イヤホンジャックの掃除方法!iPhoneやスマホで掃除方法は違う?

目次

イヤホンジャックの掃除について解説します

iPhoneやスマ―トフォンが発売されてから初めて携帯を持った人やガラケーからiPhone・スマートフォンに乗り換えをした人が多く居るのではないでしょうか?

ガラケーはイヤホンジャックなるものがなく、イヤホンを使用する場合は『イヤホン変換アダプタ』が必要となり、充電口と音楽再生などイヤホンを挿しこむ場所にもカバーがついているのでホコリなどが溜まる事もありませんでした。

ですが近年、ガラケーを使用している人が少なくなり見かける事も無くなり、今ではiPhoneやスマートフォンの利用者が増えていて、イヤホンジャックがあるスマホも多いです。
またこのイヤホンジャックはLightningコネクタやACアダプタを接続する部分もカバーが無いためむき出し状態
と言えます。

ただでさえホコリ入りやすく、また取り除きにくいということもあり、そのうえイヤホンの抜き差しによってホコリが奥へ奥へと溜まってしまいます。

イヤホンなどを使用している人も多いのですが、イヤホンジャックの掃除を怠るとiPhoneやスマートフォン本体の不具合にも繋がりかねません。

ですので今回は、イヤホンジャックの掃除は必要なのか、イヤホンジャックの掃除方法や間違った掃除方法、掃除をするタイミングと頻度、iPhoneやスマートフォンではイヤホンジャックの掃除方法が違うのか、イヤホンジャックにホコリなどが溜まらないようにできるグッズなど、イヤホンジャックの掃除にまつわることを紹介します。

イヤホンジャックの掃除は必要?

イヤホンジャック 掃除

掃除の必要性 接触不良や音質低下の原因に

イヤホンジャックの掃除をせずにホコリなどが溜まるとイヤホンとイヤホンジャックの電気信号を妨げイヤホンを回すと音がする・音が小さい・イヤホンから音が出ない・ノイズが入る・音質が悪くなった・違和感があるなどの不具合が起こります。

また、イヤホンジャックなどにホコリが溜まると、隙間からiPhoneやスマートフォンなどの本体内部にホコリが入り込み電源関係やイヤホンなどを挿しこんでも認識してくれないということもあります。

イヤホンジャックのみならず充電口も同様にホコリが溜まると充電できないという不具合も起こります。

また、iPhone7/7s以降からイヤホンジャックが無くなり、充電する際に使用するLightning端子に接続し音楽などを聴く場合にはLightning接続できるイヤホンやBluetoothイヤホンを使用しなければいけません。

その点、イヤホンジャックの掃除をする必要はないのですが、Lightning端子の掃除をする必要があります。

ですので、イヤホンをちゃんと挿したのに音が鳴らない・音が小さい・ノイズが酷い・音が悪くなった・イヤホンやLightningコネクタを挿したのに認識されないと感じた場合には、まずイヤホンジャックの掃除をしてみて下さいね。

イヤホンジャックの掃除方法

イヤホンジャック 掃除

イヤホンジャックの掃除方法① 綿棒や爪楊枝

綿棒や爪楊枝は家に必ずあるという人が多いのではないでしょうか?

綿棒の場合は、耳掃除に使用する人・メイク時に使用する人・細かくて小さい場所を掃除する時などに使用する事が多く、爪楊枝は食後に使用する人・小さいリセットボタンなどを押す時など人によっては様々な使用方法があります。

そんな綿棒と爪楊枝ですが、イヤホンジャックの掃除に便利で綿棒であれば傷を付けてしまう心配もなく、汚れであれば綺麗に取る事ができます。

爪楊枝は先が尖っているので掃除の際に傷をつけてしまうのでは?と思われがちですが、ホコリを取り除くのに適しています。

先が尖っている分ホコリが絡みやすく綿棒よりも細いため、イヤホンジャックの中に入れてもある程度動かす事ができるのでイヤホンジャックの掃除をする際に一番適していると言えます。

綿棒と爪楊枝ともに100均にも売られているため安く買う事ができ、スーパーやホームセンター・コンビニなど色んな場所にも売られているため手に入りやすいのでおススメです。

