オシャレさん必須アイテムBALMUDA The Pot

目次

BALMUDA The Pot の特徴

有名ブランドのBALMUDAThePot(バルミューダザ・ポット)の電気ケトルになります。まずBALMUDAとは低消費電力のDCモーター搭載の扇風機の市場開拓者で他にも空気清浄機や加湿器や有名なトースターで飛躍的に有名になったブランドです。

このBALMUDAThePot(バルミューダザ・ポット)はそんなBALMUDAブランドが出す600ml、1200Wでステンレス製の電気ケトルになります。BALMUDAブランドに代表される洗練されたデザインと実用性が特徴です。

BALMUDA The Pot を購入した理由

BALMUDAThePot(バルミューダザ・ポット)を買う決意をしたのは、朝のコーヒーを飲んでる時でした。

もともとコーヒーが好きで本格的なハンドドリップのコーヒーを自分で入れたいと考えていました。このハンドドリップに最適な細いノズルをもつBALMUDAThePot(バルミューダザ・ポット)なら本格的なハンドドリップのコーヒーを入れられると思い購入しました。

しかも、注ぎ口から液垂れしない設計になっているのも購入の大きな理由です。

BALMUDA The Potのメリットは?

The pot

BALMUDA The Pot(バルミューダ ザ・ポット)最大のメリットはインテリアとしてのデザイン性です。

購入したのはホワイトでしたが、色違いのブラックと共に落ち着いたマットな色合いで高級感があります。

そして、注ぎ口の洗練されたデザインは、電気ケトルとは思えないような素敵なデザインです。しかも、狭いキッチンにも邪魔にならないサイズ感で見ていて本当に飽きないです。

そして、このBALMUDA The Pot(バルミューダ ザ・ポット)はオシャレなだけでなく本体の軽さと液垂れ対応設計など実用性にも溢れています。

BALMUDA The Potのデメリットは?

BALMUDAThePot(バルミューダザ・ポット)最大のデメリットは、やはり値段でしょうか、通常の電気ケトルは、3~4千円で買えますが、このBALMUDAThePot(バルミューダザ・ポット)は1万円以上とかなり高額です。

そして、一度に使える容量が600mlというのも少ないと感じる方がいるかもしれません。なので、確かにオシャレで実用的ではあるのですが、コスパといった部分では評価が分かれるかもしれませんね。

画像をクリックするとAmazonに移動します

まとめ BALMUDA The Potの性能とデザインは良い

最後に個人的な意見にはなりますが、メリットとデメリットを比較した上でもBALMUDAThePot(バルミューダザ・ポット)は高評化に値する電気ケトルだと思います。

デザインに対しての好みがありますのでデザインが、合わないという方にはあまりお勧めできませんが、それでもBALMUDAThePot(バルミューダザ・ポット)の性能とデザインは他には無いモノですし十分に満足に値するものだと私は考えています。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