食器乾燥機の電気代はどのくらい?電気代の計算方法も解説!

目次

食器乾燥機の電気代について

食器乾燥機は洗った食器を乾かし、毎日の家事の負担を軽減してくれる便利な家電の一つです。

価格も高くても1万円程度と、食器洗い乾燥機よりも安く、手軽に導入できます。

しかし、その一方で乾かすには電気を使うため、電気代がどのくらいかかるのか気になります。

そこで今回は、食器乾燥機を使った場合にかかる電気代を実際に計算してみます。

さらに、食器乾燥機を節電して使う方法や、本体以外にかかるコストについても紹介します。

食器乾燥機の購入検討の参考になれば、幸いです。

食器乾燥機とは?

食器乾燥機とは、その名のとおり、水洗いした食器を乾燥する機械のことです。

乾燥機能付きの洗いカゴ、と言ったところでしょうか。

洗った食器を拭く手間が省け、家事の負担を軽減できます。

ふきんで拭くよりも確実に水分が取れる分、雑菌などの繁殖も防げるため、衛生面でも安心です。

モデルによっては、まな板が収納できるものもあり、まな板を漂白して除菌する手間ひまが省けます。

価格帯としては、概ね5,000~1万円程度です。
このうち売れ筋は、約7,000~1万円台。

三菱 食器乾燥器 ステンレスグレーMITSUBISHI キッチンドライヤー TK-ST11-H
画像は三菱の食器乾燥器 クリックするとAmazonに移動します
  

  

国内の家電メーカー各社から様々なモデルが出ており、選択肢は比較的豊富です。

メジャーなところでは、象印や三菱電機、パナソニック、東芝があげられます。

ややマイナーなところでは、山善やコイズミから出ており、こちらは価格的にお手頃です。

食器乾燥機と似たような家電に食器洗い乾燥機がありますが、これで節水と節電をするには、まとめ洗いが推奨されています。

しかし、家族の食事時間がバラバラでまとめ洗いが難しい場合には、食器乾燥機の方が向いています。

価格も食器洗い乾燥機よりも安く、導入しやすいです。

食器乾燥機の電気代はどのくらいかかる?

食器乾燥機 電気代

計算方法

まず、食器乾燥機の消費電力に使用時間をかけて、1時間あたりの電気消費量(Wh・ワットアワー)を算出します。

ここでは食器乾燥機の消費電力を270W、使用時間を45分とします。

270W × (45分 ÷ 60分) = 202.5Wh

次に、WhからkWh(キロワットアワー)に換算します。

1Whは1000分の1kWhなので、1000で割ります。

202.5Wh ÷ 1000 = 0.2kWh

最後に、1時間あたりの電気代をかけて電気代を算出します。

ここでは、1時間あたりの電気代を27円とします。

0.2Khw × 27円 = 5.4円

これで、食器乾燥機の1回あたりの電気代が計算できました。

1日/1ヵ月/1年あたりいくら?

前項で算出した電気代を元に、日数ごとの電気代を計算してみます。

まず、1日2回使うと電気代は10.8円

さらにこの条件で1ヵ月(30日)使うと、電気代は324円

1年(365日)使うと、電気代は3,942円となります。

一般家庭の電気代平均値と比較

経済産業省の家計調査によれば、2016年の一般家庭における電気代の平均値は、年間102,710円です。

食器乾燥機の年間の電気代は3,924円で、この平均値の3.8%程度となります。

食器乾燥機の電気代はどうやって減らせる?