イヤホンジャックの掃除方法② エアダスター

簡単に誰でもでき、イヤホンジャックなどを傷つける心配もないのがエアダスターです。

空気を噴射することによりホコリを吹き飛ばすエアダスターはパソコンのキーボードに用いることの多い製品で、クリーニング用品売り場に置かれています。

ただ、ホコリを吹き飛ばし取り除くことができるのですが、完全に取り除くことは難しいためエアダスターを使用するのは綿棒や爪楊枝で奥に溜まったほこりなどを取り除いてから使用すると綺麗にホコリを取る事ができます。

歯間ブラシ

調べてみるとプロが使用している方法として一番多く出てきたのが歯間ブラシでした。

歯を綺麗にするために使用する歯間ブラシは使用している人が多いのではないでしょうか?

歯間ブラシはご存じのとおり、小さくて細くたくさんの突起があり汚れを付着させ取り除くための商品で、イヤホンジャックなどの掃除にも適しています。

また、歯に使用するために柔らかく作られているのでイヤホンジャックに使用しても傷が付きにくくホコリなどを掻き出しやすい形状とも言えます。

イヤホンジャックの間違った掃除方法

イヤホンジャック 掃除

ボンド

イヤホンジャックの掃除で話題になっているのがボンドですが、おススメできません。

むしろボンドは使用しないでください。

実際にボンドを使ってイヤホンジャックの掃除をした人の口コミなどを見てみると綺麗に取れた・音質が良くなった・接触が良くなったといった口コミが多くありました。

ですが、中にはボンドが取れなくなった・壊れたといった事もありました。

上手くいけば綺麗に出来る事は確かで、ボンドをイヤホンジャックに流し込み固まる前に爪楊枝などボンドを引っこ抜く棒を差し、固まったら引っこ抜くという簡単な作業で試す人が多いのですが、ボンドをイヤホンジャックに流し込む時に隙間からiPhoneやスマートフォン本体内部に流れ込んでしまいます。

本体内部に流れ込むことで接触不良やiPhoneやスマートフォン本体の寿命など不具合が起こる可能性があります。

ですので、いくら綺麗に取れると言っても最悪の場合は故障に繋がるので絶対にボンドでイヤホンジャックの掃除をしないでくださいね。

アルコール(エタノール)

ボンドと同じようにイヤホンジャックの掃除に使用してはダメな方法としてアルコール(エタノー)が挙げられます。

アルコールはエタノールとも言い、言い換えているだけで同じものです。使用目的によっては濃度や成分量が異なります。

アルコールは水が入っているためiPhoneやスマートフォンなどの電子機器などに使用してはいけません。

ですので、せっかく綺麗に掃除をするんだからとアルコールを使用してしまうとiPhoneやスマートフォン本体内部に侵入してしまう可能性があるため不具合が起こったり、故障してしまう事があります。

イヤホンジャックの掃除をするタイミングは?頻度は?

イヤホンジャック 掃除

埃が溜まったらが目安

だいたい期間としては大体1ヶ月に1回を目安に掃除をするといいでしょう。

1ヶ月に2回、3回と掃除頻度が高いとホコリが溜まっていない事が多く、頻度が多すぎても傷つきやすくなっていまいます。

2ヶ月に1回や半年に1回でも問題はありませんが、ホコリが溜まり過ぎてしまうと接触不良などを起こしてしまう可能性もあるため1ヶ月に1回を目安にイヤホンジャックを掃除するといいでしょう。

ただこれらの期間に関してはあくまでも目安です。
埃や汚れが溜まっていないのであれば掃除する必要はありませんし、また野球グラウンドなどで土や埃が舞うような所に行く人は頻繁にイヤホンジャックの掃除をした方が良いでしょう。
なので実際にイヤホンジャックなどを確認してみてホコリが溜まっているかを確認してから掃除をするかどうか決めて下さいね。

iPhoneやAndroidスマホなどの違いによってイヤホンジャックの掃除方法は違う?

