ウォシュレットのビデとはどんな意味?使い方や"おしり"との差も解説

目次

ウォシュレットのビデとは何?意味や使い方について解説します

皆さんはウォシュレットの『ビデ』を使用したことはありますか?

女性向けなのはわかるけどどんなの?と思いますよね。

使用している人なら分かると思うのですが、説明できる?、と言われたら難しいですよね。

説明できる?、と言われることはないのですが、ウォシュレットのビデを使った事が無い人も使っている人も、意味や正しい使い方をちゃんと知ることで、今後の使い方を改める事ができます。

今回は、ウォシュレットの意味や安全な使い方、『おしり』との違い、を紹介したいと思います。

ウォシュレットのビデとは?意味はあるの?

ウォシュレット ビデ

ビデとは?

ビデとは、17世紀にフランスの家具屋によって作られ始めたと考えられている。足を含めた下半身や、モップなどを洗浄するための器具である。南欧、特にイタリア、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、マルタ、クロアチア、キプロス、アルバニアの一般家庭のバスルームにはシャワー、便器と並んで必ず設置してあり、日常生活において必須の設備といわれている。

引用元:Wikipedia

ビデの歴史は古く、17世紀からイタリアで普及が始まって色んな国で使用されています。

また、現在では当たり前のように目にしますが、日本では温水洗浄便座が普及された1980年代以降にビデが広まりました。

思っていた以上に昔からビデがあったんですね。知りませんでした。

月経時の不快感の低減

『ビデ』とはデリケートゾーンを洗浄するためのもので、トイレ後や性行為後の洗浄に使用します。

女性なら月経があるもので、月経時は経血が気になって仕方がありません。

特に外出時は生理用品を変えることはできても洗うことはできませんよね。

またトイレットペーパーで拭いただけでは経血は綺麗に落ちることはありませんし、月経時にはにおいも伴って肌も敏感になってかぶれやすくなっているので厄介なものです

そういった時にビデを使用する事により、月経時の不快感やにおいを和らげることができますし、トイレットペーパーで拭くよりもデリケートゾーンを清潔にすることができ、摩擦による負担も減らす事ができます。

また、人それぞれですが月経時には生理痛があり、月経が長引いてしまうと月経時の辛さも長引くことになります。

ビデを使用する事によりデリケートゾーンに付着している経血を洗い流してくれるので、経血をスムーズに排出してくれる効果もあるため、辛い月経痛対策に適しています。

デリケートゾーンのトラブルのほとんどが雑菌が原因ですので、ビデを試してみたい・月経時の不快感を和らげたい、という人は一度使用してみてはいかがでしょうか?

参考元:【医師監修】ウォシュレットのビデと使い方と効果 | スキンケア大学

産前・産後の清潔を維持

月経時でも経血が、月経後にはおりものがありますが、産前・産後も細菌が侵入するのを防ぐためにおりものの量が増えて不快感を感じます。

細菌などの感染を防ぐためにはデリケートゾーンを清潔に保つことが大切となります。

ですが、自宅ではシャワーを浴びることは出来ても外出先では出来ませんよね?

ですがビデを使用することによりデリケートゾーンを清潔に保つことができ、おりものの不快感を軽減することができます。

最近ではお店や駅などのトイレにはほとんどウォシュレットが付いていますので外出時にも使用することができるとても身近な存在となっています。

ですので、自宅でもですが外出先で不快感があった場合にビデを使用すると良いですよ。

参考元:【医師監修】ウォシュレットのビデと使い方と効果 | スキンケア大学

ウォシュレットのビデの安全な使い方

ウォシュレット ビデ

清潔にする

ビデを使用する前には、ノズルを清潔にする必要があります。

最近のノズルは抗菌効果がありますが、信用はできませんよね。

ましてや外出時だとお店や駅のトイレを不特定多数の人が使用するわけですからなおさら。

また、ビデの水圧によりデリケートゾーンに付着している雑菌が膣内に入ってしまうこともあるので、きちんと清潔に保つ事が大事です。

ですので、使用する前にはノズルを拭くか、使いたくない場合はウェットティッシュでおしりを優しく拭くようにしましょう。

※ただし使い過ぎは禁物ですので、月経時やおりものの不快感があった場合に使用するようにしましょう。

参考元:【医師監修】ウォシュレットのビデの使い方と効果|スキンケア大学

使用時間は長くても10秒

ビデをデリケートゾーンの真ん中に当てることにより周囲の雑菌が体内に入ってしまい、病気のリスクが高くなってしまいます。

ですので、ビデを使用する時はデリケートゾーンの周辺を優しい水圧で洗い流すようにしましょう

決して刺激を与え過ぎるのはやめましょう。

また、ビデを使用している人で使用時間が10秒以上、長くて1分も使用している人がいますが、長時間ビデを使用していると膀胱炎や細菌性膣炎、尿路感染症などの病気のリスクが高くなりますので、使用時間は長くても10秒にしましょう。

中には、ビデなどで刺激を与えてからトイレをする人がいますが、続けていると刺激がないとトイレができなくなるのですぐにやめましょう!

参考元:温水洗浄便座(ウォシュレット)のビデの使いすぎはダメ!

ウォシュレットの「ビデ」と「おしり」の違いは?

ここまで『ビデ』について紹介しましたが、もう一つ気になるのが『おしり』ですよね。

ビデとは女性がデリケートゾーンの洗浄に使用する機能ですが、おしりとは名前の通りおしりを洗うための機能です。

ビデは主に女性用ですが、おしりは誰でも使用できるものです。

ただ、おしりはビデよりも水圧が強いので使用しすぎるとお尻を痛めてしまう可能性がありますので使用頻度には気をつけてください。

男性の中でも、おしりではなくビデを使用している人もいるようです。

おしりは水圧が強いですが、ビデは水圧が優しく、例えるなら
お風呂に入ったらシャワーを必ず使いますよね?シャワーを勢いよく出した感じがおしり、シャワーを少し緩めた感じがビデ、といった感じでしょうか?

水圧が強いのが嫌な人も居ますので、男性でもビデを使用する人がいるのでしょうね。

参考元:【あなたはわかる?】「ビデ」と「おしり」機能、4つのちがいとは

まとめ

以上でウォシュレットのビデとは何か?正しい使い方と『おしり』との違いを書いていきましたが、ビデを使用することによりデリケートゾーンの清潔を保ち、経血やおりものの不快感を減らしてくれるということが分かりました。

また、正しく使わないと病気のリスクが高くなってしまうという事がありますので正しい使い方をしましょう。

ビデとおしりも、おしりは名前の通り水圧が違う・洗浄する位置が違う・男女使用となっています。

人によっては敬遠しがちなビデですが、デリケートゾーンを清潔に保つのにはとても良い機能ですので、気になっている人は一度試してみてはいかがでしょうか?

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