なくて劣るのが現状です。

サーキュレーターとはエアコンの「サーキュレーター」とどう違う?

サーキュレターとは何

エアコンの吹き出し口には、フラップと呼ばれる上下風向調節羽根がついています。

エアコンの「サーキュレーター」とは、送風モードの延長機能のことで、このフラップを下向きにします。

高い位置に取り付けられることが多いエアコンは、この「サーキュレーター」を利用することで、天井付近に溜まりやすい暖かい空気を下に吹き降ろして、天井の無駄な熱を再利用することで、部屋の温度差のムラを減少させます。

このように、暖房の効率を上げることができるのです。

一般的なサーキュレーターとは、冷房時や暖房時に限らず年間を通して利用できる家電製品であるのに対し、エアコンの「サーキュレーター」は、寒冷期の暖房時といった限定的な利用になるところが異なる点です。

サーキュレーターとエアコンの効果的な併用方法とは?

併用方法① 冷房を使用する時

夏の暑い時期は、エアコンの稼働率が高くなり、消費電力も大きくなるので節電対策を考えたいですよね。

冷房をかける前の部屋は熱がこもって室内温度が高い状態です。

窓を開けて換気をしても、外気温も高いため室内の温度が下がることはありません。

室内温度が高い状態のままでエアコンを運転しても、設定温度になるまでに時間がかかり、消費電力が高くついてしまいます。

おすすめの併用方法とは、冷房を運転する前にサーキュレーターを屋外に向けて設置して運転することです。
暖かい空気を外に追い出して、部屋の熱抜きを行ってからエアコンを使用しましょう。

サーキュレーターは、エアコンを背にして設置し、下向きにして運転するのがポイント。

こうすることで、下に溜まった冷たい空気を循環させると気流ができ、清涼感が一段とアップします。

さらに、部屋全体が冷えるのも早くなりますから省エネにも繋がります

併用方法② 暖房を使用する時

暖房使用時は、暖かい空気は上に溜まるので、サーキュレーターは上向きにして運転するのがポイントです。

部屋の角またはエアコン本体に向けて風を送り、上に溜まった暖かい空気を循環させて足元へ送りましょう。

冬でも足元が暖かくなり、暖房の効率が飛躍的にアップします。

こうすることで、部屋全体が暖かくなりますから省エネにも繋がります

このように、サーキュレーターとは、より効果的な冷暖房効果を発揮するために活躍する家電製品です。

サーキュレターとは何

サーキュレターとは何

まとめ サーキュレーターとは、扇風機と違って1年中使えて、エアコンとの併用で節電効果を発揮する家電です

いかがでしたでしょうか。

サーキュレーターとは、空気の循環や換気を行い、冷暖房の効率を高めて、部屋干しの洗濯物をスピーディーに乾かすなど、年間を通してオフシーズンのない、1台で何役もの優れた機能を備えたマルチな家電製品です。

持ち運びに便利なコンパクトサイズ、デザイン性の高い機種も販売されているので、インテリアに違和感なく馴染み、場所を取らないため、一家に一台の時代が来るかもしれません。

今回の記事が、扇風機との購入を迷われている方の参考になればと思います。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事