iPhoneとスマートフォンとではイヤホンジャックの掃除方法は違う?と思う人も居ると思いますが、イヤホンジャックの掃除方法は一緒です。

ホコリが溜まる事もiPhoneやスマートフォンともに本体内部にホコリが入り込んでしまう事も全て同じです。

スマートフォンでは防水が多いのですが、iPhoneの場合は防水と言われていますが実際には耐水性能なので防水とは言い難いですよね。

とはいえ、防水だとしても電子機器のため水を使用する事は避けた方が良いでしょう。

またイヤホンジャックは直接イヤホンのプラグを差し込む箇所でもあります。
水がついたままイヤホンをつけてしまうとイヤホンの故障などにもつながりかねませんので、iPhoneとスマートフォンの両方ともイヤホンジャックの掃除をする際は液体を使用するのは避けて掃除をするようにしましょう。

イヤホンジャックの掃除が省ける!イヤホンジャックを守るグッズの紹介

イヤホンジャック 【 二重丸カン付 クリア 5個 】 透明 キャップパーツ ニコイル 二重カン スマホ用 アクセサリーパーツ

イヤホンジャック 【 二重丸カン付 クリア 5個 】 透明 キャップパーツ ニコイル 二重カン スマホ用 アクセサリーパーツ パウダートレーディング
画像をクリックするとAmazonに移動します

透明なイヤホンジャックカバーなので目立つのは嫌だ・シンプルな物がいい・簡単に着脱できるもので失くさないような物がいいという人におススメです。

また、イヤホンジャックカバーに金具がついているので自分の好きなキーホルダーなどを着けたりできます。

シンプルなので男女問わず使用でき、Bluetoothイヤホンを使用している人であれば着けっぱなしでいいのおススメです。

5 in1 イヤホンジャック アルミ アクセサリーセット アルミ合金 iPhone 7 6 6S Plus

5 in1 イヤホンジャック アルミ アクセサリーセット アルミ合金 iPhone 7 6 6S Plus (ローズキン)
画像をクリックするとAmazonに移動します

イヤホンジャックカバーとLightning端子カバーのセットでiPhone専用となっています。

またイヤホンジャックカバーとLightning端子カバーを使用しない時に失くさないようにイヤホンコードに取り付け可能なホルダーも付いているので失くしてしまう不安もありません。

こちらも男女問わず使用する事ができるカラーでワンポイントにカッコよさや可愛さを添える事ができるのでおススメです。

イヤホンジャックの掃除についてこの記事で解説できなかったこと

イヤホンジャックの掃除についていろいろと紹介しましたが、紹介した方法以外にも掃除方法があるため自分にとって使いやすい方法を試してくださいね。

イヤホンジャックの掃除方法として仕上げに接点復活剤という物があり、イヤホンプラグやイヤホンジャックの傷や汚れなどを綺麗にしつつ長く製品を使えるようにできる商品ですので仕上げとして使用してもいいでしょう。

また、間違った掃除方法としてボンドとアルコール(エタノール)を挙げましたが、他にも間違った方法がある場合もあるため気になった掃除方法がある場合は必ず調べてから試してください。

まとめ

以上、ヤホンジャックの掃除は必要なのか、イヤホンジャックの掃除方法や間違った掃除方法、掃除をするタイミングと頻度、iPhoneやスマートフォンではイヤホンジャックの掃除方法が違うのか、イヤホンジャックにホコリなどが溜まらないようにできるグッズなど書いていきましたが、イヤホンジャックの掃除をする事により接触不良の改善や音質の向上にもなるのでイヤホンジャックの掃除は必要と言えます。

また、イヤホンジャックの掃除の際は綿棒や爪楊枝・エアダスターや歯間ブラシを使用しましょう。

間違った掃除方法としてボンド・アルコール(エタノール)は使用しないでください。

イヤホンジャックの掃除は簡単にでき、掃除をする事により現在起こっている不具合などが直る事もあるのでイヤホンジャックの掃除をしてみて下さいね。

関連リンク

こちらの記事ではそもそもイヤホンジャックとはなんなのか、そしてイヤホンジャックの種類などについて解説しています。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

この記事を書いた人

Small 20e79f82 0430 47e7 9539 2ea40e12659b
Written By
x. Cheyon
皆様の検討・比較に役に立ってもらえる様な記事執筆を心掛けています。
色々な記事を執筆させて頂いています。皆様にとって「知りたかった事!」「知っていてタメになった!」と思ってもらえるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

おすすめの記事

スポンサー

カテゴリ一覧