食器乾燥機 電気代

方法① 消費電力の低い食器乾燥機を使う

電気代は消費電力が多ければ増えますので、なるべく消費電力が低い方が電気代を節約できます

そういう観点から選ぶのであれば、東芝の「VD-B5S」は消費電力が220Wと、他に比べて低めです。

ただし、あまり消費電力が低すぎると、今度は食器が乾くまでに時間がかかる恐れもあります

仕様参考:東芝公式サイト

方法② お湯で洗う

特に冬場は水温が低く、食器が乾くまでに時間がかかります。

そんな場合でもお湯で洗えば、早く乾くので電気代の節約になります

方法③ 良く水切りする

食器に付いている水分が少なければ、乾きが早く、節電になります。

食器の糸じりなど、水のたまりやすいところは良く水切りしましょう

方法④ 節電コース付きの食器乾燥機を使う

パナソニックや象印の一部の食器乾燥機には、節電機能が付いています。

途中で熱風乾燥から送風乾燥に切り替える「送風モード」が、その代表的なものです。

また、パナソニックのFD-S35T4には、「オート乾燥スイッチ」という機能が付いています。

これを使うと、センサーが室温に合わせて自動的に乾燥時間を調整してくれます。

参考に、パナソニックのFD-S35T4の電気代を計算してみましょう。

●標準運転した場合の電気代

280W×45/60分÷1000 = 0.21kWh

0.21kWh×27 = 5.67円

●送風乾燥した場合の電気代(A:熱風乾燥32分、B:送風乾燥13分)

A: 280W×32/60分÷1000 = 0.14kWh

B: 280W×13/60分÷1000 = 0.00kWh

A+B = 0.14KWh

0.14kWh×27 = 3.78円

標準運転よりも3割弱ぐらいの節電になることがわかります。

仕様参考:パナソニック公式サイト

パナソニック 食器乾燥器 ステンレス FD-S35T4-X
画像はパナソニックの食器乾燥機 クリックするとAmazonに移動します

食器乾燥機の電気代以外のコストは?

食器乾燥機 電気代

本体

食器乾燥機の電気代以外のコストについても、見ていきましょう。

まず、本体ですが、これは1万円~6,000円程度です。

高いモデルと安いモデルの最大の差は、何といっても「節電モード」の有無でしょう。

これが付いていれば、消費電力量が通常の2~3割減になります。

後は部品関連の差です。

高いモデルは洗える部品のほとんどが、ステンレス製になっています。

逆に安いモデルになると、樹脂製の部品が多くなります。

高いモデルでは、包丁入れなどのオプションの数が増えます。

その他、消臭や抗菌といった効果が付いてきたりします。

本体以外

メーカーによっては、本体以外に別途購入する必要があるものがあります。

例えば、排水用のホース。

パナソニックのFD-S35T4の排水ホースは、別売りです。

価格は1,000円(税抜)程度です。

吸気用フィルタのように、消耗したら交換する必要がある部品もあります。

参考までに、三菱電機のTK-ST11のフィルタは200円(税抜)です。

モデルごとに詳細は異なりますので、購入前にこのような部品の有無を確認した方が良いでしょう

お手入れは、水で洗うか拭くかのどちらかです。

汚れが落ちにくい場合にクエン酸を使うぐらいで、別途必要な道具はありません。

まとめ

食器乾燥機で電気代を節電したい場合、節電モードが付いている1万円クラスのものを選ぶのが確実でしょう。

通常運転と比べて、電気代が2~3割少なくなるのは、やはり大きなアドバンテージです

消費電力が低い食器乾燥機を選ぶことでも節電は可能ですが、あまり低いとパワー不足でなかなか食器が乾かないことも考えられます。

ともあれ、年間4,000円程度の電気代で、食器を拭く時間が省けます。

これが得なのか、損なのか、どう見るのかは、あなた次第です。

  

また、下記の記事では"衣類乾燥機"の電気代について徹底解説しております。他の家電の電気代がきになる方、ぜひ、合わせてご覧ください!

記事:『衣類乾燥機の電気代は安い?除湿機などと徹底比較!1回でいくら?

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 702855db bfdd 457f 95ec 31eabf8435fd
Written By
八色 さかえ
選んでいる時が一番楽しいかも。
家電選びの一助になればうれしいです。 よろしくお願いします。

この記事に似ている記事